リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

314の死と再生

作者 不二才 得点 : 1 投稿日時:


「お兄ちゃん! 起きれる? もうとっくに朝だよ! お兄ちゃん!」

妹の声。明の声だ。
いつもの自分のベッド、春休みだからと惰眠を貪る朝。俺にとってありふれた平穏な日常。
しかし、今朝は格別に長く眠っていた気がする。もしかしたらかなり寝坊して妹達に迷惑をかけたかもしれない。
ちょっとばつが悪い気がするが、妹相手に別段悪びれることもなく、俺はゆっくり上半身を起こしつつ目を開けて一つ年下の可愛い妹に挨拶する。
「おはよう。明……」
俺は見馴れたはずの妹の顔を見て、まるで魅力的な異性と鉢合わせたかのようにドキッとした。
贔屓目に見なくとも美少女と言える妹の明の化粧っ気のない顔。それが妙に大人びて、こんなに美人だったのかと困惑するくらい鮮烈に視覚刺激となり、俺はついまじまじ見つめてしまう。
そして、明もまた戸惑いは表情をして俺と顔を見合わせると、恐る恐るという感じで問いかけてきた。
「お……お兄ちゃんだよね? 元のお兄ちゃんに戻ったんだよね……?」
「も……元のって何だよ? 俺は別にどうもしてないぞ?」
俺の返答を否定して、明はぶんぶんと首を横に振る。
「どうかしてたよ! この3年、お兄ちゃんはまるでロボットみたいに喜怒哀楽が無くて『はい』『いいえ』しか喋らなくなってたんだから!」
「えっ……?」
そんな馬鹿な。
3年って何だよ?
でも、少し涙ぐんだ目で俺を見つめ肩を震わせている明の表情は真剣そのものだ。
それに明は顔立ちが大人びて見えるだけでなく、ボブカットだった髪がセミロングになってるし、体つきも大人っぽくトレーナーを着た胸の膨らみは大きく成長しかなり巨乳になって見える。
まさかマジで3年も経過したのか?
「えっと……、今日は何年何月何日で……俺は何年生かな?」
「2018年の3月14日。お兄ちゃんは聖ヨハネ高校2年生で、私は聖ヨハネ高校1年生。朋は東村山中学3年生だよ」
「マジか……」

俺の一番最近の記憶では、俺は東村山中学2年で明は1年。確かに聖ヨハネ高校を第一志望として受験勉強してたけど、かなり勝算低めだったし、何より3年生の記憶や試験を受けた記憶が無い。
それなのに、俺の部屋の壁に掛かっているのは紛れもなく聖ヨハネ高校の男子の制服だし、そこにあった筈の中学のの制服は無い。妹の明と朋の性格からしてもわざわざ聖ヨハネ高校の制服なんか持ってきて俺を騙すとは思えない。
これが現実だとしたら俺は3年間も別の人格だったのか?
俺の一番最近の記憶。眠る前の記憶を思い出してみよう。
3月、春休みだというのは今と一致する。それに、14日 ホワイトデー。あの日、俺は……。

思い出した。
あの日、まず99%義理だと思いつつも、バレンタインにチョコレートをくれたクラスメイトの芙蓉寺魅姫を「大事な話がある」って呼び出して告白ーー

ーー玉砕したんだった。
この物語の目次へ

作者コメント

スマホも小説も初心者です。超遅筆です。お手柔らかに。

追加設定(キャラクターなど)

田中田輝(たなかだ てる)
主人公の少年 高校2年生

田中田明(たなかだ あき)
輝の妹 高校1年生

田中田朋(たなかだ とも)
輝の妹 中学3年生

田中田陽介(たなかだ ようすけ)
輝の父 私立大学教授

田中田月乃(たなかだ つきの)
輝の母 陽介の助手

芙蓉寺魅姫(ふようじ みき)
輝の初恋の相手 元クラスメイト

他の小説の第1話

待ち望んでいたモテ期がきたんだがくるの遅くね?

作者 犬神 菱 総得点 : 1

投稿日時:

俺は輝牙春希(きが はるき)普通の高校生だ。
だが今は違う、そう来たんだ。
やっと、この時が来た。待ち望んでいたんだ!俺の人生の中でおそらく大事なイベント10に入るくらいに。
その名は、モテ期。
だけど、気のせいだろう... 続きを読む >>

文字数 : 1,541 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

異世界帰りの中指勇者

作者 星宮 薟 総得点 : 1

投稿日時:

異世界ガルガドア アラド王国歴29年 夏 西東暗黒大陸『ソンファ』魔国の魔王城

「なぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだなぜだぁぁ──────ッ!?たかが人間ひとりにこの私がぁぁ!!」

二本あった角の片方を折られ、左腕を無く... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,992 投稿数 : 2 全話数 : 5話完結

他人の男を盗った事は無いし他人の物を盗った事も無い~風評被害についての駄文~

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「聞いてみようか?泥棒したん?って」心なしか少し嬉しそうだ。どうやらこの国の人々にとっては《泥棒》と言うワードはとんでもなく心に響くらしい。
「お母さんが500円とったん?」お年玉の使い込み?そんなの判るわけないじゃない。そんな風評... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 345 投稿数 : 11 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

314の死と再生の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ