俳句添削道場(投句と批評)
久田しげきさんのランク: 師匠282段 合計点: 965

久田しげきさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

新緑や中州に降りし鷺の群れ

回答数 : 0

投稿日時:

くろがねの鵜の置物や夏座敷

回答数 : 0

投稿日時:

竿納む若葉時雨を浴びながら

回答数 : 0

投稿日時:

三歳児浮輪を腕に泳ぎけり

回答数 : 0

投稿日時:

さりげなく画集を広げ端居かな

回答数 : 1

投稿日時:

久田しげきさんの添削

「眼前をあふるる海や初鰹」の批評

添削した俳句: 眼前をあふるる海や初鰹

「あふるる海」は無理かと思います。「あふるる海の水」なら理解できますが。

点数: 1

「春の海セウォル号沈没事件」の批評

添削した俳句: 春の海セウォル号沈没事件

三段切れを避けリズムを配慮したい。

点数: 0

「糸柳風誘われて寄る蕎麦屋」の批評

添削した俳句: 糸柳風誘われて寄る蕎麦屋

助詞がほしいと思います。「糸柳風に誘はれ蕎麦屋へと」

点数: 1

「薔薇散りて正午の鐘の鳴りにけり」の批評

添削した俳句: 薔薇散りて正午の鐘の鳴りにけり

気怠さの雰囲気を感じます。
「ばら散るや正午の鐘の遠くより」

点数: 0

久田しげきさんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ