俳句クラブ『今日の一句』。俳人友達の交流掲示板

塩豆さんのランク: 達人3段 合計点: 36

塩豆さんの投稿(スレッド)一覧

選を受けた俳句、既発表の俳句などを出し合いませんか?

投稿者 塩豆 返信数 : 35 20代 男性 更新日時:

こちらでの書き込みの言い出しっぺは初めてになります。塩豆です。 たまには人間誰しも褒められたいものと思います。また、欠点や至らない... 続きを読む >>

今日の一句:行く年を砕きゆくごみ収集車

カテゴリー: その他

塩豆さんの返信一覧

元記事:選を受けた俳句、既発表の俳句などを出し合いませんか?の返信

8月18日付東京俳壇 選者小澤實 入選

おしぼりの袋鳴らして麦酒かな  腹胃 壮

今日の一句が原句で数回の推敲を繰り返して上の入選句に至りました。

先日の句会で出したところ「おしぼりの袋を鳴らす」の意味が伝わった人と伝わらなかった人の割合がほぼ半々。
酒好きの小澤實先生にはどうやら伝わったようです。

上記の返信(選を受けた俳句、既発表の俳句などを出し合いませんか?の返信の返信)

スレ主 塩豆 : 2 20代 男性 投稿日時:

いつもお世話になります!何だかお久しぶりな気もします。塩豆です。

おしぼりの袋鳴らして麦酒かな

この俳句は個人的には「袋を鳴らす」という行為に含む抽象性に面白味があるように思いました。
おしぼりを添えて瓶ビールを継ぐ者、継いでもらう者、袋開けてしっかり手を拭いてから生ビールを飲む者、袋を鳴らすだけして別にやっぱいいやと手を拭かずに飲む者――。
鳴らし方は人それぞれかもしれませんが、「鳴らす」という共通の行為を発見したことが一つ大きな価値なのではないでしょうか。以前紹介してくださった斎藤朝比古さんのような、飄々とした作風のようにも感じしました。
腹胃壮さんの狙いとはひょっとすれば違うかもしれませんが、私はこのように思いました。

例によって私も一つ

家系図のような柿の木盆休
俳句生活地選

カテゴリー : その他 スレッド: 選を受けた俳句、既発表の俳句などを出し合いませんか?

この書き込みに返信する >>

元記事:選を受けた俳句、既発表の俳句などを出し合いませんか?の返信

俳句結社「雉」ネット投句・令和元年7月投句分
入選 大前貴之選
●とんぼうや雲描きたる浅間山

7月中旬の投稿で、浅間山の噴火の前でしたが、くしくもタイムリーな感じになりました。「雉」や選者とは相性がいいようで、3ヶ月続けて選んでいただいてます。

上記の返信(選を受けた俳句、既発表の俳句などを出し合いませんか?の返信の返信)

スレ主 塩豆 : 1 20代 男性 投稿日時:

とんぼうや雲描きたる浅間山

鳥越暁さん、書き込み拝見しました。
最初季語が動くかなーと思ったのですが、季語「蜻蛉」をちゃんと調べてみるとよく考えられた季語の採用だったのだと分かりました。
蜻蛉でも何でもハネを持つものは何かを描くように飛ぶことが多いと思います。この俳句の面白味は、「とんぼうや」と、ばすっと切っておいて「雲を描く、多分蜻蛉ではない何か」が新たに中七に登場し、そして最後に主語が明らかになって読み手の不安感を解消させるという構成に一つあると思います。
これは入選の作品との事ですが、もっと評価されていいのではとさえ、私は思いました。

私も一つ
野性俳壇佳作
老鶯の鳴いてゐるなり川は雨

カテゴリー : その他 スレッド: 選を受けた俳句、既発表の俳句などを出し合いませんか?

この書き込みに返信する >>

元記事:選を受けた俳句、既発表の俳句などを出し合いませんか?

こちらでの書き込みの言い出しっぺは初めてになります。塩豆です。
たまには人間誰しも褒められたいものと思います。また、欠点や至らない所を分析することは大事ですが、良い作品に触れてなぜそれが良いとされるのかを考えることも同じぐらい大事と私は考えます。そこでタイトルの通りです。
気が向けば付き合ってやってください!

上記の返信(選を受けた俳句、既発表の俳句などを出し合いませんか?の返信)

スレ主 塩豆 : 1 20代 男性 投稿日時:

かぬまっこさん、お久しぶりです!塩豆です。
ご健吟のようで何よりです。
幾つか俳句を拝見しましたが流石といった感じです。かぬまっこさんらしい基本に忠実で気取らない素朴な俳句の正にベストセレクションといった感じがしました。万葉的とも言えるかもしれません。子規が見てもうんうんと頷きそうな
そんな作品の数々なのではないでしょうか。また、そうは言っても「てふてふの陽ざしの…」の俳句には坪内稔典の「片言性」のようなものも感じて作品の幅も広がっている印象もしました。かぬまっこさんの俳句は多分私の俳句とはタイプが大分違うのですが、それでもこれはこれで価値のある作品の数々であるということは分かっているつもりです。
これからも私の良きライバルでいてくれればと勝手に思っております。私も一句。青嵐俳談天選を頂いたとき同時掲載させてもらった作品です。

雲の死を宣告したる蛙かな

カテゴリー : その他 スレッド: 選を受けた俳句、既発表の俳句などを出し合いませんか?

この書き込みに返信する >>

元記事:添削道場秀句集《 一》

◎扇風機羽を休めて涼みをり
作者 新米  投稿日 2017年08月18日

◆寸評

涼風を送る務めの扇風機が、羽を休めて涼んでいるよ/というノンセンスな俳味ある一句ですね。

添削道場には、他にもこんな秀句があります! という方はこちらへ推薦してください。

◆注意
推薦句と寸評を伴わない書込みは固く御断りいたします。

埋もれた秀句が沢山あると思います。 よろしくお願い申し上げます。

上記の返信(添削道場秀句集《 一》の返信)

投稿者 塩豆 : 3 人気投稿! 20代 男性 投稿日時:

こういった記事、個人的にとても良いと思います!私も一つ協力させてもらいます。かなり最新のものですが…和光様の作品

炎天や女子の二の腕つよき白

これは文句無しに良い俳句と思いました。ことばの選び方がすごい。「炎天」と「白い肌」は本来ミスマッチにも思えますが「つよき白」と言われると納得してしまいます。「女子(じょし)」も例えば「女の子」としてしまっては面白み半減です。最適な言葉を選び抜いたからこそ実現した、読み手に深い読みを与えつつも共感を得やすい、そんな俳句ではないでしょうか。

P.S
このサイトでも紹介していただいた伊藤園新俳句大賞、佳作特別賞をいただきました。かぎろい様、そしていつも切磋琢磨して俳句に取り組んでくださる皆様、ありがとうございました。

カテゴリー : その他 スレッド: 添削道場秀句集《 一》

この書き込みに返信する >>

元記事:選を受けた俳句、既発表の俳句などを出し合いませんか?の返信

角川《俳句》 2019-6 令和俳壇 雑詠 ◆猫の尻うすもも色に春淡し 選 嶋田麻紀

上記の返信(選を受けた俳句、既発表の俳句などを出し合いませんか?の返信の返信)

スレ主 塩豆 : 1 20代 男性 投稿日時:

細々とですがこの書き込みも続いておりますね。

猫の尻…の俳句にコメントさせていただきます。

上五、中七と来て、次に春もたけなわといったような季語が来てしまうと少し狙いすぎなな感じがすると思います。そこを慎ましく「春淡し」の季語を採用したのが良かったのでは、というのが私なりの見解です。
春が深まれば時には殺伐とする「猫の恋」の季節。それではもう、「うすもも色」のような優しく可愛らしい言葉は妥当ではなくなるのかもしれません。
良い俳句をありがとうございました。

今日の一句

春の雲なりしチェイサーかも知れず

カテゴリー : その他 スレッド: 選を受けた俳句、既発表の俳句などを出し合いませんか?

この書き込みに返信する >>

塩豆さんの返信2ページ目(最新の順)

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
質問、相談をする!
コメントは4500文字以内。
返信通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

俳句クラブ『今日の一句』の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ