俳句添削道場(投句と批評)

つちや郷里さんの添削投稿の古い順の95ページ目

「たぶんだが行く春もはや帰らない」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: たぶんだが行く春もはや帰らない

こま爺さんこんにちは。
梔子の句へのコメントありがとうございました。

御句
上五に「たぶんだが」という言葉を置くのは面白いですね。
坪内稔典の「多分だが磯巾着は義理堅い」から取られた感じですかね。
私も作ってみます。

・『たぶんだが行く春の後追えるかも』

またよろしくお願いします。

点数: 1

「暑き日や未だ冷たき沢ならむ」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 暑き日や未だ冷たき沢ならむ

あらちゃんさんこんにちは。
梔子の句へのコメントありがとうございました。

御句
語順を変えて『暑き日や沢は未だに冷たからむ』としてもいいと思います。
あと、これはどちらでもいいんですが「暑き日を」とすれば、「暑い日という空間を」という意味にできます。

またよろしくお願いします。

点数: 0

「行く春や水車をまわす水ぬるむ」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 行く春や水車をまわす水ぬるむ

竜子さんこんにちは。
梔子の句へのコメントありがとうございます。

御句
他の方のコメントの通り季重なりです。
安曇野の水車をイメージしたとのことなので、句意からは外れますが入れてみます。

 ・『安曇野の水車ゆるやか春行けり』

またよろしくお願いします。

点数: 1

「行く春へ玉子二つを落としけり」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 行く春へ玉子二つを落としけり

かぬまっこさんこんにちは。
飛行機雲の句へのコメントありがとうございました。

御句
行く春と目玉焼きの取り合わせは面白いと思いました。
ただ、単に「落とす」だと、床に落としたのかなと誤解してしまいそうだと思ったので、こういうのはどうでしょう。
・『行く春へ玉子二つを割り落とす』

またよろしくお願いします。

点数: 0

「ボサノバを流す金曜更衣」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: ボサノバを流す金曜更衣

慈雨さんこんにちは。
飛行機雲の句へのコメントありがとうございました。
季語「ソーダ水」はいいですね。季語の提案ありがとうございます。

御句
「ボサノバ」「金曜」「更衣」の三つが良いバランスで取り合わせてあると思います。
「流す」という言葉に少々野暮な印象があるので、ちょっと変えてみました。
・『金曜のボサノバ楽し更衣』
・『金曜のボサノバ弾む更衣』

またよろしくお願いします。

点数: 2

つちや郷里さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

ご立派な蜘蛛の巣軽く引きちぎる

回答数 : 8

投稿日時:

交差する飛行機雲や夏の夕

回答数 : 8

投稿日時:

梔子や遺書なく死せし祖父の部屋

回答数 : 7

投稿日時:

夏浅し手帖は駄句で埋まりけり

回答数 : 5

投稿日時:

猫の背にハートの柄や初夏の風

回答数 : 8

投稿日時:

つちや郷里さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

歳重ね見慣れた光景お正月

作者名 肥川 稔 回答数 : 3

投稿日時:

遠雷の止みてほどなく鳥歌う

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

街中の日傘カラフル泳ぎ行く

作者名 04422 回答数 : 4

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ