俳句添削道場(投句と批評)

お題『紫陽花』の俳句を作りませんか?(添削を依頼する)

添削依頼 更新順。添削・感想を書いた人の最新句が一番上に移動します。

不快なコメントを書かれたら?

コメント下に「この人をブロック」という赤いボタンがあります。このボタンを押すと、対象の人の書き込みがすべて表示されなくなりますので、ご活用ください。また管理者までご連絡ください。

この星の肌の匂いや梅雨に入る

作者名 シゲ 回答数 : 3

更新日時:

補助輪を外せし朝や糸とんぼ

作者名 慈雨 回答数 : 7

更新日時:

紫陽花の空き家守りて三年かな

作者名 中村あつこ 回答数 : 10

更新日時:

頭撫で手のひら見ると老い感じる

作者名 まっちゃーん 回答数 : 0

更新日時:

蠅集る命の跡を辿るやう

作者名 慈雨 回答数 : 14

更新日時:

憂いなき世を譲りたや子供の日

作者名 山口雀昭 回答数 : 3

更新日時:

靴空に星に届けと跣の子

作者名 気まぐれ亭いるか 回答数 : 14

更新日時:

蟻の列地球へ伸びる導火線

作者名 気まぐれ亭いるか 回答数 : 8

更新日時:

春の夜や女子バレー服ケツ素晴らし

作者名 おいちょ 回答数 : 0

更新日時:

名前書く馬鈴薯チップ指舐めて

作者名 おいちょ 回答数 : 0

更新日時:

未添削の俳句 添削をお願いします!

隠れる僕ストーカーの火に焼かれぬ

作者名 おいちょ

投稿日時:

鳴り響く携帯電話霧の海

作者名 鳥田政宗

投稿日時:

酷暑病塩で対応水分も

作者名 おいちょ

投稿日時:

最新の添削 良い添削だと感じたら「いいね!」ボタンを押してください

「天空へ向く紫陽花を裏返す」の批評

回答者 めでかや

添削した俳句: 天空へ向く紫陽花を裏返す

松健さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

以前より知っていただいていたこと、私が虫が好きなこと
蜘蛛の句を覚えていただいていたこと、大変光栄に思います。
ひょっとしたら知っている方だったりして(笑)

今、気が付いたことがひとつ。
私は昆虫の中でイトトンボが一番好きだったのかも知れません。
なので、慈雨さんの素敵な句にはコメントしたくなったのかな。

イトトンボ、いいですよね、いや個人の感想です。
ペニープレーンのような軽い体に七色に輝く羽根。
実は、空中を自由自在に飛ぶことができる優れた飛行能力を
持っているのですよ(^_-)-☆。

そして松健さんの提案も、私と感性が近いようで共感できました。
また、気に入った句ができたら、たまには投句もしたいと思いますので
その時はまたよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「知らぬこと知らぬと言わぬ夏の木偶」の批評

回答者 こま爺

添削した俳句: 知らぬこと知らぬと言わぬ夏の木偶

こんばんは。

おっしゃる通りです。

しかし、もっと厄介で奇々怪々な問題があるのもご存知のはずです。自分が無知であることに気付かないこと、こちらのほうがはるかに厄介なのかもしれません。
"知らぬこと気付かぬことの夏の木偶

よろしく。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「遠雷や麺大鍋に茹でてをり」の批評

回答者 なおじい

添削した俳句: 遠雷や麺大鍋に茹でてをり

竜子さん、こんにちは。
御句拝読しました。
これはなかなかいいですねー。遠雷がゴロゴロと聞こえる。気になることは気になるが、気にするほどでもない。
それより今は、大鍋いっぱいに茹でているお蕎麦が大切。

中七ですが、次のような語順もありかと思いました。

・遠雷や大鍋に麺茹でてをり

また、御句から発想をいただき、次のようなのが浮かびました。

・空爆のニュースに蕎麦を茹でてをり

ああっ、季語がない!引っ込めます!

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧2ページ目(最新の順)

添削依頼をする!(投句)

現在のお題『紫陽花』または自由。

コメントは3000文字以内に収めてください。
添削通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ