リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

深緑第4話 全4話で完結

最終話・深緑の第4話

作者 丸鶴りん 得点 : 1 投稿日時:


「――ごめん」
 絞り出すように、文月は言った。
「部活とか、将来のこととか、2018年でやり残したことがいっぱいあるからな。俺はそっちには行けない」
「――そっか。そうだよね、ごめんね。無理言って」
 紫鏡の目から大粒の涙が一粒こぼれた。
「おい、何泣いてんだよ……」
 文月は面食らう。
「うん……今だから言うけど……。私、実はちょっと文月に惚れてたんだよね」
「おいおい、こんな時に冗談はよせよ」
「冗談じゃない。本気だよ」
 紫鏡は真っ直ぐに文月を見据える。
「――私、諦めないから。40年後に、必ず文月を見つけるから。だから――」
 紫鏡の声が、途中から小さくなる。
「え?」
 聞き返そうとした次の瞬間。文月は夕暮れのホームに立っていた。
 駅のホームにあるポストの、某宗教団体の新聞を手に取り、日付だけ確認する。紫鏡と一緒に、三時間後の電車に思いを馳せていた、文月にとってはつい今朝の日付だった。夕方になっていたのは、『できれば戻っても暑い中電車を待ちたくないな』という少しの邪念が入ったからか。
「しきょーさん?」
 駅のホームに向かって呼びかけてみても、もちろん返事はない。
 文月ははぁ、と、深く長い溜息をついた。

「――えっ?」
 『自宅』の前で文月は目を丸くした。一戸建てとはいえど、小さな小さな家だったはずの我が家が、テレビで取材されているような豪邸に変貌していた。念のため表札を確認したが、表札の文字は紛れもない『三国』。この辺りでは珍しい苗字なので、間違いようもないだろう。
「おじゃましまーす……?」
 自宅のはずなのに何故かそんな挨拶をしながら、文月は帰宅する。
「あら、文月! 遅かったじゃない!」
 自分を出迎えた母親は、紛れもなく自分の母親だったのだが、なにやら高級そうなドレスを着ていて、これまた高級なエステにでも通っているのかだいぶ若返っていた。
「えーと、お母さん。うちってこんな豪邸だったっけ……?」
「何言ってるのよ。お父さんに素晴らしい経営アドバイザーがついたおかげで、うちの事業は昔っから軌道に乗りっぱなしじゃない」
「経営アドバイザー」
「それにしても、バブル崩壊もリーマンショックもまるで知ってたかみたいに回避しちゃうし。まるで未来が見えてるみたいな人よね」
「未来が見えてる」
 嫌な予感をもたらす言葉を文月は復唱する。
「そういえば、今日は一緒にお夕飯を食べる約束よね。なんでも、文月との秘密の記念日なんですって。ねえ、何の記念日なのか、お母さんにも教えてくれて、いいんじゃない?」
 嫌な予感が最高潮に達したとき、文月の背後でインターホンが鳴った。まだ鍵はかけていないので、そのままドアが開く。
「あ、文月! 久しぶり! って言っても、そっちとしてはさっき別れたばかりだっけ? いやー、文月のコトが好きだって信じてもらえるように、あれから私、超頑張っちゃった!」
「お、ま、え、は! 頑張りすぎだー!!」
 文月は振り返りざま、白髪交じりのポニーテールにチョップを決めた。

他の小説の第1話

謎の呪文ブリムーチョと謎の大地ブリフガルド

作者 ロミオ 総得点 : 0

投稿日時:

舞台は現代日本。

生涯の中で20回だけ、耐えられないウザい奴やイヤな奴が居る場合に、
(そいつが概ね加害者の場合に有効である)
(そいつが概ね被害者の場合は無効である)
祈りつつ「ブリムーチョ」と唱えると、
そいつを一瞬... 続きを読む >>

文字数 : 503 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

ソドム市警察殺人課

作者 とおせんぼ係 総得点 : 6

投稿日時:

 古今の怪物、モンスター、伝説的殺人鬼が住むこの平和なソドム・シティに30年ぶりの殺人事件が起こった。
 勤続三十年の吸血鬼の刑事、銀福栄は、夜半に一報を受けてすぐに現場に向かった。そこは町外れのマルコス=オズ=フランの丘の斜面... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 2,987 投稿数 : 3 全話数 : 4話完結

一番愛している我が娘よ。

作者 元関駿 総得点 : 0

投稿日時:

俺は今選択を迫られている。大きな選択だ。これで今後俺の教育方針の、この俺が準備した人生設計を大きく修正しなければならないだろう。この俺が中学生の頃から構想し心理学の洗脳技術を集約して計画した洗脳実験が壊れてしまう程の選択だ。
「お父... 続きを読む >>

文字数 : 2,467 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ