俳句クラブ『今日の一句』。俳人友達の交流掲示板

感動の一句をどうぞ。の返信

元記事を読む

感動の一句をどうぞ。(元記事)

あなたの感動の一句を教えてください。 有名無名、古典現代、有季無季を問わず、これまでに読んだ俳句の中で、感動した俳句を作者、作品の解説感想等々を添えて教えてください。 よろしくお願いいたします。

感動の一句をどうぞ。の返信

スレ主 一本勝負の悠 : 0 70代以上 男性 投稿日時:

百人一句 3

貌が棲む芒の中の捨て鏡

苑子

中村苑子
なかむら そのこ
俳人。 静岡県伊豆市大仁町に生まれる。日本女子大学中退。1942年三橋鷹女の第一句集『向日葵』を読み俳句に親しむ。1944年より「鶴」「馬酔木」などに投句。1949年「春燈」に入会し久保田万太郎に師事。1958年高柳重信の「俳句評論」創刊に参加し、1983年の高柳の死による終刊まで同誌発行に参与。
死亡: 2001年1月5日
書籍: 中村苑子句集、 私の風景、 白鳥の歌: 中村苑子句集、 高柳重信の世界、 句集吟遊、 俳句礼賛: こころに残る名句
~ウィキペディアより転載。

芒/すすき
三秋
 

薄/一叢薄/糸薄
一本薄/鬼薄/芒原
まそほの薄/真赭の糸
むら薄/鷹の羽薄
はた薄/薄の糸/薄野
乱れ草/袖波草
露曾草/頻浪草/縞薄
 
イネ科の多年草。
月見のおそなえと
して秋の代表的な
植物。秋の七草の
ひとつでもある。
若い穂はしっとり
として油に濡れた
よう。箱根の仙石
原などで銀色の穂
がいっせいになび
くさまは壮観であ
る。

猪追ふや芒を走る夜の声
一茶 「句帖」
行く秋の四五日弱るすすきかな
丈草 「猿蓑」
一雨のしめり渡らぬ薄かな
支考 「西の雲」
山は暮て野は黄昏の薄哉
蕪村 「蕪村句集」
夕闇を静まりかへるすすきかな
暁台 「暁台句集」
この道の富士になり行く芒かな
河東碧梧桐 「碧梧桐句集」
取り留むる命も細き薄かな
夏目漱石 「漱石全集」
薄きるに出かけの月の大きさよ
松瀬青々 「松苗」
生ふるまゝ芒の庭となし置きぬ
松本たかし 「石魂」
~きごさいより転載。

今日の一句

枯きつて愕然とする芒かな

カテゴリー : 俳句の相談、質問 スレッド: 感動の一句をどうぞ。

返信する!
コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

トップページへ ページの先頭へ

「感動の一句をどうぞ。」の返信一覧

他の投稿一覧

近々句紀行を出版します。

投稿者 高橋康樹 回答数 : 2

投稿日時:

近々 三十三(みそみ)の継ぎ道 という俳句紀行を アマゾンPOD honto.jp 三省堂書店 楽天ブックス から出版します... 続きを読む >>

季語を探してください。

投稿者 一本勝負の悠 回答数 : 6

投稿日時:

俳句は季語で決まります。 句意もガラリと一変します。 ... 続きを読む >>

川柳添削道場をリニューアルしました!問題がないか使ってみていただけいないでしょうか?

投稿者 かぎろい 回答数 : 0

投稿日時:

川柳添削道場をリニューアルしました! https://weblike-tennsaku.ssl-lolipop.jp/sennry... 続きを読む >>

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

俳句クラブ『今日の一句』の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ