俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

赤潮や月が生まれし物語

作者 卓鐘  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

そんな物語ないけど😁

最新の添削

「赤潮や月が生まれし物語」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは
これは佳句ですね。
秋沙美さん、イサクさん同様に「し」が引っかかりました。
ほぼほぼイサクさんと同じなのですが、助詞一つだけ違っています。

◆赤潮や月の生まれる物語

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「赤潮や月が生まれし物語」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます!

御句。月が生まれた物語、どんな物語なんだろう、モノではなくコトの感じなので、赤潮が目の前にあるイメージは頭に浮かぶのですが、それ以外を浮かべにくく。満ち引きとか関係あるのかなあ。
月が生まれた、という言葉は好きです。
イサクさんの最近の名句にも
月の生まれた日、という新月の表現がありました、好きな措辞です😆

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

赤潮や月産む神の物語

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

一読、惹かれました。月が生まれた物語は聞いた事無いのですが、実際にそんな童話がありそう。
実際の所、隕石でえぐられた地球の一部が月になったらしいですが…。

土砂降りや台風の翌日に発生する赤潮は、まさに神が怒った結果のような。隕石も見方によっては神の怒りです。
神が怒り月が生まれた日、赤潮も発生したのかもしれない。そんな事を思いました。

「生まれし」が若干気になりました。なぜ気になったのかは上手く言語化出来ません。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「赤潮や月が生まれし物語」の批評

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

句を読みまして、最初はすぐに[赤潮と月が関わりがある?そんな伝説聞いた事ないぞ。]と感じました。
そして[赤潮が理由で月が生まれたの?いや、月は地球とほぼ同時期に生まれたから赤潮は関係ない]と自分は理系なもんですから理屈ばかり考えてしまいました。
秋沙美さんの中七下五は同じように考えまして、[上五+や]の形で自分なら潮の満ち引きが激しくもある[春潮や]。あと季節は違いますが[初汐や]と考えました。
少し前に句を投句しましたのでコメントお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

「赤潮や月が生まれし物語」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

言い切りとしてはこれでいいのだと思います。
もう少し推敲すると名句になりそうな気もしますが、クサイだけになりそうな雰囲気もあります。

秋沙美様の違和感「生まれし」。
推測だけ書いておきます。
下五「物語」なので、「月が過去に生まれた物語」ではなく「月が生まれるその瞬間の物語」だからではないかな・・・と勝手に思ってます。
(たとえば桃太郎は「鬼退治した物語」ではなく「鬼退治する物語」)

・赤潮や月が生まれる物語

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「赤潮や月が生まれし物語」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます
季語白シャツを生かしきれてなかったです。
動作の方に目が行ってましたし
明日もまたは
嫁さんも私もネガティブな明日もまたですが(笑)
提案句は爽やかで
頑張ろうと言う気持ちになる
素晴らしい句ですね。
またご指導よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「赤潮や月が生まれし物語」の批評

回答者 しゅうこう

句の評価:
★★★★★

卓鐘さま

いつも有難うございます!

ご提案句の感じ、私が読みたかった景色です!(笑)
もう少し想像力を働かせて言葉を選べるようになれればいいな~とご指摘頂きながら思いました。勉強します!(笑)

御句、赤潮と月を結び付けてしまうのですね!何とも壮大で色々想像してしまいます。そんな童話がありそうです(^^*)

点数: 1

添削のお礼として、しゅうこうさんの俳句の感想を書いてください >>

「赤潮や月が生まれし物語」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。卓鐘様、いつもお世話になってます。
拙句「柳」にコメント有難うございました。ご提案句含め納得です!

御句拝読しました。これはファンタジー句でしょうかね。赤潮と月。最初はよくわかりませんでした。
赤潮は慣れている方には理由のつく自然現象でしょうけど、私のようなモノを知らない者にはまるで馴染みのない、それこそ異常現象です。
そのようなことに出くわしたなら、私は、これは何かとんでもないことが起こる兆候では?などと身震いするかもしれません。
何度か読んでいるうちに、そうした感情と「月が生まれる物語」は響き合うものがあるなと思うようになりました。

ただ、皆さんおっしゃっているように、「生まれし物語」にはちょっと違和感が。その違和感の理由をイサクさんは上手く解説なさっていますね。
私としては、ここはどう頑張っても、「生まれ」を使うとなかなか違和感が解消出来ないような気がしまして、次のようにしてみました。

・赤潮や月の誕生物語

しかしこれって、見た目コンパクトになり過ぎ?それは問題ではないですか?

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「赤潮や月が生まれし物語」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

 こんにちは。拙句「坂道を~」への丁寧なコメントありがとうございます。返信コメが遅くなってしまい大変失礼しました。作りっぱなしで自分の句を省みることもない人間なので卓鐘さんの解釈を読んで勉強になりました。
 御句を拝読し、「月が生れし物語」にJ・PホーガンのSF小説「星を継ぐもの」を思い出しました。月と潮の満ち引きの近さはあるかもしれませんが、「赤潮」は血を連想させますので、月の誕生にも人類(地球人とは限りません)の流した血の歴史があるのだという解釈をさせて頂きました。 あれ、違いましたか・・・?
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「赤潮や月が生まれし物語」の批評

回答者 山田蚯蚓

句の評価:
★★★★★

赤潮を検索してみて中七下五と似合っているなと思いました。自分には出てこないスケールの大きな句ですね。

コメント下さりありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、山田蚯蚓さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

青き春全て愛すは駄目なのか

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

かくれ家や子燕背伸び親を待つ

作者名 やす 回答数 : 0

投稿日時:

木蓮を汚さぬやうにひこつかす

作者名 エイジちゃん 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『赤潮や月が生まれし物語』 作者: 卓鐘
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ