俳句添削道場(投句と批評)
ちゃあきさんのランク: 師匠429段 合計点: 1,405

ちゃあきさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

風薫るドーナツ盤の天地真理

回答数 : 2

投稿日時:

行く春へ点けつぱなしのウインカー

回答数 : 5

投稿日時:

スクランブルエッグ甘くて夏に入る

回答数 : 5

投稿日時:

陽炎や目を合はせると逃げる猫

回答数 : 6

投稿日時:

ぼくが君のお兄ちゃんだよ雛祭り

回答数 : 7

投稿日時:

ちゃあきさんの添削

「夏めくやひとつの区切り二千段」の批評

添削した俳句: 夏めくやひとつの区切り二千段

なおじいさん、こんばんは。いつもありがとうございます。
二千段おめでとうございます。
なおじいさんの温かいコメントには、疲れて帰った時にずい分癒されました。
ところで自分は何段なんだろうと改めて見てみたら500段にも達していませんでした。
なかなか出来ることではありません。
これからもよろしくお願いします。

・夏めくや積み重ねたる二千段

点数: 3

「車窓より眺む通学路の柳」の批評

添削した俳句: 車窓より眺む通学路の柳

なおじいさん こんばんは。ウインカーの拙句にご意見ありがとうございました。
おっしゃる通り「点きっぱなし」が正解でした。
「へ」としたのは、何かのサインかなという感じを出したつもりでした。

御句。ユーミンの卒業写真の歌詞を詳しく知りませんのであとで調べてみます。何てたってユーミンは八王子出身ですから。(笑)
・通 学 の 日 々 懐 か し き 柳 か な
またよろしくお願いします。

点数: 1

「行く春の一つ箪笥に折りたたむ」の批評

添削した俳句: 行く春の一つ箪笥に折りたたむ

こま爺さん こんばんは。ウインカーの拙句へご意見ありがとうございました。
ウインカーを消し忘れていたようなので、こま爺さんのおっしゃる通りです。

御句。とても素晴しい句だと思います。
かぬまっこさんとげばげばさんのコメントのように僕も「を」に賛成です。
そうすると、「一つ」も「ひとつ」と仮名にしたい気がしました。
・行く春をひとつ箪笥に折りたたむ
またよろしくお願いします。

点数: 0

「行く春や鉛筆芯のまろみをり」の批評

添削した俳句: 行く春や鉛筆芯のまろみをり

竜子さん こんばんは。拙句へのご意見ありがとうございました。
ご提案句の「何かの合図...」は僕のイメージに近いです!

御句。とても素敵な一句だなと思って、ここに返信しました。
・行く春やまろみたる鉛筆の芯
というのはどうでしょうか。
またよろしくお願いします。

点数: 1

「船上の風薫る大阪はパリ」の批評

添削した俳句: 船上の風薫る大阪はパリ

負乗さん、拙句への返信ありがとうございました。
昨日、気づきました。すみません。

御句。添削意欲をそそられました。(笑)
大阪には行ったことが無いのですが、パリに似ているとは知りませんでした。
「船」も入れてこんなふうにしてみました。
・風 薫 る 船 や 大 阪 パ リ に 似 て
まだ無理があるかもしれませんが、またよろしくお願いします。

点数: 1

ちゃあきさんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ