俳句添削道場(投句と批評)
久田しげきさんのランク: 師匠325段 合計点: 1,093

久田しげきさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

石投げて波紋はいくつ秋日和

回答数 : 1

投稿日時:

墨磨るや庭の蜩たえまなく

回答数 : 0

投稿日時:

鯊釣りや竿一本の孫とゆく

回答数 : 1

投稿日時:

ハ方を睨みし龍や堂冷ゆる

回答数 : 1

投稿日時:

腰蓑を干され鵜匠の朝の庭

回答数 : 0

投稿日時:

久田しげきさんの添削

「秋の夜夫の胸にそっと耳あて」の批評

添削した俳句: 秋の夜夫の胸にそっと耳あて

十七音を守りたい。

指摘事項: 字余り

点数: 0

「マンションの通路側置くコスモス」の批評

添削した俳句: マンションの通路側置くコスモス

文章に無理があります。

指摘事項: 字足らず

点数: 0

「録画した大河をみるる秋の午後」の批評

添削した俳句: 録画した大河をみるる秋の午後

「みるる」はどんな活用ですか。

点数: 0

「雲月や虚空見つめて迷い筆」の批評

添削した俳句: 雲月や虚空見つめて迷い筆

「曇る名月」や「月の雲」は知られていますが、「雲月」は季語としての認識はありません。文語なら「迷い」は「迷ひ」です。

指摘事項: 無季俳句

点数: 1

久田しげきさんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ