リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

深緑第3話 全4話で完結

深緑の第3話

作者 あおとら 得点 : 3 投稿日時:


「……今、なにを思った?」
「えーと。40年前に消えた列車が、この列車だったらどうしよう……」
「あるわけないって」
 紫鏡の言葉を笑い飛ばしたが、文月は車窓に近づいた。
 景色がいつもと明らかに違っていた。そして、疑問はもう一つ。
「なあ? もしその推測が正しかったとしたら、俺たちは一体どこへ行くんだ?」
「よ、40年前?」
「………………」
 沈黙していると、急に列車のスピードが落ち始める。二人は顔を見合わせ、列車の扉へと近づいた。
「どいてくれ、どいてくれ」
 その後ろから、妙に古めいた衣装を着た、恰幅の良い男性が走ってくる。
「あ、あの!」
「文月、やめようよ? 知らない人に声をかけるのは」
 紫鏡に静止されるが、文月は男性に再び声をかける。男性は髭をいじりなら、振り返った。
「おやおや、珍しい。見慣れぬ子供が、この列車に乗り込んでおるよ」
「……あの。この列車はなんなんですか?」
「知らぬで乗ったのか? この列車は時間の狭間を行き来する、時間列車。行きたい時間に連れて行ってくれる、特別な列車だ」
「行きたい時間?」
 それなら一つだ。僕は自分の生きてきた時間に帰りたい。
「僕は、自分が今までいた時間、2018年に帰りたいです。どうすればいいですか?」
「簡単なことよ。ただ強く念じればいい。念じれば、そのときに戻れるさ。しかし……」
 男は片目をつぶって、苦笑した。
「後ろの女の子は、それを望まぬかもしれぬな」
「は?」
「おや、それも気づいていないのか。その子は、君とは違う時を生きる少女だ。そうだろう? 紫鏡?」
「なにを言って。それに、なんで、紫鏡の名前を知って……」
 男の言葉に驚き、文月は紫鏡を振り返る。
「紫鏡?」
「あーあ……バレっちゃった、か」
 紫鏡はどこか悲しそうに笑って、文月から一歩離れる。
「そうだよ? 私は40年前のこの列車に乗ってしまったの。それで時限の狭間に取り残されたと勘違いして、パニックになって車窓から飛び降りた。そうしたら、2017年の文月がいる時代に、来てしまったんだ」
「……冗談だろ」
「ここで冗談なんて言わないよ」
「だって、お前の両親に俺は会ったことあるし」
「両親はいい人たちで、困っている私を拾ってくれたんだ」
 たしかに紫鏡と会ったのは、1年前だ。ある日とつぜん、転校生として彼女はやってきた。
 しかし、だからといってそんな話……
「信じられないよ」
「信じなくてもいい。私は、40年前に帰る」
 紫鏡はにっこりと笑った。
「ねえ、文月? いっしょに行こう?」

この物語の目次へ

他の小説の第1話

ホワイトルーム

作者 労働会議 総得点 : 3

投稿日時:

 気が付くと、そこは真っ白い部屋である。
「ここどこ?」
 私は懸命に周囲を見渡すが、はるか地平線まで真っ白である。空間感覚がマヒしそうだ。目の前にこれまた真っ白い小さな発券機がある。ボタンが一つあるだけで説明書きも何もない。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,597 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

もしも貴方の元に可愛い吸血鬼が訪れたなら…

作者 曙改2 総得点 : 1

投稿日時:

そう、今日もまた一日が始まろうとしていた、俺は学校ではいじめられっ子で、親も早くに失った、今はバイトを掛け持ちしてなんとか一人暮らし、そんなつまらない俺の人生に一筋の光が差し込もうとしていた…
(アラームの音が聞こえる…)
(はぁ... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 881 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

首無し姉妹

作者 粘膜王女三世 総得点 : 11

投稿日時:

 カブトムシという生き物は、死んだ後何もしなくても首が胴体から勝手に外れてしまう。それはというのは、首と胴体を繋いでいるゼラチン状の物質が死後に壊れてしまうからなのだけれど、当時の幼い私はそれを知らなかった。だから、朝目を覚ました時飼... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,745 投稿数 : 2 全話数 : 5話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

深緑の『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ