俳句添削道場(投句と批評)

お題『夏休み』の俳句を作りませんか?(添削を依頼する)

添削依頼 更新順。添削・感想を書いた人の最新句が一番上に移動します。

不快なコメントを書かれたら?

コメント下に「この人をブロック」という赤いボタンがあります。このボタンを押すと、対象の人の書き込みがすべて表示されなくなりますので、ご活用ください。また管理者までご連絡ください。

子を抱え溶ける氷菓にしゃくれ顎

作者名 ゆきち 回答数 : 1

更新日時:

一秒を待って落雷くらやみへ

作者名 竜子 回答数 : 4

更新日時:

白日のアラーム屠る夏休み

作者名 めい 回答数 : 6

更新日時:

前向きの見事メンズの日傘かな

作者名 こま爺 回答数 : 7

更新日時:

名代そばたぐる天香露背に汗

作者名 卯筒 回答数 : 2

更新日時:

かぶとむしあさつかまえたうれしいな

作者名 竜子 回答数 : 9

更新日時:

猛暑日や欠席のハガキ投函す

作者名 山口雀昭 回答数 : 3

更新日時:

波斯菊色素のうすき瞳の子

作者名 めい 回答数 : 5

更新日時:

漣のいろの変はるや夏の宵

作者名 おかえさき 回答数 : 12

更新日時:

もの言へば頭の痛し夏の風邪

作者名 ヒッチ俳句 回答数 : 13

更新日時:

未添削の俳句 添削をお願いします!

旅情かな渡月橋から寒の月

作者名 友也

投稿日時:

葉書白し夏書のごとく駄句一句

作者名 長谷機械児

投稿日時:

ガス灯の新樹を照らし風そよぎ

作者名 久田しげき

投稿日時:

最新の添削 良い添削だと感じたら「いいね!」ボタンを押してください

「梅雨空の明けたら明けたで懐かしき」の批評

回答者 げばげば

添削した俳句: 梅雨空の明けたら明けたで懐かしき

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます!!
そして、げばに突っ込み隊ありがとうございます!

というか、なおじいさん、やったぜ!!!おめでとうございます!うれしー。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「限りあるいのち燃やして夕焼かな」の批評

回答者 馬場芳樹

添削した俳句: 限りあるいのち燃やして夕焼かな

ヒッチハイクさま
おばんです。
あめんぼうへのコメント有難うございました。参考にさせて頂きます。
御句夕焼は、私も大好きです。尽き行くものが、あらん限りのエネルギーを振り絞って、燃え尽きようとする、その劇的なシーンは、何ともいえません。
よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、馬場芳樹さんの俳句の感想を書いてください >>

「円錐の白味噌眩し夕立晴」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 円錐の白味噌眩し夕立晴

横塚 樹さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。かなりのご経験のある方とお見受けします。
味噌を円錐と表現するのは、古い大手の味噌蔵のような店の様子ですね。樽に仕込んでいて、味噌の上にシャモジが刺さっているような。量り売りの店ですよ。
幸いにも我が家の近くにはそのような老舗の味噌屋があり、容易に想像がつきました。
特にそういう店において、白味噌はとても美しい色に思えますよね。夕立の後の日差しとの対比を狙った、見事だと思います。

私はこのままいただきますが、一般的には、味噌が円錐?と伝わるかが心配です。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「線香の煙かきけす喫煙か」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 線香の煙かきけす喫煙か

侑歌さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。最近のニュースを俳句にしてみたとのこと、よほど印象に残る出来事だったのですね。

少し辛口になるかもしれませんが、ご容赦くださいね。

ニュースを俳句にするのは、結構難しいです。その理由は、
・誰もが知っているとは限らない
・時事的なことは人により捉え方がかなり異なる
他にもありますが、例えばトランプ氏の襲撃やバイデン氏の撤退、これだけ取っても人の思いは様々でしょう。ですので、花鳥風月を詠む俳句にはちょっと馴染まないところがあるのです。川柳は別ですけどね。

現に私は、結構ニュースは見ているほうですが、御句で詠まれているニュース、ピンと来ません。

次に、俳句としてですが、季語が一つ必要ですが、ありませんね。線香は季語ではないですから。

普段はできるだけ提案句を置かせていただくのですが、句の意味がつかめないのでごめんなさい。
もしできましたら、私の投句のどれにでもいいですから、「こういう意味だ」ということを返信してくだされば、再返信させていただきますよ!
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「夏風邪の癒ゑて現世さわがしき」の批評

回答者 おかえさき

添削した俳句: 夏風邪の癒ゑて現世さわがしき

今晩は、お帰りなさい!
漣…の拙句にコメントありがとうございます、母の事まで褒めて頂き恐縮です。

漣…図星です😓丁度見て、句が浮かんだ時刻は夕方5時半頃かしら?
この時期まだ宵と言うには早い時刻かもしれません。
ただ、初めて漣をじっくり見ていてあの小さな波の塊が他の水面と色が違う事に気がついたのです✨
多分どの時間帯に見てもそうかな~と思うのですが…どんよりしていたので尚更かもしれません。
変わったのではないかどうか?と思いましたが…俳句に多少の嘘は有りと思いまして、😅

御句ですが、うつしよとそのままでよろしいのでは…生きている限り周りでは色々な事が起きますね!
何もない人生なんてあり得ませんものね!あざなえる縄の如し…
本当は天国のような世界に生きたいものです✴
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧2ページ目(最新の順)

添削依頼をする!(投句)

現在のお題『夏休み』または自由。

コメントは3000文字以内に収めてください。
添削通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ