リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

深緑第3話 全4話で完結

深緑の第3話

作者 讃岐たぬき 得点 : 2 投稿日時:


「やっ、ヤバくないか、この電車!」
「待ってよ、その記事、他に何か書いてないの?」
 勢い余って文月が手放した新聞を、床に落ちる間際、紫鏡が掴む。
「他に、誰かいないのか……」
 今いるのは後方の車両。車掌室には誰もいないが、この田舎では、元より電車はワンマン運転が常。前側を覗くと、運転室には幕が降ろされているようだ。
 それでも詳しく確かめようと、文月は前方の車両へと向かうが、その不安を煽るかのように、電車は隣駅には停まらず、通過してゆく。
「そもそも、ここはいつなんだ?」
 車外の様子は変わらずのどかな夏の日中だが、それが現代なのか、はたまた40年前になってしまっているのか。判別できる風景も、この区間には無かった。
「君は……あなた、は?」
 隣の車両には、もう1人乗客がいた。深緑の座席の上で、膝に顔をうずめて、泣いているのだろうか。
 その艶めく長い黒髪を見て、自分たちより幼い少女かと思ったのだが、よく見れば、季節に不似合いな黒いサテン地の服装からは、少し年上のような雰囲気があった。
 呼びかけに気付いたのか、彼女は少しだけ顔を上げる。
「香山芽衣子さん、なの?」
 文月の後ろに、同じく車両を移動してきた紫鏡が立っていた。
「知ってんのか?」
「これこれ」
 ちゃんと最後まで読もう、と言わんばかりに、右手に持ったあの新聞紙をぱたぱたとはためかせた。
「……はい」
 芽衣子はまだ涙の伝う頬を上げ、2人に答えた。
「私はこの電車に乗っていた……ええ、もう分かってるんです。自分があの日に、死んでしまったということは」
「死んだ?」
 この異質な電車内で発された死という表現に、文月は否応なく寒気を感じる。
「記事には、乗客の香山さんに体調の異変って、運転手が無線を送った後に、電車が失踪したって……」
 紫鏡の声も、同じく震えていた。目の前にいるのは、40年前に電車内で命を落とした女性だというのだ。
「私は、逃げたかった。どうしても。結婚だって、まだしていなくて……それでずっとこの電車に、知らないお空を、ずっと走ってもらっていました」
 芽衣子は目を細めて、窓の外を眺めている。
「でも、もう終わりみたいですね。懐かしいこの故郷に、戻されてしまった。旅は、これでおしまいなんだって」
 少しだけ傾いた陽の光を受けながら、涙がまた一粒、こぼれた。

他の小説の第1話

私がアイツでアイツが私で

作者 なっしー 総得点 : 4

投稿日時:

ギャアギャア鳴き喚くカラスがうるさい。

勇者が目を覚ましたのは、異様なまでに大きくてふかふかしたベッドの上だった。立派な窓の向こうでは落雷が幾度となく光っている。薄暗闇を見渡せば、禍々しくも豪華な屋敷が広がっていた。
... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 363 投稿数 : 5 全話数 : 10話完結

桜咲くその日までさようなら

作者 ちひろ 総得点 : 2

投稿日時:

「えぇ、まずは皆さん卒業おめでとうございます────」

あぁ、もう終わりか。

何もなかった高校生活だった・・・・
友達とのカラオケや店巡り、友達なんて一人もいなかった。
恋をして告白したり、そもそも気になる女子もいな... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 754 投稿数 : 2 全話数 : 10話完結

終末少年ジャンプ

作者 玉子 総得点 : 8

投稿日時:

「ねえ君、この漫画の終わりってどうなると思うんだい?」

 俺が部室で漫画をパラ見してる時、先輩は突然そんな話題を振ってきた。
 面倒ながらも見やると、彼女が持っていたのは週刊誌。前に俺が買ってきて、適当に放り投げていたやつだ。... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 0 投稿数 : 4 全話数 : 6話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

深緑の『最終話』を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ