リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

深緑第3話 全4話で完結

深緑の第3話

作者 あすく 得点 : 0 投稿日時:


「40年前の電車、か……」
「おかしいね、文月」
「あぁ、おかしいな」
二人は、揃って後ろを向いた。そこに立つ存在に、視線を向ける。
「ホゥ、良く気付いたナ……」
それは、車窓からの光を反射して、深銀に輝く滑らかな人型であった。それは、壊れたラジオのような、妙にノイズの混ざる言葉を発して、二人に呼び掛けて来たのであった。
「不自然な点はいくつもあるさ」
「そうそう。まず前提からして、この電車は40年前には存在していないよ」
「偶然、と言ウ訳では無さそうダな」
「当たり前でしょ」
紫鏡が目を細める。
「そうだ。何故なら……」
隣で、文月の姿が薄らいで行く。
「俺達が、お前を誘き出す罠を張っていたんだからな!」
叫ぶと同時である。文月の姿が完全に消えた。光の屈折率を瞬間的に変化させる。それは遥か遠く、一万年未来より持参した、科学時空警察官、三国文月の持つ専用装備の効果である。
「何ダと!?」
列車の車両を丸ごと用意して人間を餌食とする白銀の襲撃者も、驚愕して叫ぶ。しかして、それはどちらへと向けられたものであったか。
「ブーストクロック、オーバーワーカー!」
こちらは紫鏡。彼女の両手と両足は瞬時に外れ、機械機構が剥き出しとなる。その断面より、高熱のレーザーが放たれた。
「くっ、ダがこの身ニ光学武器は効果を持タヌわ!」
襲撃者の外皮に弾かれるレーザー。伊達に鏡面のごとき体表ではないようであった。
「むぅん!」
そこへ、光学迷彩で近付いた文月が、至近距離から正拳を突き込んだ。
襲撃者は派手に吹き飛ぶが、その後に何事も無かったかのように着地する。
「タフだな」
「ちょっとどいて、文月。ミサイル飛ばすから」
「ミサイルダト?」
「いや、それより火炎放射の方が良い。車両ごと焼いてしまおうぜ」
「火炎放射? ごめーん、装備から外しちゃったよ」
「おい、バーベキューはどうすんだよ、このポンコツサイボーグ!」
突然始まる痴話喧嘩。襲撃者はそれを見て決意する。この瞬間より、襲撃者から逃走者へ転職することを。
「お前タチ、何者カは知ラぬが、我では勝てヌことダケは理解シた……」
そして、その力で具現化させていた電車を、分解しにかかる。
「お、良いのか? 俺達に有利な条件になるぞ?」
文月は軽い調子で言う。そう、襲撃者は失念していた。今、この車両は、高速で線路上を移動している、ということを。すなわち。
「パージ!」
襲撃者が車両を分解した瞬間、文月は沿線の木に飛び付き、紫鏡はバーニアを吹かして推力を発生させる。しかし、どちらもしなかった襲撃者は、電車の持っていた運動エネルギーを慣性として、そのまま受け取った。つまり。
「ぐわぁぁぁぁぁぁーーー!」
襲撃者はドップラー効果で次第に低くなる悲鳴を残して、彼方へとすっ飛んで行った。
「アホだな」
「ホントに」
後には、顔を見合わせて呆れる二人の科学時空警察官が残されたのであった。

作者コメント

なんだろう、コレ……

追加設定(キャラクターなど)

謎……

他の小説の第1話

永久樹の魔女

作者 あすく 総得点 : 1

投稿日時:

 それは、永久樹とわぎと呼ばれていた。
 ある者は天地創生より生える大樹と呼び、ある者は異なる世界へ通じる架け橋と呼んだ。
 しかして、その正体はいまだ不明。わかっているのは、永久樹が膨大なエネルギーを内部に循環させているとい... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 4,425 投稿数 : 2 全話数 : 4話完結

314の死と再生

作者 不二才 総得点 : 1

投稿日時:

「お兄ちゃん! 起きれる? もうとっくに朝だよ! お兄ちゃん!」

妹の声。明の声だ。
いつもの自分のベッド、春休みだからと惰眠を貪る朝。俺にとってありふれた平穏な日常。
しかし、今朝は格別に長く眠っていた気がする... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,266 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

プリズンチルドレン

作者 たろー 総得点 : 1

投稿日時:

「死ねやおらぁ!」
 わたしことミキはゆっくんに殴りかかった。
 ゆっくんは悲鳴を上げながらも実に楽しそうに逃げ回る。それにわたしが追随し駆け回るため、わたし達ひまわり組の部屋は凄惨な有様だ。こうきくんが半年かけて組み上げたレゴの... 続きを読む >>

文字数 : 2,138 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

深緑の『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ