俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

たぶんだが行く春もはや帰らない

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「たぶんだが」はぱくりです。
なにもかもがだれも知らない方向に行っているよう。

最新の添削

「たぶんだが行く春もはや帰らない」の批評

回答者 イサク

おはようございます。

名句の一部を借りる練習はナシではないですね。コメントは難しくなりますが(笑)

元句が「多分だが磯巾着は義理堅い/坪内稔典」だとしたら、稔典さんは自分なりの推測である「磯巾着は義理堅い」を「多分だが」と言い表しました。

この句が習作であるとしたら、
1.同じように「自分の推測(発見)」を「たぶんだが」と表す
2.元句とは全く別の「たぶんだが」が合う形を見つける
ということになると思います。で、2はハードルが高いですしそもそも上五を同じ形にする必要があるかどうか?

御句、「季節は一度通り過ぎたら戻らない」は俳句の世界では当たり前の話。その当たり前を仰々しく自分の発見のように語っているのがポイントなのだと思いますが、「たぶんだが」「行く春」に託せる心情を、さらに「もはや」「帰らない」と心情的な言葉を増やしているのが気になりました。

・たぶんだが行く春いつも戻らない
・たぶんだが夏来る前に春が行く

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「たぶんだが行く春もはや帰らない」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

こんばんは、お世話になります。
ぱくりとのこと、元は「多分だが磯巾着は義理堅い」でしょうか。
でも「たぶんだが」面白いと思います!「かもしれぬ」に続くシリーズとなる予感が(笑)。

面白いとは思いつつ、季語『行く春』に「春が終わってしまう(≒もう帰ってこない)」というニュアンスが含まれているのではないでしょうか。
そうすると「もはや帰らない」が、季語の説明とまでは言いませんが、少しそれに近い印象を受けました。

コメントを参考に
・たぶんだが行く春すべて連れてった
・行く春はたぶんすべてを飲み込んで
とか考えてみました。
うーん、イマイチかな…副題が観念的な措辞ので、季語は映像のあるものにした方が良いような気もしてきました。。
失礼しました。またよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

「たぶんだが行く春もはや帰らない」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 おはようございます。
お世話になります。
拙句の栗の花のコメントありがとうございます。
褒めていただき励みになります。
御句
なにか寂しい句ですね。
まだまだ頑張りましょう。
句意がかわりますが、
たぶんだが行く春もはやすぎさるか
たぶんだが行く春はまた帰り来る
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「たぶんだが行く春もはや帰らない」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 おはようございます。
お世話になります。
拙句のため池のコメントありがとうございます。
語順を変えるのもいいですね。
春行けりは目新しいですね。
ありがとうございます。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「たぶんだが行く春もはや帰らない」の批評

回答者 もんこ

句の評価:
★★★★★

こま爺さま
いつもありがとうございます。
節句へのコメントで、『夏蝶ならではの感動』についてよく考えたいと思います。
添削頂いた句ですが、
・彩りを見守るように夏の蝶

美しい色彩を見守る夏の蝶ということでしょうか?

未熟な私には理解できませんでした。(でも分かりたいです)

御句
『たぶんだが』の措辞、面白いです!このような口語の句、チャレンジしたいと思いました。

行く春→過ぎ去る時間
寂しいけど戻りませんよね。
すみません提案が浮かびませんでした。
また宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

「たぶんだが行く春もはや帰らない」の批評

回答者 シゲ

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
いつもご指導ありがとうございます。勉強になります。
なにせ拙いですがお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、シゲさんの俳句の感想を書いてください >>

「たぶんだが行く春もはや帰らない」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

こま爺さんこんにちは。
梔子の句へのコメントありがとうございました。

御句
上五に「たぶんだが」という言葉を置くのは面白いですね。
坪内稔典の「多分だが磯巾着は義理堅い」から取られた感じですかね。
私も作ってみます。

・『たぶんだが行く春の後追えるかも』

またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

「たぶんだが行く春もはや帰らない」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様  こんばんは
お世話になります。
拙句の水車のコメントありがとうございます。
ご提案の水車の温くなりはどういう事なのかちょっとわかりかねました。
ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春セーターこころも財布も軽くなり

作者名 染井吉野 回答数 : 3

投稿日時:

色鳥やイソップの本選ぶ午後

作者名 南風の記憶 回答数 : 5

投稿日時:

陽炎の中を歩みてエトランゼ

作者名 山口雀昭 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『たぶんだが行く春もはや帰らない』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ