ノベル道場/小説の批評をし合おう!

返信一覧の表示

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋 (No: 1)

スレ主 みりん 投稿日時:

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://ncode.syosetu.com/n2449ex/

伸びません。
理由を教えてください。
よろしくお願いします。

あらすじ(プロット)

つかみ:エリアス、暗殺されそうになり、森の中へ逃げ延びる。そして、呪いで死にかけているところを、クロエに助けられる。
状況:エリアスは一命をとりとめるが、口が利けない。クロエは、そんな謎めいた美少年エリアスに一目ぼれし、元気になるまで世話をすることを決める。
後戻りできない状況:エリアスのことがリュカにバレ、魔法のこともバレてしまう。
葛藤:教会にバレないように、魔法を使うことをリュカに禁止されてしまう。
試練:それでもこっそり呪いを解いているが、薬の材料がなくなってしまう。
ピンチ:薬草を探して森へ入るが、夜道で山賊に襲われる。
クライマックス:リュカが助けようとするが山賊に返り討ちにあったところを、エリアスが助けに来てくれる。
おわり:命を救ってくれたお礼に、リュカが家から薬を見つけてきてくれる。

目的:趣味で書く

要望:欠点の指摘歓迎!

この小説を批評する!

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評 (No: 2)

投稿者 オミクロン : 1 No: 1の返信

投稿日時:

 オミクロンです。ざっとですが読ませていただきました。

 何故伸びないのかという問いは非常に難しいものがあります。ジャンル、トレンド、投稿頻度、タイトルネーミング、あらすじ。最低でもこれらの要素が関わるので、一概に「こう」という回答はありません。ですがそれでも言えることはあると思うので、厳しいとは思いますが、批評させて頂きます。

 一番大きな点は、3人称神視点で「恋」という極めて主観的なテーマを書いているからだと思います。とりわけ「恋」を書くならば、1人称視点は鉄則だと思ってください。

 3人称視点の利点として、物語を淡々と進めることが出来るというものがあります。裏返せば、個人の心情や、感情の機微を描くのには非常に不向きな文体です。

 逆に1人称視点では物語の展開ペースが遅くなる代わりに、人物の掘り込みが成されます。その人物の価値観や、行動原理を書くのに向いているのです。商用のノベルゲーム(18禁含む)などで、3人称(神視点含む)がメインで進行するものが滅多にないのはそのためです。

 3人称であっても感情などを書けるのが神視点の利点です。ですが読んでいると、「クロエは~した」という動作を表す意味の文が多用されています。

 主観的なものを書く際において、優先されるべきは動機の部分です。「どう思って」クロエは行動したのかがほとんど書かれていないのです。故に「恋愛ものなのに、淡々としている」と受け取られると思います。少なくとも私はそう思いました。

 なので厳しい事を言わせていただきますが、現在までに投稿、保留されている文章。特にクロエに視点が当たっているもの全てを1人称に書き直すことをお勧めします。

 無論他の登場人物に一時的にフォーカスを当てることは否定しません。ですがテーマが「恋」ですので、没入感を失わせるような視点、人称移動は多用すべきではないと思います。

 ここまでは内容の基本構造の欠陥を指摘させていただきました。ここからは文章そのものへの指摘になります。

 1人称と3人称がごちゃ混ぜです。読んでいて混乱します。一例を抜粋させていただきます。

【ここから】

 あとは少年の体力を信じるしかない。
 クロエはそこまでやってから、熱にうかされる少年の顔をじっと見つめた。
 長いふさふさの黒いまつ毛。この村では見かけない黒いつややかな髪。整った鼻筋。きめ細かな肌。まぶたを開けたら、どんな色の瞳をしているんだろう。
「……この人、かっこいい」
 クロエは思わずつぶやいてしまってから、慌てて自分の発言を取り消した。

【ここまで】

 あとは少年の体力を~から、じっと見つめた。までは3人称です。ですが直後の文章はクロエの主観(1人称)になっています。そして発言後からまた3人称に変わっています。

 絵に頼ることが出来る漫画や映像ならばよくある手法です。ですが文章でそれをやることは逆に大きな混乱を招きます。なので基本視点と人称は統一するのが好ましいのです。

 最後に言えることは、推敲が足りません。人称の混乱などは日を開けて数回読み直せば気づくことが可能です。読んでもらう為の苦労や工夫をしていないのに、読んでもらえない。というのは責任転嫁だと思います。

 私が思うに、情熱や意欲というのは宝石の原石です。原石だけならば有象無象ですが、削られ磨かれ形成されて宝石にすれば評価されます。なので楽しく書くだけでなく、苦しく書くこともしないと評価の俎上には上がらないと思います。

 酷評になりましたが、参考になれば幸いです。

長所。良かった点

一文の長さは冗長ではないので、すっきりと読むことが出来ました。

良かった要素

設定

ライトノベル作法研究所管理人うっぴー /運営スタッフ:小説家・瀬川コウ:大手出版社編集者Y - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン

プロ作家、編集者にアドバイスしてもらえる!勉強会で腕を高めあえる!小説で飯を食べていきたい人のための創作コミュニティ。学生には交通費1000円を支給。

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評の返信 (No: 3)

スレ主 みりん : 0 No: 2の返信

投稿日時:

オミクロンさん、コメントありがとうございます。
素早い返答で嬉しかったです。

ところで私は、アニメ化もしたコバルト文庫の「妖精と伯爵」(集英社:谷瑞恵著)が好きです。
お手本としてもいるのですが、この作品は恋愛少女小説ですが三人称です。

【ここから】

「助けてくれ、お願いだ……」
 と、侵入者は、リディアの耳元でささやいた。
 助けてくれって、こっちがお願いしたいわよ。そう思いながらも抵抗する。
「静かに、聞いてくれないか。あの男は、……きみをここへ連れてきた男は、悪党の手先だ。このままじゃ、きみもひどい目に遭うよ」
 意外にもおだやかな、品のある口調。それに、ハスクリー氏が悪党の手先?
 リディアが力を抜くと、もう叫んだりしないと判断したのか、侵入者の男は、彼女の口元から手を離した。それでもまだ、リディアのことはつかまえたままだ。

【ここまで】

こんな感じで、主人公リディアの気持ちをダイレクトに文に挟む手法はよく使ってらっしゃいます。
3人称単一視点。この場合、3人称リディア視点ですね。

こういうのは、1人称と3人称がごっちゃというのとはまた別の話だと思うのですが……。

まあ私の文章の場合は、「どんな色の瞳をしているんだろうか」とかにした方がよかったですかね。
あと3人称神視点にならないように、気をつけたいと思います。

あとは、恋愛ものは全部1人称にせよというのも暴論だと思います。
いま小説家になろうのランキングの異世界恋愛を見てきましたが、
5位までに3つも3人称を使った小説がランクインしています。

なので、1人称じゃないから人気が出ない、という訳ではないと思います。
現に、私の他の作品では、現代恋愛ものですが、ブックマークが現時点で793あります。
793ある作品はしばらく前に書いていた作品ですので、その間に私の文章力が著しく退化した可能性はあります。
あるいは、ジャンル的に異世界恋愛の方が人気ジャンルで作品数も多いことから単に競争に負けたのかもしれません。

あと、読んでくれないのを責任転嫁している訳ではないですよ。
私が「読んでもらえないのは読者さんが悪い」と思ってるということですか?
そんなことは思っていなくて、作品のどこが悪くて読んでもらえないのかなと
純粋に疑問に思ったのでこちらで相談させていただいた次第です。

ただし、推敲が足りない、楽しく書くだけではだめだ、というご意見は最もだと思います。
今回は、楽しく書いて、書いた端から投稿していますので。

> 主観的なものを書く際において、優先されるべきは動機の部分です。
「どう思って」クロエは行動したのかがほとんど書かれていないのです。

こちらのご意見は参考になりました。

確かに文章がへたくそなんでしょうね。
だから読んでもらえないんでしょうか。

後だしで申し訳ないのですが、ストーリー的な問題点なども知りたかったです。
もしお時間がございましたらで結構ですので、ご指摘いただけると嬉しいです。

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評の返信 (No: 6)

投稿者 ヘキサ : 0 No: 2の返信

投稿日時:

横槍失礼……オミクロンさん、多分視点のことわかってない。
リンク先が読めなかったんですが、抜粋した文体だけでもわかります。
これは三人称一元です。視点人物の主語を「私」にするとほぼ一人称になります。
一人称と同じように内面の心情を語っても許されます。
三人称で最も推奨される形式です。

私はもともとオミクロンさんの文章は三人称一元がいちばんそれらしいと思っていたんですが、どうやら三人称一元と三人称神視点の区別がついていなかったんですね。三人称一元の小説は最も多いですよ。勉強してきてください。

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評の返信の返信 (No: 7)

投稿者 ヘキサ : 0 No: 6の返信

投稿日時:

リンク先がどうにか読めましたので、さわりの部分だけですが感想を。
とはいってもほとんど藤谷さんと同意見なのですが、完結済みになってからのほうが注目されると思うかなー。
13話程度ではあまり気を惹かれないかも。
女性向け恋愛ものは小粒でも完成されてるほうが注目されると思ってるんで。

冒頭はいきなりクロエの視点でもよかったんじゃないかと思う。やや感情移入次づらい感じがしました。
個人的に気になったのは一行空けの多さでしょうか。自分はweb上の文章は4~5行くらいの塊が読みやすいと思っているので、ちょっとバラバラ感がすごい。(もちろん、見ている媒体によって読みやすさは変わってしまうので、どうしようもないようでしたらあまり気にしなくていいです)

あまり踏み込めなくて申し訳ないですが、これからも頑張ってください。

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評の返信の返信の返信 (No: 9)

スレ主 みりん : 0 No: 7の返信

投稿日時:

>hexaさん

コメントありがとうございます!
そうですか……最初の方だけでは魅力に欠けますか……。
私の課題ですね。
冒頭から感情移入してもらえるように書く、と。
一行空けについては、以前読みにくいからもっとひと塊を小さくと複数から指摘されたことがあるので、
このままで行ってみようかと思います。
スマホから見るとちょうどよいですし。

お忙しいところ、コメントありがとうございました!

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評の返信の返信の返信の返信 (No: 11)

投稿者 ヘキサ : 0 No: 9の返信

投稿日時:

すみません、前のコメントは超適当な気持ちで読んだので、すこし落ち着いて13話通して読んだ感想になります。
あと、他の作品リストを見せていただいて、小粒の作品をすでにいくつも仕上げてらっしゃる方だとわかったので、そのうえでのコメントということで、よろしくお願いします。

まず「超不定期更新」の時点で読む気が失せました。エターなる可能性が高そうで。
ちなみにどんな売り文句なら読む気になるかと思うと「完結済み、全○話、毎日○時更新予定」とかだったら。
なのでやっぱり完結してから読みたくなるかなー。

あと、全体的に流れるほのぼのテイストは私の好みではありますが、それにしてもややペースが遅めに感じるかなと。読んでる途中でやっぱりちょっと切りたくなりました。私だったら王子は6話くらいで起き上がれるようにするかな。それでも遅いくらい。12話までほとんど話が進展していない状態なのはちょっとまずい感じがしました。

リュカ視点に関してですが、あまり必要性を感じないと思う反面、ガチの三角関係を描きたいのであれば一度くらいはチャレンジしてみるのはいいんじゃないかな、と思いつつ応援しています。
ただ、単に当て馬ポジションだとしたら、最初は楽しいかもしれないけれど書き進めていくうちに苦痛になる可能性があるので、それを覚悟で頑張ってねって感じで。
終盤にリュカの単独行動がキーになるようであればそれはそれで面白いと思いますが、それはその時になってはじめてリュカ視点にしてもいいと思うし。

いずれにせよ、構想がほぼできあがっているということでしたら、多少まずい点があると思っても完結まで書き進めてしまうことをおすすめします。ただ、全100話とかそれ以上とかになりそうだったらちょっと出だしのスローペース(および全体の進行の見直し)はなんとかしたほうがいいかもしれない。作品を完結させたことのない方には見直しはあまりおすすめしないんですが、そうでない方だとわかっているのですこし念頭に置いておいてください。もちろん、完結後に見直してもいいですよ。今後ともみりんさんのよき執筆ライフを応援しております。では

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評の返信の返信の返信の返信の返信 (No: 12)

スレ主 みりん : 0 No: 11の返信

投稿日時:

>hexaさん

再度のコメントありがとうございます!
わざわざ読んで頂いたようで、ありがたいです。

さて、さっそく「超不定期更新」の文字をあらすじがから削除させていただきました。
たしかに、エターナルの可能性をびしびし感じますよね。
作者の自信のなさをわざわざ見せる必要はありませんでした。

遅い件について
そうですよね。一番最初のプロットの段階では、数行で過ぎるところを、
なぜか書き出すとどんどん長くしてしまって、気づいたらこんな状況に。
ヒロインがなかなか出てこないのと同じ現象ですよね、、、。
次の作品を書く際には、なんとか考えてみます。

リュカ視点について。
応援ありがとうございます。
今回は楽しく書くをテーマに、小説作法とかプロットとはとか気にせず
書きたいことを書こう! って感じで情熱だけでわーっと書き進めていますので
ご指摘の通り、リュカ視点書くの楽しいです。
友情も書きたいっていうのもありまして、だからリュカ視点は自分の中では
すごく必要性を感じているんですけど、最後まで書ききって冷静になったら
どういうジャッジが下されるのか……とにかく頑張ってみます。

見直しについて
はい。アドバイスありがとうございます。
先ほども上の項で書きましたが、完結させてから見直したいと思います。
なんかそもそも最後まで書ききれるか自信がないので。
ご指摘の通り、100話とか行く可能性もあるなーと。このまま伸び続けるようですと。
文字数予測がまだできないんですよね汗
とにかく完結を目標に頑張りたいです。

ありがとうございました!

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評の返信の返信の返信の返信の返信の返信 (No: 13)

投稿者 ヘキサ : 0 No: 12の返信

投稿日時:

あれからまた少し見せていただきました。さっそく続けておいしい感じに話が進展していらしゃるようで何よりです。やっぱり読者の反応を気にしすぎるより先へ先へと話を進めていったほうがよさそうですね。

あらすじの件ですが、ある程度進んだら負担にならない程度に少し手を加えていくのもいいかもしれません。
私もそうしたことがあるから……今のままだと、エリアスとリュカの紹介が何を意味するのか今一つ??な感じなので「謎の多い王子エリアスと意地悪な幼馴染リュカとともに繰り広げる、ほのぼの○割シリアス○割くらいのラブコメファンタジーです」的な(本当にほのぼのかどうかはみりんさんのみぞ知る、書いた後にわかることでもありますが)。

>遅い件について

創作掲示板のほうでうっぴーさんやサタンさんが話題に挙げてくださっていましたが、どうにも導入部が縮められないようでしたら、初回のみ5~6話くらい一気に投稿してしまうというのもありですよ。漫画やドラマでよくある「初回増ページ」「初回放映時間延長」みたいなノリで。
今回に関してはどんどん書き進めていけば、後から見る人は全体比率からみてそんなに気にならなくなるんじゃない?という気がしています。

>リュカ視点について。
今回は楽しく書くをテーマに、小説作法とかプロットとはとか気にせず
書きたいことを書こう! って感じで情熱だけでわーっと書き進めていますので
ご指摘の通り、リュカ視点書くの楽しいです。

実はそんな気がしていました……趣味で書いているうえでいくつか作品を終えているのであれば、たまに需要に反したものを書きたくなるときもあると思います。そういう意味でも読者の目を気にし過ぎなくてもいいんでないのって感じですね。
実は私「三角関係」キーワード検索したことがありますが、意外と少ないんですよね!理由のいくつかは藤谷さんが仰っていることと関係していると勝手ながら思っておりますが、当て馬視点というのが意外と面白いように思えて面白くない可能性があったりするんですよ。でも、そんな逆風の中でもしっかり三角関係を書ききった方もいらっしゃるので、気合を入れればきっとなんとかなるだろうと思っています。

>なんかそもそも最後まで書ききれるか自信がないので。
ご指摘の通り、100話とか行く可能性もあるなーと。このまま伸び続けるようですと。
文字数予測がまだできないんですよね汗
とにかく完結を目標に頑張りたいです。

私も短編いくつか仕上げてから長編に取り組んだクチですので、初長編の「これ終わらせられるんだろうか、文字数予測できないや」のドキドキ感はとてもよくわかります。
でも、とあるプロ作家さんで非常に安定感のある書き方をする方が、あとがきで「終わるかどうかハラハラしながらようやく終わらせることができた」と記していた時、意外だなーと思ったりちょっと気持ちわかるかもとか思ったこともあります。
個人的には、キャラの思考が前向きならストーリーは予測つかなくてもいつか必ず終わらせられると思っているので(その作家さんもその時の私の書き方もそういうタイプだったので)、明るく元気そうなみりんさんのキャラ達ならきっと最後まで辿り着いてくれると思いますよ。そのハラハラも楽しんでくださいね(意外と、最後を予定通りに決めすぎている人のほうが筆が進まなくなるってこともあったりするみたいですからね……)。

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評の返信の返信の返信の返信の返信の返信の返信 (No: 14)

スレ主 みりん : 0 No: 13の返信

投稿日時:

>hexaさん

再度のご訪問ありがとうございます!
続きを読んでもらえてとても嬉しいです^^

あらすじを変更した方がいいというご意見、了解しました。
実は私もいまのあらすじは気に入っておらず、なんとかしたいと思ってたところです。
それに、最初の方の説明しか出来ていないので、どんどん展開していったら
あらすじをどう書くかなーとちょっと悩んでいたところです。
偽婚約とか書いたほうがいいのかどうか……。難しいです。

>リュカ視点
三角関係をしっかり描き切るってなかなか難しいですよね。
まあ、今回は三角関係バトルっていうより友情とかの方が書きたいのかもしれません。

最後に、励ましのお言葉ありがとうございます!
明るく元気なクロエが書ければ満足です。
これから試練がいっぱい待っている予定ですが、乗り越えてくれるかな、、。
私の筆力が追いつく限り、なんとか書いていければいいなあと思っています。
産みの苦しみも楽しめるといいなと思います!

ありがとうございました!

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評 (No: 4)

投稿者 ふ じ た に : 0 No: 1の返信

投稿日時:

お久しぶりです。
ブックマークの伸びについては、私もよく分かりませんが、
はやりの要素の有無や、出だしのインパクトで上手く取り込めないと、読まれにくいんじゃないのかなぁと。
また、完結後に注目されて伸びるときもありますよ~!

幼馴染の男の子の視点が来るまで、ちょっと読んでみましたけど、
一体、何を書きたいのか分かりにくい構成になってましたよ。

最初にエリアス(最初名前から女の子かと誤解しました)の視点が来て、
すぐにクロエに変わり、
二人の恋愛の物語なのかなぁと思ったら、
リュカ(幼馴染)の視点に変わって、「あれ? どういうこと?」って感じでした。

三角関係の物語なら、最初から三人出さなければ、
伝わりにくいと思いますよ~。

あと、冒頭の三人称神視点のエリアスが襲われたシーンですが、
登場人物の感情が書かれてなくて、ちょっと感情移入しづらかったです。
エリアスの視点で書かれたほうが、親しみやすいかなぁと思いました。

あくまで個人の意見ですので、合わなければ流していただいて構いません!
ちょっとでも参考になれば幸いです。
ではでは失礼しました。

長所。良かった点

読みやすかったです。

良かった要素

文章

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評の返信 (No: 5)

スレ主 みりん : 0 No: 4の返信

投稿日時:

>藤谷要さん

わーお久しぶりです!!!
コメントありがとうございます。

流行りの要素でいくと、主人公が令嬢とかの方がいいですかね、やっぱ。
ランキング令嬢でうまってますもんね。
出だしのインパクトは、呪われるくらいじゃもはやありきたりですしね、、。
完結ブーストに期待するのは、、裏切られ過ぎてもう信じられません、、笑

>一体、何を書きたいのか分かりにくい構成になってましたよ。

それは、自分でも思ってました。
わかりにくいかなと。
エリアスとクロエのラブストーリーなんですけど、
第1シーズンではエリアス呪いでずっとぶっ倒れているので、ほとんど出番ないんです。
それが問題なんでしょうね。
初恋の出会いシーンなのに、ドキドキが足りないんでしょうね。

三角関係の話でもあります。

冒頭のエリアスのシーンは、確かにエリアスの感情を書き込めなかったなーと反省。
書き込みすぎると冗長になるんじゃないかと思って、
とにかくストーリーを進めるのを急ぎました。
いっそ削除して後に持ってくるとかも検討中です。どう思います?汗
とりあえず、エリアスが本命だと印象付けたくて書いてみたんですけど、、。

エリアスの名前は、フランス人男性の名前100みたいな記事の中から適当に響きのすきなのを
選びましたw
確かにエリだから女の子の名前っぽいかもですかね。

最後まで読んでもらえるような作品を書けるよう精進します!

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評 (No: 8)

投稿者 ふ じ た に : 0 No: 1の返信

投稿日時:

連投失礼します。
分かりづらい書き方になったみたいで申し訳ないです。

私が何を書きたいのか分かりにくい構成になっていたと感じたのは、
リュカ(幼馴染)の視点に変わった点でした。
最初の構成が、二人の出会いを描いていたので、私は二人の物語だと感じました。
なので、何故リュカの視点が出てくるのか、不思議だったんです。

二人の魅力的な男子に心を揺さぶられる女の子の物語なら、
始めからクロエと二人の男子を描く必要があると思います。
でも、メインがクロエとエリアスの二人で、当て馬的な立場が幼なじみのリュカなら、リュカの視点は不要かと思います。
二人の物語なら、感情移入させるべきキャラは、ヒロインとヒーローの二人のみで大丈夫かなぁと。

もし、リュカの態度と本心は別だよって、読者に伝えたいのなら、わざわざ場面を転換してリュカの視点を描くのではなく、
三人称の利点をいかして、書けばいいのではないかなぁと。
例えば、「リュカのその呟きは、クロエには届かなかった。」みたいな感じで。

三人称は、視点を変えても、一人称よりは違和感なく読まれやすいですが、
その前にキャラをなじませるという配慮が必要かなぁと思います。
なので、物語が始まって早々に頻繁に視点を変えるのは、避けたほうがいいので、
なるべくヒロインの視点で書けるなら、続けて書いた方がいいと思いますよ。

色々と書きましたが、あくまで個人の意見なので、
合わなければ流して頂いて構いませんので…!
ではでは、失礼しました。

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評の返信 (No: 10)

スレ主 みりん : 0 No: 8の返信

投稿日時:

藤谷要さん

再びのコメントありがとうございます!
リュカ視点がまずかったんですね。なるほど。
今思ったんですけど、クロエとエリアスのストーリーがまともに始まってもいないのに
当て馬のリュカの話が始まっちゃったので、どんなストーリーなのかよく分からない事態に陥ってしまったのかもしれませんね。

クロエ視点で最初から最後まで話を進められるような物語を作れたらいいんですけど、
どうしても別人物が動いたことで物語が動くような話の展開を作ってしまいがちです。
一度目のリュカ視点は、確かになくても通じるかと思いますが、
二度目のリュカ視点は、飛ばすと意味がわからないものになってしまいますので……。
あと、今後もクロエの知らないところで男たちが動いたりします。
そもそもストーリーの組み立て方の基本が出来ていないんでしょうね。
主人公視点で一貫して楽しめるような話を書けるようになることも課題になりそうです。
あと、冒頭のわかりやすさ、掴みの部分の作り方もですね。

ただ、今回書き始めてしまった話は、もう最後までストーリーを決めてしまっていますし、
どういじればクロエ視点だけでストーリーを展開できるのか分からないので、
とりあえずこのまま最後まで書ききってしまおうかと思います。
まあ、いまの実力ではこんなもんだということで。
それだとポイントが伸びないのは変わらないですが、
純粋ななぜ伸びないのかという疑問が解けたので、質問してよかったと思っています。

ありがとうございました!

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評 (No: 15)

投稿者 t : 0 No: 1の返信

投稿日時:

12話まで読みました。
楽しんで書かれている様子がこちらまで伝わってくる様子が素敵でした。
情報をだすタイミングも良かったですし、ストーリーもありました。
気になったことが3つあります。

➸1つ目、
12話まで読んでみて、1話の前半部分がもっともクォリティーが低かったです。
これは単純に書き込みが足りていませんでした。

➸2つ目、
1話から12話を通して、最初と比べるとストーリーがどんどん薄まっていました。
エリアスの存在は村人にバレてはいけません。
呪いを解こうとするクロエに次々と難題がふりかかります。が、エリアスの王位継承権問題とは何の関係もありません……。
おそらくエリアスの王位継承関連は1章では扱わないよ、ということだと受け取りました。
話が進まないので少し退屈でした。

クロエのストーリーはテンポよく年頃の女の子が自然に書けていて、障害もあって飽きない。難しいことは考えなくていいと思います。
そこから更に、エリアス側のストーリーがあれば絶対面白くなっていました。

だって死体の確認をしないのは三流の殺し屋じゃないですか。
絶対生きていたら困るエリアス殿下の死体が発見されていないなら、生きているかも、と不審に思った刺客が探しにやってきます。
死体を探しに村へやってきた刺客が村にしばらく住み着くとか、クロエの結婚話とかあるだけで、全然違う物語になっていたと思います。

➸気になったことの3つ目は、読んでいて、すぐに分かる嘘です。

12歳の少女が15歳の少年を担ぎ雨の森の中を全力疾走して戻れるほどの距離に、エリアスの馬車の残骸が道にあれば、翌日村人の誰かがすぐに見つけて大騒ぎになりそうです。

小さな村であっても普通に考えれば王位継承の噂が何らかの形で伝わっているはず、村人達の台詞に反映されているような。

2つしかないかまどのようなので、1日にパンを作る総数は管理されているはずです。
細かいことなのですが、『クロエはまだ仕事が残っている。なぜなら、クロエはジュブワ家からパンだけでなく、肉やチーズなどの現物支給に加え、少額だが給金ももらっているからだ。』
エリアスを拾う前と比べパンを多く貰っていれば、食べきれないパンを調達するクロエに必ず誰かが気付きます。
エリアスは1週間スープしか口にしなかったのかもしれない。
でも『ここ一週間、クロエが家に帰るころには暇を持て余した少年がリビングのテーブルに座っていることが多かった』
食べずに元気になれるかな……ご飯はどうしたんだろうなみたいな。

これも細かいのですが、防音設備がない村でクロエの声は筒抜けだと思うんです。
クロエが「ただいまー」と言えば、もし偶然村人が家の前を通りかかっただけで、一人暮らしのクロエちゃんの家に誰かいるのかしら? と思われますし。
もし偶然誰かにクロエの大声が聞かれていたりしたら、クロエちゃん昨日騒いでたねって村人に言われそうなのに大丈夫なのかなと。
ストーリーよりも気になって話に集中できませんでした。

悪いところばかりを並べましたが、良いところもたくさんあります。
パンを作るときにおばちゃん連中からクロエは指摘されて。
「最近のクロエちゃんはお尻が大きくなったねー(セクハラ発言)、たくさん食べてるからねー」
どれも読者が思うことを先読みして潰せていれば、物語に箔がついていたと思います。
国境付近の薬草や少年が助けにくるとか、リュカにバレるとか、マリーおばさまとか、おばちゃん連中とパン作り最中の会話とか、精霊ルミエールとのやり取りなどは違和感なく読めてすごくよかったです。
間違っても、書いた文章の全部がダメだと思わないでください。

――――

1話冒頭でエリアスが襲われたシーンですが、書き込みが足りていませんでした。

→→
『少年が身構えたその瞬間、馬車は大きく揺れ、倒れた。少年は、全身を鞭うたれたような痛みに襲われたが、すんでのところで意識を失わずにすんだ。扉を開き、馬車から這い出ると、目の前に車輪が落ちていた。』

4頭の馬のどれかは暴れているかもしれません。
外は豪雨です、エリアスが馬車の外に出れば雨風に何らかの反応をするかもしれません。
地面は泥でぬかるんでいます。森は暗く視界は最悪です。帯剣しているなら、鞘がひっかかったなどなど。
状況を取り入れたような描写が全体的に不足していました。

→→
「うわあっ! 化け物っ!」
 御者の男は叫ぶと、少年を置いて森の中へ逃げ出した。しかし、フードの男は御者には目もくれない。宙から少年を見下ろし、口を開いた。

ここでは御者が逃げたことへの少年の反応が何か欲しかった。
もしかしたら御者より先に自分が逃げようと思っていたのかもしれない。
あるいは、御者を守るために戦おうとするのがエリアスだったのかもしれない。
極限の状態でこそ、少年とはどういう人物かを読者に示す絶好の機会だった。

もっといえば、ただ怖くなったから御者が先に逃げ出して。彼はその後どうなったか分からないみたいな中途半端なことは、作者が楽をしたいだけと見透かされるので、できるかぎり避けた方がよくて。
御者さんがアリエスに暴言を吐いたり。魔法使いさんに始末された方が盛り上がったかな。

→→
「うわあああああっ!」
 叫ぶエリアス。背中の傷口から、這う蛇のように、呪文や魔法陣が黒い痣となって広がっていく。呪いの痣は瞬く間にエリアスの全身を犯した。
しかしエリアスは、次の悲鳴を飲み込むと、ふらふらの足で立ち上がり、よろよろと歩き出した。魔法使いから逃れるために。

ここからはエリアスの思考や知識をなぞっていく書き方にしていく、もっとカメラを近づけた方が勢いがついた気がします。

「うわあああああっ!」
 叫ぶエリアス。小さいころ王宮の書物で読んだことがある、背中の傷口を入り口にして這う蛇のように……。呪文や魔法陣が、今まさに黒い痣となって広がっているのだろう。呪いの痣が瞬く間にエリアスの全身を犯していく。
しかしエリアスは、次の悲鳴を飲み込むと、ふらふらの足で立ち上がり、よろよろと歩き出した。魔法使いから逃れるために。

→→
魔法使いは嘲笑すると、エリアスの前から姿を消した。
 叩きつけるような雨の森の中、残されたのはエリアスと残忍な笑い声だけだった。

ここも中途半端な終わり方になっていました。点数でいえば50点です、この体験を通じてエリアスが命の最後に、どんなことを思ったのかが加わって100点になります。
欲をいえば、「……父さん母さん、世界を救えなくてごめん」などなど。
この物語はすっごい面白いんだぞ! と読者を煽って欲しかった。

→→
危険と好奇心を天秤にかけ、クロエの心は好奇心を選んだ。
 いそいそと寝巻を着替え、豪雨の降りしきる中クロエは家を出た。
 魔力を感じる方向に向かって、森の中を歩く。
 暗い夜の森の中でも、クロエは全然怖くなかった。どきどきする胸を押さえ、はやる足を絡ませないように慎重に歩を進めた。

とあるのですが、豪雨で辺りは真っ暗なのに明かりはどうしたんだろうとか。
『魔法を使える人、異端と呼ばれる人が、この近くにいる――』とあるのでクロエには遠くからでも分かるみたいですが、その人物が道ではなく森の中にいるかもしれません。夜の森は今の現代でも一度迷ったら最後、とても危険な場所です。
それを考えるともう少し注意深くなっていてもいいような。
もっといえば、魔法や精霊ルミエール。

”――作中ではファンタジー要素の数が圧倒的に不足しています“

便利な魔法のローブを被れば豪雨、暗闇、泥道でも平気で、さらにもし当てが外れても帰る方向が分かるとか。ぶ厚い古書を袋に入れて持ち歩く、あの魔法を使えばいいよといった伏線があってもいいような。

――
たくさん書きましたが、てっとり早く簡単に面白くなる方法のどれか一つを選べと言われたら、エリアスがいることで起きる問題を活用する。
1章の間にエリアス側のストーリーをぶつけて進展させることでした。

長所。良かった点

個人的には4章からはわりと読めました。
クロエも可愛かったですし、情報が挿入されるタイミングも欲しい時に情報が書いてあって、見習わないといけないと気付かされる箇所もたくさんありました。

エリアス側のストーリーが何かというと、それがあれば、全体像が今より見えてきます。
クロエは書けています。可愛いですし、読者がまた会いたくなるだろう素質や、作者様の愛を感じます。
クロエが別角度から活躍していく姿が欲しい。
クロエとアリエスの絡みももっと同時に見たい。
そういったこと――。
もっと読みたいなと思わせてくる、魅力の詰まった作品でした。

良かった要素

ストーリー キャラクター

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評の返信 (No: 17)

スレ主 みりん : 0 No: 15の返信

投稿日時:

>tさん

コメントありがとうございます!
フォローもしていただけたので嬉しかったです。

>1つ目
1話の前半部分は、他の方からも不評でした。
書き込み不足という指摘と、例まで書いていただけたので、
書き直す際の参考になりました。
ありがとうございます!

ファンタジー要素の不足に関しては……
しょっぱな飛ばし過ぎてますが、基本的に魔法を使うと異端として処刑される世界
ですから、ほいほい魔法使えないんですよね……。
2章なんて魔法一切なしですし。

>2つ目
1話から12話を通して、ストーリーが薄まっていく問題。
これに関しては、第1章にあたる部分が、まるっと本筋からすれば些細な出来事だからです。
最初に書いたプロットからすると、第1章は4行程で終わっています。
それがどうしてこうなったんだ……て感じですが。
筆の赴くままに任せていたらこんなに伸びてしまいました。
正直言うとアニメの1話くらいのつもりでかるーく書こうと思ってたはずなんですけど。
あれも書きたいこれもいるだろうとやっているうちにこんなことに。
プロットの段階で、これは一言で書いてるけど伸びる話なのか、プロット通りでそのまま書ける話なのか、
っていう判断がまだ出来ないようで、私の課題です。

エリアス側のストーリー(王位継承関係)は、3章でようやく出て来る予定です。
あと、死体の確認をしない殺し屋は三流というご指摘は……気づきませんでした!
そうですよね。書き足す時に何か考えます。

>3つ目
エリアスの馬車の残骸は、魔法使いになんとかさせます。
クロエがエリアスを背負って走ってますが、これは力持ちになる魔法を使ってるので
結構それなりに遠い距離で出会ったことになっています。ううん。伝わってませんかー。

あと、エリアスの分のごはんをどうするか問題。
クロエは野菜を自給自足しているんですが、やっぱりそれだけじゃ無理ですよね。
まあ、エリアスは体調が悪くてあまり食べれないとしてもやっぱり不自然ですね……。
いまのところ、どこに書き足せばいいかわからないです。

>クロエの声の問題
ええと、クロエの家は村の一番外れの、森との境目で、他の民家とは少し離れたところにあるつもりでした。
なので、隣の家に音漏れして……みたいな心配はないつもりでした。
これもちゃんと伝わるように書けてなかったみたいですね。

>総評から
エリアスのストーリーを冒頭に書いたのは、失敗だったかもしれませんね。
1章の最期に持ってくることにします。
王位継承問題に興味を持ってくれた人をかなり待たせることになりますし、
1章とは直接関係ありませんものね。
エリアスが庶子の王子だということが冒頭でわからなくなると、
エリアスってどんなやつか全然わからないままクロエは拾うし助けるしで、
リュカの意見「こんな名前もわからないやつ助ける必要ない」も説得力増すと思いますので。
ただ、リュカ人気が高くなりすぎてしまうんじゃないかとちょっと心配ですけど……。
とりあえず応急処置という感じで、根本的な解決になっていないので、
次回作を作るときには意識して取り組みたいと思います。

勉強になりました!
もうすぐでお盆休みなので、なんとかしたいと思います!

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評 (No: 16)

投稿者 t : 0 No: 1の返信

投稿日時:

no(=_=;) 誤字でござる。

御者さんがアリエスに暴言を吐いたり。
正しくは、エリアスでした。

個人的には4章からはわりと読めました。
正しくは、4話からでした。

良かった要素

ストーリー

ライトノベル作法研究所管理人うっぴー /運営スタッフ:小説家・瀬川コウ:大手出版社編集者Y - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン

プロ作家、編集者にアドバイスしてもらえる!勉強会で腕を高めあえる!小説で飯を食べていきたい人のための創作コミュニティ。学生には交通費1000円を支給。

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評 (No: 18)

投稿者 t : 1 No: 1の返信

投稿日時:

こんにちは

>>エリアスのストーリーを冒頭に書いたのは、失敗だったかもしれませんね。
クロエとリュカのポワポワした感じが続くと考えると、作者にとっては書きやすいのですが、スケールダウンしているのが気になります。
失敗するのは悪くないんです。発想は間違っていなかった。
今よりも読者を選びそうな気がするので。
私としては冒頭に書くのは正解だったと思います。
冒頭最後の気絶するシーンでエリアスが読者を煽ることができていれば、とりあえずもう少し読んでみようと普通はなります。

>>ファンタジー要素の不足に関しては……しょっぱな飛ばし過ぎてますが、基本的に魔法を使うと異端として処刑される世界

ここが少しもったいなくて、ファンタジー要素はもっと何でもアリでいいんです。

例えば専門用語の薬草を主人公が、ただ調合しているだけなのに、ファンタジー感がでる。

例えば山では夜になると。
蛍(異世界の名称)が現れて、魔女がいると近寄ってくる。
クロエは蛍を操りながら足元を照らして歩いていく、とか。
ちょっとしたことでもファンタジー感がでる。

例えば山に魔獣が住んでいたとします。
エリアスは子供の頃に母から一度だけ聞いた話を思い出していた。
禁断の森を目指して馬車を走らせる。魔獣が住む禁断の森へ入ってしまえば、追っての魔法使いが万が一にも諦めてくれると思ったからだ。
(色々あって→)馬車が破壊された。
我先にと逃げていった御者は、魔力を感知して集まってきた、茂みの奥にいる魔獣の群れに食われてしまった。
魔法使いの呪文に呼応するかのように、限界に達した魔獣達が一斉に魔法使いに襲いかかると、その隙にエリアスは逃げ出した。
エリアスの目論見通り魔法使いは自滅したが、思ったよりも自身が受けた傷が深い。
しばらくしてエリアスは途中で力尽きる、そして水たまりに倒れ込んだ。

現代人から見た普通の山じゃなくて、ファンタジーなので何でもありだと思うんです。
未知の鉱物が地表に顔を出していて、それが夜になると青白く光るとか。
魔女だけに見える何か、とか。
例えば魔女のローブは万能で――、とか。
手笛を使えば使い魔の狼が寄ってくるとか。

かゆいところに手が届けばといった感じです。
楽しんで書くことが一番です!
応援しています(*´ω`*)

良かった要素

ストーリー

異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋の批評の返信 (No: 19)

スレ主 みりん : 0 No: 18の返信

投稿日時:

>tさん

再度のコメントありがとうございます^^

第1章がほのぼの?し過ぎてて退屈なんでしょうね
エリアスが暗殺者に狙われるシーンでは、結局「死にたくねえ」くらいしか思ってないので、
あんまり煽ることもできないし、、。
あ、0話プロローグとして多少加筆修正したバージョンUPしてます、、。

しかも、第3章でエリアスがクロエの前から消えるんですけど、
いろいろ考えた結果エリアス視点を書くのをやめたので、
エリアス側のストーリーは5章になるまで分からんということになりまして、、
なんか物語の構造的にダメダメやなって気づいたんですけど、、
まあ、ドンマイです。。。

あとファンタジー要素の不足については、、
この話ファンタジーおまけなんですよね。
なんならなくても良いくらいで汗汗
異世界恋愛のメインターゲットの人はそこまでファンタジー要素にこだわらないと思いたいんですけど、
異端の魔女ってタイトルに書いてるので、そういう需要が生まれてしまったんだなと
なんか納得しました。
一応、魔女だから呪いが解けるっていうのがポイントではあるんですけどね。
なんなら医者でもストーリー上問題ないし、、
そこも失敗だったなーと思いました。
ルミエールもほとんど活躍しないし、、。
プロットの段階でそういう仕様なので、いまさらどうしようもないんですけど、、
次回ファンタジー考えるときは、もっと意識します!

ありがとうございました!

小説投稿先URL

https://ncode.syosetu.com/n2449ex/
(別タブが開きます) この小説を批評する!

他の批評依頼

▼おすすめ小説!

海賊の話(仮)

投稿者 s.s 返信数 : 14

投稿日時:

新人賞に応募用の海賊ストーリーの第一章が完成しましたので、こちらにてご批評賜りたく投稿させていただきます。 粗が多いとは思いますが... 続きを読む >>

たのもー!(ボコボコにしてください)

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://estar.jp/novels/25701603

走る少年大開戦~精神、発達障害者の小学生、魔法決戦に巻き込まれる、肉体及びスキルを魔王と共有

投稿者 元々島の人 返信数 : 2

投稿日時:

発達障害の小学生が魔法使いの戦いに巻き込まれて戦う事になり、激しい戦いの中主人公の秘密が明かされます。 続きを読む >>

欠点の指摘歓迎!

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://ncode.syosetu.com/n3144fj/

▼おすすめ小説!

オカルト探偵(さぎし)、今日も騙る(完結版・初稿)

投稿者 大野知人 返信数 : 23

投稿日時:

 お久しぶりです。大野です。  以前批評を依頼した作品を短編連作として仕上げて持って参りました。GA文庫大賞に応募するつもりで書い... 続きを読む >>

たのもー!(ボコボコにしてください)

小説投稿先URL(別タブが開きます)
https://kakuyomu.jp/shared_drafts/5xsRpMnFZTGVg4m0mOdv8CrJGxUkVFPN

ライトノベル作法研究所管理人うっぴー /運営スタッフ:小説家・瀬川コウ:大手出版社編集者Y - エンタメノベルラボ - DMM オンラインサロン

プロ作家、編集者にアドバイスしてもらえる!勉強会で腕を高めあえる!小説で飯を食べていきたい人のための創作コミュニティ。学生には交通費1000円を支給。

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:異端の魔女クロエ・リゼルーの初恋 投稿者:みりん

要望:欠点の指摘歓迎!

伸びません。
理由を教えてください。
よろしくお願いします。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

口下手でも書ける感想ジェネレーター(協力元)

さんの小説を 話まで読ませていただきました。

特に が良くて、 ました!

欠点を申し上げれば、 ので、ここは改善された方が良いかと思います。

キャラクターは です!

文章は です!

次の話もとても楽しみです。応援しています!

コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

ノベル道場/小説の批評をし合おう!の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ