リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

深緑第3話 全4話で完結

深緑の第3話

作者 丸鶴りん 得点 : 2 投稿日時:


「電車が失踪?」
 単線のこの路線で、そんなことが起こるのだろうか。横を走っている道路を使って車で運ぶにしても、さすがに電車の車両はトラックには乗らないだろう。
「ちょっと、こんなの大事件じゃない!」
「確かに、本当だとしたら大事件だけど、聞いたことないぜ。そんなの」
 文月は首を傾げる。いわゆるJターン就職でこの町にやってきた両親をもつ紫鏡とは違い、文月の家系は曾祖父の代からこの辺りに住んでいる。それなのに、一度もそんな話を聞いたことはなかった。
「そもそも四十年前の古新聞がその辺に転がってるかなぁ。図書館でだって保管してるか怪しいだろ」
 その時、けたたましい足音が聞こえた。二人が乗ったのは一両目、足音は二両目のほうだ。
「なんだなんだ!?」
 文月が驚いて車両同士を繋ぐドアを見やると、そこから古めかしいワンピースを着た少女が飛び込んできた。何かに追われているような、切羽詰まった表情に、文月は息を呑む。
「誰か、誰か助け――!?」
 少女と文月たちの目が合い。そして。
「カットカット!」
 という声が飛び込んできた。
「あちゃー、君たち、どこから乗ってきたの?」
 一瞬にして素の表情に戻った少女が首を傾げる。その様子でようやく合点が行った。
「もしかして何かの撮影ですか?」
 紫鏡が目を輝かせて、女優と思しき少女に尋ねる。
「ええ。ホラー映画のね。撮影のために特別電車まで用意したのに……君たちのせいで予定が狂っちゃった」
 言っている内容とは裏腹に、女優はこの状況をちょっと楽しんでいるように見えた。
 なるほど、撮影なら納得だ。あらかた、この新聞も撮影の小道具だったのを捨てたのだろう。文月がそう思ってよく文面を確認すると、『車両』と書くべきところが一カ所『斜陽』と誤植されていた。これが原因か。
「そんなこと言っている場合じゃないよ! どうしてくれるんだ。この特別車両の撮影は一回こっきりなのに!」
 二両目からやってきたカメラマンが悲鳴を上げる。映像の時代感を出すためなのか、だいぶ旧い型のカメラを肩に担いでいた。
「降りてもらうわけにも行かないよね……」
 女優が肩をすくめた。この猛暑の中を、途中から線路を歩いて次の駅までなんて、冗談じゃない。
「あ、そうだ」
 女優がいたずらっぽく笑った。
「お化け役の衣装。確か予備があったよね。二人ぐらい増やした方が、映像に迫力が出るんじゃないかな」
「えっ、それって私たちが映画に出ていいってことですか?」
「調子に乗らない。向こうだって妥協案で言ってくれてるんだぞ」
 喜んで飛び跳ねる紫鏡に、文月がチョップを食らわせる。
「いいのいいの。恐縮してるお化けなんてお化けらしくないからね。それぐらいのテンションでやってくれた方が助かるわ」
 女優はにこやかに紫鏡と握手した。

 突然やってきた初心者の二人がいるということで、だいぶオマケしてもらったこともあったが、撮影は滞りなく終わった。
 次の駅で降ろしてもらった二人に、女優は自分の名前と映画のタイトルを告げる。
「玄部和子さん主演、幽霊列車だって。絶対に見に行かないとね」
 と、紫鏡は文月に笑った。

他の小説の第1話

Megaptera stratosfera

作者 三文山而 総得点 : 5

投稿日時:

その世界は、空の上に“歌”が流れていた。
その歌は、雪よりも静かにゆっくりと、それでも確実に地上まで降りてきた。
地上では、運が良ければ“それ”が歌いながら空の向こうを漂うように飛ぶのが見えた。
“それ”を兵士たちが見つけてしま... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 1,076 投稿数 : 3 全話数 : 4話完結

窓を開けたい第6限

作者 しとるんご 総得点 : 0

投稿日時:

外で、桜が舞っている。
高校に入学してから一週間が経った。
中高一貫校だから、友達の心配はない。
今日も相変わらず瑞稀と話している。
「高校の制服、やっぱ可愛いよね」
「中学の制服とは全然違うや」
談笑して、休み時間が終わ... 続きを読む >>

文字数 : 400 投稿数 : 1 全話数 : 5話完結

幻燈街の飴売り

作者 フレデリカ 総得点 : 9

投稿日時:

 街の大通りの隅を、大きな籠とビラの束を持って一人の少女が歩いている。春の穏やかな陽光が人々に降り注ぐ中、彼女はひなたに出るのを躊躇しているようだった。脚はガタガタ震え、指を強く握りしめている。
 しかしそれでは仕事にならないと、少... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 440 投稿数 : 4 全話数 : 6話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

深緑の『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ