俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

終着の駅に始まる登山かな

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「滝の音」にはたくさんのコメント、提案句をお寄せいただき、とても勉強になりました。まとめてで恐縮ですがお礼申し上げます。
さて本句は、佐渡さんの松本の句からヒントをいただきました(有難うございます)。
ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「終着の駅に始まる登山かな」の批評

回答者 やす

なおじい様
いつもお世話になっています。
拙句「ミシン」昨日は「磯料理」の添削をして下さりありがとうございました。
「ミシンの足」「生きて」どちらの言葉も最後まで悩んでいました。

実家には縁側に足踏みミシンが当然のように置いてあったのですが、たしかに若い方には全く分からないですよね(笑)そもそもミシンに足があることも…
ご提案句ありがとうございました。

「終着の駅」の御句、私とても気に入っているんです。
この度主人が還暦を迎えたので
その状況にピッタリだと感動してしまいました。なおじい様の句を餞にする訳にはいかないので(笑)私も何か主人に餞の句を詠めないかと頭を捻っているところです…がなかなか詠めません💦

これからもご指導下さると嬉しいです。
お礼のみで失礼します。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、やすさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「終着の駅に始まる登山かな」の批評

回答者 もんこ

句の評価:
★★★★★

なおじいさん
いつもありがとうございます。

カフェランチへのコメントは確かにその通りです。

いつもそうですが、自分だけがわかっている光景を、人も同じく見てくれるだろうと、甘いんですよね^^;

誰のだろう?忘れ物かな?などと思いながらランチをしている、というコメントがツボに入ってしまい、今もニヤニヤしてます。

・カフェの席隣に置きし夏帽子

添削ありがとうございます。
ヒントになりました。

・カフェの席連れは隣の夏帽子
これでもう一度投句してみようかな?

またよろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

「終着の駅に始まる登山かな」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

今晩は。

松本からローカル線で終着駅まで、それが明け方だったのは私の昔の思い出でと重なります。終着駅と登山という二つの事柄が、何か人の生き様のひとこまを示唆しているようでもあります。

今後ともよろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「終着の駅に始まる登山かな」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

なおじい様
御句、何となく奥村チヨさんの、終着駅が頭に流れてしまいました。意味が全く違ってしまいますね💦失礼致しました。それから獅子座の添削ありがとうございます。まあー😳私となおじい様は恋人同士という事でしょうか、恐縮です

点数: 2

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

「終着の駅に始まる登山かな」の批評

回答者 もんこ

句の評価:
★★★★★

なおじいさん
こちらの句、なるほど!
終わりがあって始まることがある。
終わらないと始まらないこともある。

深い感じがします!

点数: 1

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

「終着の駅に始まる登山かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます💫

御句。登山といえば、なおじいさん。めちゃいい句ですね。
新聞俳壇でいただかれてる句ではないですか?人生観まで滲み出ています。

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「終着の駅に始まる登山かな」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんばんは。ご心配いただいたギックリ背中もお陰様で今日はだいぶ楽になりました。明日からまた仕事に行きます。どうもありがとうございました。
角川俳句の6月号のN先生の題詠が「始」だったので数年ぶりに出してみたのですが、たぶん駄目でしょう。なおじいさんのこの句でしたら入選確実ではないかと思いました。残念ながら締め切りは過ぎていますが・・・。
人生訓的な句としても読めますが、押しつけがましいところが皆無で、とても好感を持てるし、明るい前向きな心がにじみ出ています。
大変勉強になりました。次回も期待しています。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「終着の駅に始まる登山かな」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

なおじい様

いつもご指導有難うございます。
御句、人生訓として読ませて頂きました。
一山越えるとまた新たな山が
終着がまた始まりです。
少し休みたいなぁ〜なんて😅
命のある限り繰り返しなのかとも思いますが…
実は永遠、次の世にも繋がるのかとか最近感じたり🤔
目に見えない恩恵を受けたりすると…
元気に歩める御句です。

感想までですが
また、どうぞよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「終着の駅に始まる登山かな」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

今晩は、いつもありがとうございます。
告白の句へのコメント…閃いた!って思ったんですが😅
いつまでももう一つの詰めがあまいんですね、
滝の前で、声が聞こえないは類想なんですね~具体性ですね!
提案句は具体的で素敵です✴
ア、イ、シ、テ、ルのサイン…🎵
ドリカムでしたっけ?思い出しました。
御句ですが、他の方と同じく深い意味を感じ、何か人生を思わせるような…60代が終わったら70代が初まり…その内まさかが(私はもう来ていますが😓)来て…転生輪廻って言ったら大げさかも知れませんが、身にしみました。
いつかはなおじいさんを唸らせるような句が出来たらいいな~
またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

「終着の駅に始まる登山かな」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、おはようございます。
最近は皆様の句を拝見してもどれが良くてどれが悪いのか分からなくなってきました。
以前は合っているか否かは別にして、自分なりに出来ていたのですが。
そんな中で御句、良いと思いました。
終着と始めるの対比。さらに登山と言うのがこれまた良し。

私事ですが、来年1月に定年を迎え、その後は雇用延長となる予定です。
終着からの始まり、なんか被りましてねぇ。
当然仕事の内容も変わると思いますが、新たな頂きを目標に頑張って
活きたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「終着の駅に始まる登山かな」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんにちは😐
いつもコメントありがとうございます。

提案句、気に入りました。「登山ゆえ」の下五も、良い感じと思いました。

御句、どこですかね…箱根…?松本電鉄…?
バックパックした人々の姿が目に浮かびますね😉
アウトドアの営みが、なおじいさんらしいですね。

また、宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

軒下に捨て置かれなお君子蘭

作者名 土屋 羊子 回答数 : 2

投稿日時:

しばらくは夕日に映えて酔芙蓉

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

彷徨えば御神木あり吊忍

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『終着の駅に始まる登山かな』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ