俳句添削道場(投句と批評)

お題『水鳥』の俳句を作りませんか?(添削を依頼する)

添削依頼 更新順。添削・感想を書いた人の最新句が一番上に移動します。

スマホ越し自分の目では見ない薔薇

作者名 満州逆路 回答数 : 0

更新日時:

三日月や身を浄めたる刀鍛冶

作者名 腹胃壮 回答数 : 2

更新日時:

目もくれず歩きつかれて気づく百合

作者名 満州逆路 回答数 : 0

更新日時:

闘犬の名前負けかな紅牡丹

作者名 森田拓也 回答数 : 1

更新日時:

終末に明日という名の花活けり

作者名 森田拓也 回答数 : 2

更新日時:

墓場まで持ち込む話河豚三昧

作者名 腹胃壮 回答数 : 4

更新日時:

蕗の薹天に芽ふけば春模様

作者名 会田美嗣 回答数 : 0

更新日時:

カフカ魅すお城を照らす名月や

作者名 森田拓也 回答数 : 5

更新日時:

南国の娘嫁ぐや息白し

作者名 腹胃壮 回答数 : 3

更新日時:

豚汁の湯気や札幌雪祭

作者名 腹胃壮 回答数 : 2

更新日時:

現在までに合計224件の添削依頼があります。 10件づつ表示中。現在全23ページ中の1ページ目。

最新の添削 良い添削だと感じたら「いいね!」ボタンを押してください

「三日月や身を浄めたる刀鍛冶」の批評

回答者 満州逆路

添削した俳句: 三日月や身を浄めたる刀鍛冶

いつも添削お世話になっています。
今回も感想だけですがよろしくお願いします。

静かで穏やかなのに闘志がむき出しというか、森田拓也様もおっしゃっているように鋭い句に感じます。
最初の「三日月や」が夜を想像させ、薄暗い中刀鍛冶が静かに真剣に心を落ち着かせている様子が見えました。
心を落ち着かせているといってもただ落ち着くだけでなく空気が張り詰めているのを感じます。居合の達人を前にしたような緊張感を句から受け取りました。

点数: 2

添削のお礼として、満州逆路さんの俳句の感想を書いてください >>

「闘犬の名前負けかな紅牡丹」の批評

回答者 腹胃壮

添削した俳句: 闘犬の名前負けかな紅牡丹

森田拓也さん、こんばんわ。
いつもお世話になります。

一気に俳句らしい調べを会得しましたね。
しかも中七に「かな」を使うとは。
中七にかなを使う句は良し悪しの評価が別れそうで自分も躊躇する事があります。
それは別として自分が俳句始めた頃とはエライ違いです。

自分は元々草花には全く興味がない人間なので俳句で詠もうとする時にはまずネットで花言葉を調べます。
牡丹は気品や風格とあります。
負けてばかりの闘犬と紅の牡丹の取り合わせはとても面白いと思いました。
今回は原句のままで残しておきたいですね。

ところで森田拓也さんはとてもマメな方のようですね。
自分の拙い参考句を句帳に残して暗唱していただけるなんてなんとも有り難い話ですが森田拓也さんのような方は藤田湘子の二十週俳句入門を読んで勉強する事をお奨めします。
自分のようなテキトーな性格の人間には向いてませんでしたが。

点数: 1

添削のお礼として、腹胃壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「墓場まで持ち込む話河豚三昧」の批評

回答者 森田拓也

添削した俳句: 墓場まで持ち込む話河豚三昧

腹胃壮さん

こんばんは。
いつもお世話になり、どうもありがとうございます。
腹胃壮さんに添削していただいた句を大切にノートに写して何度も楽しく暗唱させていただいています。
「活かしけり」、「けり」の活用の仕方は本当に難しいですね。
「や」「かな」は、何となく活用が分かるつもりなんですけど、
「けり」の活用法は本当に難しいですね。
「返り花」は季節外れの冬に咲く花(桜)なんですね。
すごく美しい季語ですね。

この句の句意を読ませていただいて、思わず笑顔になりました。
「墓場」というお言葉、ご表現が、とても印象的ですね。
「墓場」という言葉には、何となく死者がこの世での思い出を死者同士で語り合う場所みたいなニュアンスも語意として含まれてるような気がするんですよね。
上五中七の「墓場への土産話や」という案も、とても僕は魅力的に思いますよ。
もしかしたら、「墓場への土産話や」と上五中七をご表現される方が僕は好きかもしれないです。
墓場へ土産話を持っていくというニュアンスがユニークで好きだからです。
「土産話」という言葉が魅力に思いますし、効果的だと思うんですよね。

点数: 1

添削のお礼として、森田拓也さんの俳句の感想を書いてください >>

「終末に明日という名の花活けり」の批評

回答者 腹胃壮

添削した俳句: 終末に明日という名の花活けり

森田拓也さん、こんばんわ。
いつも拙句に御鑑賞頂き有り難うございます。大変参考になります。

まず二つの疑問について
1.自分も疑問に思っていましたがほったらかしにしてました。確かに時々実作の時悩む事もあります。
2.活かしけりが正しい表記ですが花を活けるという行為に対して正しいかどうかは自信がありません。

原句ですが森田拓也さんらしいく映画やドラマのワンシーン切り取った感じがします。終末を迎える前日にも関わらず人はいつもと同じように生活をしている。
たまたま活花にしようとしていた花の名前が皮肉にも明日だったと。

さすが詩人だと思います。

今回も参考句とさせて下さい。

終末や明日という名の返り花

点数: 1

添削のお礼として、腹胃壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧2ページ目(最新の順)

添削依頼をする!(投句)

現在のお題『水鳥』または自由。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼改稿句(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ