リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

学校で上履きを履かない靴下生活への憧れ

作者 ロミオ 得点 : 2 投稿日時:


私は地方都市の進学校に通う高2の圭子。
同じクラスの琴子さんを見てドキドキしている。
琴子さんは高2の最初からずっと上履きを履いていないのだ。
高1の時の琴子さんはずっと上履きを履いていたのに。
琴子さんの足元は高2の最初から靴下のまま。
踝の少しだけ上までの短い白のスクールソックス。
私は琴子さんの靴下の足元が気になって仕方がない。
ある日私は思い切って琴子さんに尋ねてみた。
「琴子さん2年の最初からずっと上履きを履いていないよね。
上履きはどうしたの?」
「上履きを履くの、やめたの。思い切って靴下にしたの。
中3の時からそうしたいと思っていたけど、なかなか出来なかったの。
高2の最初の日に恥ずかしいけど思い切って靴下にしたの」
そうだったんだ・・・。
琴子さんの靴下姿を見て私自身もそうなりたいと憧れるようになった。

続く
この物語の目次へ

作者コメント

特に無し。

追加設定(キャラクターなど)

圭子・・・主人公。高校2年。
琴子・・・クラスメート。高校2年。

他の小説の第1話

あなたの、本当に、欲しいもの。

作者 家節アヲイ 総得点 : 8

投稿日時:

 二択。

 行くか行かないか、食べるか食べないか、右か左か。
 人生において直面する、シンプルで、もっとも悩みやすい問題。

 大抵は、取るに足らないような二択をぼんやりと選択することが多いけれど、シンプルだからこそ、重要... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,042 投稿数 : 4 全話数 : 5話完結

冬晴れの冬休み

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「あっ、空ってこんなに青かったんだ」
冬休みも後半。茨城(人)は滑り落ちた日本海から砂丘を見上げた。
この倭の国造り。功を焦り過ぎたのか。出雲の大国主神と言われてはいても。
「いばらぎ~あんた!正月から海なんて何処のサーファー?... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 326 投稿数 : 3 全話数 : 3話完結

通い後輩を独り占めしたい

作者 羊色 総得点 : 0

投稿日時:

俺は今日は余裕もって起きることができた。
いつもはギリギリにしか起きれないのだがとある理由から朝早く起きると決めた。
それは「あっ先輩おはようございます。」そうこの後輩、栗原悠二(16歳男性)のおかげだ。
悠二は今日からわざわざ... 続きを読む >>

文字数 : 555 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

学校で上履きを履かない靴下生活への憧れの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ