俳句添削道場(投句と批評)
森本可南さんのランク: 師匠31段 合計点: 212

森本可南さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

神の名をサラッと言う娘宝船

回答数 : 2

投稿日時:

節分やお願いしたい炭治郎

回答数 : 6

投稿日時:

神の名を覚えられない宝船

回答数 : 0

投稿日時:

節分や息に平手をくらわせる

回答数 : 3

投稿日時:

節分や歳の数食べ消化不良

回答数 : 4

投稿日時:

森本可南さんの添削

「鬼は外逃げるオバちゃん豹の柄」の批評

添削した俳句: 鬼は外逃げるオバちゃん豹の柄

すみません。めでかやさん。
自分の句に熱くなって、めでかやさんの批評、書かずに書き込みしてしまいました。

ヒョウ柄のおばちゃん、関西人ですね。(笑)おばちゃんが逃げ回ってると、いうことですね。関西人のおばちゃんを舐めるなと、私なら、思います。
あの方たち、めっちゃ強いです。ということで共感は、できませんが、面白い句では、あると思います。ハイテンションわかります。私もハイテンション(笑)

オバはんの豆撒力は豹でっせ

点数: 0

「鬼は外逃げるオバちゃん豹の柄」の批評

添削した俳句: 鬼は外逃げるオバちゃん豹の柄

よろしくお願い致します。めでかやさん。
批評ありがとうございます。

宝船は、季語です。定義もそうかもしれません。でもイメージでは、
宝船には、七福神が乗っています。
7人、神様がいるのが、鮮烈です。
それを若い人がサラッと言える。私は、脳の衰えを感じる。
若い娘のみずみずしい脳、中高年のおばさんのくたびれた脳の対比。宝船の季語は、新年です。厳しいこと言ってごめんなさいm(_ _;)m

点数: 0

「濡れそぼつしだれ桜の涙落つ」の批評

添削した俳句: 濡れそぼつしだれ桜の涙落つ

こんにちは。よろしくお願い
致します。

濡れそぼつしだれ桜や誰を待つ

艶のある女性が、雨に濡れて、誰かをひっそり待っている。
擬人化が、ピッタリきます。
これは、私だけの感覚的なもので、正解は、わかりません。

点数: 0

「鳥雲に入るダブルソファの窪みよ」の批評

添削した俳句: 鳥雲に入るダブルソファの窪みよ

再訪です。忘れてました。
窪みよのよは、俳句の内容の想像から、詠嘆といわれるもの。
終助詞です。
文の最後に使うものです。

私も使ったことがないので、大先輩に聞かれた方がよいかと思います。

点数: 1

「鳥雲に入るダブルソファの窪みよ」の批評

添削した俳句: 鳥雲に入るダブルソファの窪みよ

岩元さん、添削ありがとうございます。
しかし、かこさんが言われたように、私の句も岩元さんの添削の句も映像が、見えないのです。ごめんなさいm(_ _;)m
そして、ありがとうございます。

御句。ダブルソファの窪みから、誰かが、家をでていって、窪み
だけ、残った。寂しい。というふうに捉えましたが、真相は、どうなんでしょうか?
ちょっと、伝わりにくいです。

映像は、ソファの窪みだけなのですから。
もう少し、具体性のある、言葉は、なかったのでしょうか?
読みては、考察するしかありません。季語が主役なので、どうしても、別れや旅だちを想像してしまいます。そして、できればリズムも欲しいです。

点数: 1

森本可南さんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ