俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ハイボール重ねて月の輝けり

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。前句「わが身上」にはたくさんのコメント有難うございました。決して辛い境遇を詠んだわけではなく、「花野は何も知らない」と恨んでるわけではないのですが、そのように受け止めた方もいらしたようなのは私の未熟さゆえです。

本句は、「酔うほどに…」という句意ですが、ご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「ハイボール重ねて月の輝けり」の批評

回答者 コウ

なおじい様

いつも添削有難うございます。
確かになおじい様のご指摘通り自分でも
何か?ちょっと…? と思いました。
助詞使いがおかしいのですよね。
いつも勉強になります。

御句拝読させて頂きました。
しみじみと良い句ですねー
実は明日は休みで、まさにハイボールを呑みながらゆったり月を眺めております。
今日の月の輝きもパワーあります。

また、宜しくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ハイボール重ねて月の輝けり」の批評

回答者 郁爺(蟹組)

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございました
皆様からいつでも戻ってきて下さいと
温かいお言葉を頂いてましたので助かりました。離れたから分かる
こちらの道場のありがたさや勉強になる場所である事。一から出直します。
よろしくお願いします。

点数: 3

添削のお礼として、郁爺(蟹組)さんの俳句の感想を書いてください >>

「ハイボール重ねて月の輝けり」の批評

回答者 しゅうこう

句の評価:
★★★★★

なおじい様

なるほど…確かに「水」「爆」と言う漢字が続くと不穏な印象を持たれかねないですね。「爆ぜる水」だと説明臭がしたので「水 爆ぜり」にしたのですが、ひらがな表記にしても良かったのかも知れないです。気付きを有難うございます!

御句、ハイボールを美味しく飲み進め気付くと月も美しく輝いていた、そんな景色が浮かびました。ただ何度か読み返してみると「重ねて~輝けり」に妙な違和感が…それが何なのか上手く言葉に出来なかったのですが、イサクさんの添削「重ねるほどに月光る」の方が時間の経過が明確に伝わってくるなと。前者は「重ねたから輝いた」みたいな、説明っぽいのかしら…?
みたいな事を勉強させて頂きました(^^*)

点数: 2

添削のお礼として、しゅうこうさんの俳句の感想を書いてください >>

ハイボール重ねて揺らぐ月明り

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございました

まずは本句へのコメント返しから
一番気になるのは「けり」でしょうか
個人的には若干文字合わせ感をかんじてしまいました
#あくまで個人的にです

飲まれているときの句なので過去の助動詞ではないとすると詠嘆かと思いますが
飲酒を重ねて月の美しさを詠嘆するにしては若干野暮ったくもある気がしなくもないですし、、、

渡弘道 さんの下五のように月明りで締めるのも良いと思いました
 ・ハイボール重ねてXXX月明り
また「重ねて」に「飲酒を」と「ジョッキを月に」とのダブルミーニングであれば「揺らぐ」とかもありかな、とおもいました

最後に前句でご質問いただきました「名月仰ぎやる銘酒」のやるの件につきましては
「遣る」をあてて「~する」と「一杯やる」とに二重にかけてたりします
#もちろん前者は日本語として無理があるのでご指摘ごもっともですが、、、、汗
なのであえて分けるとすると「名月仰ぎ」「やる銘酒」と考えていました

なかなか微妙な点を説明するのもアレですので
不明点は不明点としてコメントいただいて大丈夫です!
お気遣いありがとうございました!!

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「ハイボール重ねて月の輝けり」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「月の輝けり」という表現はたしかに気になるところですね・・・
これ切れ字の「けり」ではありません。
助動詞「り」。過去(継続・完了)です。

句意としては時間経過を表したいのかどうなのか?コメントに「酔うほどに」とあるので、表したいと思うのですが。
なので、補足として副詞を入れたり、そもそも「り」を外したり、というところですかね・・・

・ハイボール重ねなほ月輝けり
・ハイボール重ねるほどに月光る

月だから「輝く」という説明は要らない、という議論もあるはずですが、ここでは触れません。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「ハイボール重ねて月の輝けり」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんばんは🙂
拙句へのコメント有り難うございました。
"軽妙"と言われると、嬉しいです😉

ハイボールとは…(笑)、まだまだお若いですね😉
この句、わたしは「月の」ではなく、「月は」としたく、感じました。
「ハイボール重ねて月は耀けり」
どうですかね…

また宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「ハイボール重ねて月の輝けり」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、こんばんは。拙句「木登りの~」へのご意見ありがとうございました。作者の視点を過去に持って行って現在のことのように詠んでみたのですが、二通りの鑑賞をしていただき嬉しく思います。

御句拝読しました。酔うほどに~の句意だと現在進行形の気がしますので、イサクさんの二句目、「重ねるほどに~」がよいと思います。句自体からはハイボールを飲み過ぎてしまった帰り道のようにも受け取れます。ですが本句は僕も勉強になる一句でした。またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「ハイボール重ねて月の輝けり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも温かいコメントありがとうございます。

御句。この虚のつながりみたいなのは私の好物です。
ハイボールが増えたから月が輝きを増すわけではないのに、そこを詠み込むところが俳句らしい。
「り」は少し気になります。重ねたので「輝いている」の存続よりは、私なら完了を使います。最近長谷さんも余所でよく使ってるのを見て虚の句勉強になってます。

ハイボール重ねて月の輝きぬ
ハイボール重ねれば月輝きぬ

そして、イサクさんの2句目がいいですね。秀逸な添削でした。

今日は大阪の句会ライブに行ってきました。生の夏井先生とお話できて、お前がげばげばかーと言われて、興奮冷めやらずです。たのしかったです😊😊

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「ハイボール重ねて月の輝けり」の批評

回答者 鷹司晶子

句の評価:
★★★★★

輝ける月のしずくのハイボール

なおじいさん。これが私の感覚です。まったくのど素人がイメージだけで作りました。皆様の理路整然とした、意見は、わかりません、ただ、ムーンライトソナタが、聴こえてきたのです。

点数: 1

添削のお礼として、鷹司晶子さんの俳句の感想を書いてください >>

「ハイボール重ねて月の輝けり」の批評

回答者 鷹司晶子

句の評価:
★★★★★

なおじいさん、イサクさんとの件、読まれたのですね。
もちろん、先輩は、リスペクトしていますし、感謝もしています。
じつは、投稿しおわった後、もう、居場所なくなるのかな?と思って、後悔していました。
私は、大人に、なりきれていないところがあります。
やっかいな性格です。
傲慢です。一人よがりです。
季語、勉強します。
ただ、これ、何年もやってたら、ネタ切れに、なるんじゃないかと。それじゃ、つまらないと。
はい、グダグダいいません。
先輩に、はむかうような、生意気言って、申し訳ありませんでした。
しっかり、基礎、身につけます。イサク様、イサク様のご厚意に、反するようなこと、言って、本当に申し訳ございませんでした。
私は、ゼロから、出直します。

なおじいさんにも、御迷惑ご心配おかけしたこと、心より、お詫び申し上げます。

鷹司晶子

点数: 1

添削のお礼として、鷹司晶子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

こいつ多分わるいイソギンチャクじゃない

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 2

投稿日時:

白き木よ白き月夜に星冱ゆる

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

落花落花万民の目に容赦なく

作者名 長谷機械児 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ハイボール重ねて月の輝けり』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ