リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

君が私に教えてくれたら

作者 notebook 得点 : 1 投稿日時:


何で世界は、こんなにも真っ暗なのだろう。辛いことや悲しいことはずっと続くのに、楽しいことや嬉しいことは、すぐに去る。大切なものだっていつかはなくなる。でも、一生懸命毎日生きなくちゃ。だって私達は、この世に生まれたのだから。たくさんの物に囲まれて成長しているのだから。命を天からもらったのだから。

私の名前は、西野雨。あることがきっかけで、生きるのが辛くなった。小さな出来事かもしれないけど…

私は、田舎から栄えている都市に引っ越してきた。田舎では、誰とも関わらずのびのびと暮らしていた。しかし、今は、違う。都会という大きな世界で生きている。
ー私は、誰にも迷惑をかけたくない。だからいつも黙っている。なのに、あいつが近づいてきたから…何でクラス一の人気者が話しかけてくるの?あいつのせいで私が陰口を言われるようになった。女子の陰湿さも男子のデリカシーのなさも私は、嫌いだ。つまり、この世にいる人達みんな嫌いなのかもしれない。
「ねぇ、君って雨さんだよね?」
は?誰なのこいつ?よりによって何で私なんかに話しかけるの?
「そうだけど?あなたは?」
「俺は、中野大河。何でいつも話さないの?今日一緒に帰ろうよ!」
いやいや、何で、話したことのない人と一緒に帰らなければならないの?私は、そう思いながらも、
「あ、うん。」
と、答えてしまった。
それから、私の世界は、今よりもっと真っ暗になった。

作者コメント

適当に書きましたが、見てくださると嬉しいです。

追加設定(キャラクターなど)

西野雨は、中野大河のことを苦手に思っている。

他の小説の第1話

他人の男を盗った事は無いし他人の物を盗った事も無い~風評被害についての駄文~

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

「聞いてみようか?泥棒したん?って」心なしか少し嬉しそうだ。どうやらこの国の人々にとっては《泥棒》と言うワードはとんでもなく心に響くらしい。
「お母さんが500円とったん?」お年玉の使い込み?そんなの判るわけないじゃない。そんな風評... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 345 投稿数 : 11 全話数 : 10話完結

彼は____。

作者 酢飯 総得点 : 0

投稿日時:

カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

「まだやってんの?それ」
「それじゃない、趣味」
「そんなめんどくさい微調節が趣味なのか?」
「そうともいうし、違うといえば違う」
「じゃあどっちなんだよ…」
「うpし... 続きを読む >>

文字数 : 477 投稿数 : 1 全話数 : 9話完結

私っていらない子?

作者 ゆり 総得点 : 1

投稿日時:

「あなたはできない子ね!」
「わー!バカがうつる~」
そんな言葉が鋭い槍となって私を刺していく。
そんな私はもうボロボロの布のよう。
そう、私は誰からにも嫌われている、鈴木こころ。 
私は親にも嫌われて、クラスメイトからも嫌... 続きを読む >>

文字数 : 442 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

君が私に教えてくれたらの第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ