リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

深緑第2話 全4話で完結

深緑の第2話

作者 讃岐たぬき 得点 : 3 投稿日時:


「へー、中は意外と古いんだ。こんな電車、乗ったことないよ」
 開いた片扉をくぐると、紫鏡がぐるり車内を見回して言った。
 深緑の、ベルベットのような生地に覆われた座席、黒ずんだ板目の木が並んだ床に、燻ったような金属の手すり。
「ってか、入って大丈夫だったのか、これ」
 翡翠色の見慣れぬ電車の入線。この炎天下、いつも通りの次発を待つのもはばかられるということで、紫鏡の提案にふたつ返事で乗った文月ではあったのだが。
「だってあの駅に停まるんだよ? わたしたちの行先の駅にだって、絶対停まるって」
「それもそうだな」

 2人は並んで、横長の席の真ん中あたりに腰かける。目線の先に広がるのは、青々とした田んぼに快晴の空と、山々の向こうに盛り重ねられた雲が少しだけ。
 いつも通りの風景なのだが、この妙に古びた車両の縁取りを通すと、変に懐かしさがこみあげてくるような気が文月にはした。
「ねえ文月。 変だけどさ……何か、ノスタルジック、みたいな感じだね」
「俺も、そんな気がしてる」
「おんなじ田舎なのに、なんかいつもと違うから。こんな電車も、悪くないね」
「たまには、な。……ん?」
 文月は、ポケットの感触に気付く。ホームで襲い掛かってきて、丸めたまま捨てる場所のなかった新聞紙。
 当然、車内にも捨てる場所はない。手持ち無沙汰のまま広げてみると、紫鏡も視線を外から、文月の両手の間へと移した。
「……何だ、これ」
「えっ?」
 新聞紙に書かれた記事。それは2人が乗った最寄り駅の手前で、2両編成の電車が失踪したという内容。
 写真として載っている同型車両は、色こそ違うが、形状はこの電車によく似ている。
 その新聞の日付は、ちょうど今から40年前だった。
この物語の目次へ

他の小説の第1話

~東方二次創作~吸血鬼と人間の夏

作者 曙改2 総得点 : 1

投稿日時:

~プロローグ~

8月の上旬、あれは暑い暑いある日の事、俺は学校終わりにアイスを買って家に帰っていた。
学校終わりにアイスを買うのは日常になっている、家について椅子に腰掛けて特に今までとかわりない生活だった、
そう、このあと、... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 956 投稿数 : 6 全話数 : 10話完結

もしも今日世界が滅亡するとしたら

作者 リー 総得点 : 8

投稿日時:

1話世界が終わる日の朝

2017年10月10日その日は突然とやってきた。朝起きていつものように学校の準備をしながらテレビを
見て居ると、いきなり番組が緊急ニュースへと移り変わった。
(緊急ニュースをお伝えします。
今日、巨... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 487 投稿数 : 5 全話数 : 5話完結

魔王様はお困りです

作者 通り猫 総得点 : 6

投稿日時:

ここは魔王城。暗雲立ち込める魔界を統べる王の居城にして魔界を支える柱とも言うべき存在だ。魔界の空に浮かぶ浮島に堂々と建っていた。空に常時走る稲妻に負けぬくらい大きなため息がその謁見の間に響く。
音の主は魔王。かれこれ千年は魔界を... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,394 投稿数 : 3 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

深緑の第3話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ