俳句添削道場(投句と批評)

お題『霜』の俳句を作りませんか?(添削を依頼する)

添削依頼 更新順。添削・感想を書いた人の最新句が一番上に移動します。

不快なコメントを書かれたら?

コメント下に「この人をブロック」という赤いボタンがあります。このボタンを押すと、対象の人の書き込みがすべて表示されなくなりますので、ご活用ください。また管理者までご連絡ください。

右窓に連なる冬田六号車

作者名 イサク 回答数 : 14

更新日時:

一冊の本で冒険いってきます

作者名 中之島 沙知代 回答数 : 3

更新日時:

デュエットをママがOK年忘

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

更新日時:

黒コートモノでもらった賞与かな

作者名 友也 回答数 : 1

更新日時:

昭和歌謡湯船のなかの師走かな

作者名 おかえさき 回答数 : 0

更新日時:

銀杏黄葉聳え神社はあのあたり

作者名 コウ 回答数 : 8

更新日時:

サッカーのにわか信者や首位通過

作者名 友也 回答数 : 2

更新日時:

ハイテクや日本サッカー神の手に

作者名 こま爺 回答数 : 0

更新日時:

去年の霜今年も霜の季なるらし

作者名 負乗 回答数 : 4

更新日時:

幼き日母の気使う霜柱

作者名 こま爺 回答数 : 2

更新日時:

未添削の俳句 添削をお願いします!

パパイヤをくるむ英字やぱぴぷぺぽ

作者名 いなだはまち

投稿日時:

亀の背に子亀のりをり梅雨晴れ間

作者名 久田しげき

投稿日時:

学舎へ行く子見守れ鳥の巣よ

作者名 卯筒

投稿日時:

最新の添削 良い添削だと感じたら「いいね!」ボタンを押してください

「一冊の本で冒険いってきます」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 一冊の本で冒険いってきます

おはようございます。はじめまして。よろしくお願いします。

一句だけ上手く出来てるのにあとイマイチ、という人が多発するのが俳句です。一句だけではなかなかセンスはわかりません。

ただ、少なくともこの句にリズム感はありますし、意味もわかります。無季俳句としてなら、最低限のことはできています(それすらできない人も多くいます)。そういう視点では、センスはないわけではなさそうです。

たとえば上五に季語を入れて

・冬籠本で冒険行ってきます
・炬燵猫本で冒険行ってきます

ぐらいで俳句としては成立しますし、がっつり作り替えもできます。センスとは、そういうことを継続的にできるかどうか、だと思います。
どんなジャンルでも、多少の上手い下手はあっても、結局は継続的に努力できるもん勝ちと思ってます。
だから、読むのも作るのも俳句を楽しめる人間が、上達も早いようです。

せっかくなら楽しみましょう!

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「黒コートモノでもらった賞与かな」の批評

回答者 ちゃあき

添削した俳句: 黒コートモノでもらった賞与かな

友也さん、おはようございます。拙句「デュエットを~」にご感想ありがとうございました。
御句*コートと賞与が季重なりになりますが、それほど気にはなりませんでした。中七の「モノでもらった」が説明感・重複感があるのではないかと思います。あと賞与を詠嘆するより、この場合はコートのほうがいいと個人的には思いました。
・ブランドの賞与代りのコートかな 
・ボーナスは黒いお洒落なコートかな
あまりよい提案ができずにすみません。またよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「サッカーのにわか信者や首位通過」の批評

回答者 コウ

添削した俳句: サッカーのにわか信者や首位通過

友也様

おはようございます。いつもお世話なります。
銀杏黄葉の句にコメント有難うございました。

御句、拝読させて頂きました。
私もサッカー⚽️は、観てました。
元々サッカー含めスポーツ観戦好きなんですがW杯力入りますね。
走り抜けゴールを一心に目指す姿には感動します。「にわか信者」はかなり増えると思います。笑

また、どうぞよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「去年の霜今年も霜の季なるらし」の批評

回答者 友也

添削した俳句: 去年の霜今年も霜の季なるらし

負乗さんの俳句を拝読しました。
情景が浮かんで、参考にしたいと思いました!
去年と書いてこぞと読むのですね。勉強になります。
蘇軾の七言絶句も完璧に忘れていました。負乗さんは博識ですね。
私が無知すぎるだけかもしれないですけど。
御句はとても詩情があっていい句だと思います。素晴らしいです。
コメント本当にありがとうございました。励みになります。
次回作も楽しみです。今後ともよろしくお願いします!

点数: 1

添削のお礼として、友也さんの俳句の感想を書いてください >>

寒き夜も読書で冒険熱くなり

回答者 こま爺

添削した俳句: 一冊の本で冒険いってきます

季語を入れる、季語を何にするとどんどん進めて行くのも俳句の楽しさの一つです。
そのうち、いさみ足で季語を二つ入れてしまい、季重なりとかで注意されたりします。
私はネットで「なんとかの季語」と引き調べています。
参考までに。

指摘事項: 無季俳句

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧2ページ目(最新の順)

添削依頼をする!(投句)

現在のお題『霜』または自由。

コメントは3000文字以内に収めてください。
添削通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ