俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

猫の背にハートの柄や初夏の風

作者 つちや郷里  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句生活兼題「花見」が発表されましたが、地選にはあの方のお名前が!
おめでとうございます!

この句はまあ、、、そのままです(笑)

最新の添削

「猫の背にハートの柄や初夏の風」の批評

回答者 こま爺

こんばんは。

面白い句ですね。愛猫家の胸がキュンとしそうですね。

ハートの柄は具体的ですが、ちょと言ってしまってる感が。こんなのはどうですか。
"猫の背のハートを追いて初夏の風
追いてはダメかな。

今後ともよろしく。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「猫の背にハートの柄や初夏の風」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

つちや郷里様おはようございます。
可愛らしい猫ちゃんの姿が浮かびますね。
語順を変えてみました。

初夏の風猫の背の柄ハートなり

よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「猫の背にハートの柄や初夏の風」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

つちや郷里さま、こんばんは。お世話になります。
「地」は流石でしたね。つちや様も「人」入選おめでとうございます!花見と一人の赤子という取り合わせ、とても勉強になります。
 
御句、かわいく爽やかな光景でほっこりしました。日常のちょっとしたシーンが詩的な句になっていて素敵です。

一点、的外れなコメントかもしれませんが、「◯◯の◯◯」という措辞が三つ連なっていて、三段切れではないにせよ少し焦点が散漫になる印象を受けました。
「柄」は無くても通じるような。

・猫の背に揺るるハートや初夏の風
・初夏の風猫の背中をハートとす(風でハートの柄になったわけじゃないか、、)
動詞を入れない方がいいでしょうかね…失礼しました。

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

「猫の背にハートの柄や初夏の風」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

おはようございます、お世話になります。
御句ですが、猫の模様が何かに見える事ありますね!可愛いです❤
慈雨さんと同じく、僭越ながら、柄を描写したらどうかと思いました、

・猫の背のハートくっきり夏の空
・猫の背のハートくっきり聖五月
・猫の背のハートくっきり五月かな

夏の雲では近すぎるかと思いました、ハートから聖五月を想像しましたが…
上手くありませんが、よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「猫の背にハートの柄や初夏の風」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

今晩は、再訪です。
俳句生活、人選のコメントありがとうございます🙇
つちやさんにコメントせず、ごめんなさい(つちやさんには当たり前だと思ったもので😓)

家計簿の拙句、つい 、のが使い安くて2つ続いても…と思っていましたが
中七のけりもありなんですね!
なんか句が締まりますね、勉強になりました。
御句、あれからまた考えまして…
かってに季語を変えてしまってすみません、初夏の風も爽やかでいいと思いました。
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「猫の背にハートの柄や初夏の風」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

つちや郷里様 おはようございます。
お世話なります。
散歩に行く公園の野良猫は真っ黒で首のところが白くなって可愛いですよ。
御句の猫ちゃんもハートマークなんて素敵ですね。
勉強にために詠んでみました。
猫の背のハートマークや初夏の風
上手くありませんでした。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「猫の背にハートの柄や初夏の風」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

つちや郷里さん、こんにちは。
御句拝読しました。ずっと気になっていましたが、コメント遅くなり、すみませんでした。
可愛らしい句ですね。三毛猫なのでミケ、トラ柄なのでトラなどは定番で、脚のところだけ白くてタビちゃんというのはありますが、ハート柄だと何という名前なのでしょうかね。楽しいですねー。

御句、もしかしたら「柄」を説明のようだと取られるかもしれないと思い、いっそ、

・猫の背に大きなハート初夏の風

などもありかと思いました。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

かきくけこコンクリートの落ちた柿

作者名 鳥越暁 回答数 : 9

投稿日時:

人間を抜ける素粒子蕗の薹

作者名 感じ 回答数 : 5

投稿日時:

新樹見る今までの感謝とお詫び

作者名 優子 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『猫の背にハートの柄や初夏の風』 作者: つちや郷里
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ