俳句添削道場(投句と批評)

はやさんの添削最新の投稿順の4ページ目

「一夜にておがる胡瓜や夢にまで」の批評

回答者 はや

添削した俳句: 一夜にておがる胡瓜や夢にまで

はじめまして。よろしくお願いします。
「おがる」に思わず反応してしまいました。

「おがる」という言葉、久しぶりに聞きました!そういえば祖母が使っていたなあ。実がなる、実っている、というかんじで使っていたように思います。
方言をサラッと俳句に入れるのいいですね。懐かしい気持ちになります。それにこの句のような使い方なら、「おがる」を知らない人でも意味は伝わりそうな気がします。
下五の「夢にまで」がよく分からないかんじがするので、何か描写がいいのかなあと思いました。
一夜にておがる胡瓜の艶めきて
とかどうでしょう。

点数: 0

「けんけんにでんでんむしを踏まぬよう」の批評

回答者 はや

添削した俳句: けんけんにでんでんむしを踏まぬよう

再訪です。

蝉の殻の句、イサクさんにおもしろいと言っていただけて嬉しいです。そしてその他2つの句にもコメントありがとうございます。
3つめの句への添削、なるほど季語の描写ですね!たいてい季語を上五か下五にぽんと置くだけで終わってしまうので、もっといろいろ工夫してみようと思いました。
いつもありがとうございます。これからもがんばります!

点数: 0

「ていねいに掛け湯するひと糸蜻蛉」の批評

回答者 はや

添削した俳句: ていねいに掛け湯するひと糸蜻蛉

再訪です。

蝉の殻の句へのコメントありがとうございました。おもしろいと言っていただけて嬉しいです。
2つめが説明っぽいと感じたのは語順のせいだったのか!「種明かしは最後」と何度か指摘されていたので「蝉の殻」を最後にしていたのですが、この句の場合は子どもであることの方が種明かしだったんですね。
ほんと勉強になります。
いつもありがとうございます!

点数: 1

「雨上がり広げたままの日傘かな」の批評

回答者 はや

添削した俳句: 雨上がり広げたままの日傘かな

単刀直入に言うと、この句は雨傘の句であって、日傘の句ではないように思います…。
雨傘と日傘は別物で、雨傘は晴れているときに差しても日傘の代わりにはなりません。雨傘は日光を通します。日傘は特殊な加工がしてあり、日光を通しません。
ちなみに晴雨両用という傘もあり、それならこの句の光景が成立します。が、この傘は晴雨両用ですよと言っているだけの句になってしまうようにも思います。
雨と日傘を結びつけるなら、
雨上がりぱんと広げる日傘かな
などはどうでしょう。雨があがっていよいよ出番!っていうかんじの、日傘が主役の句になるかなと思いました。

蝉の殻の句へのコメントありがとうございました。子どもの発言ではないように読めるとのご指摘、なるほどと思いました。
ただ子どもは「○○のひと」って実際言うんですよー。小学生になるといろいろ背伸びしたくなるみたいで、我が子は使う言葉が結構変わりました。でも句としては子どもの発言として伝わってほしいので、なおじいさんのご指摘はすごく参考になります。実景であることと、それがきちんと伝わるかは別ですもんね。
いつも丁寧に添削してくださり本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

点数: 2

「雨音のサブマシンガン蝦夷の梅雨」の批評

回答者 はや

添削した俳句: 雨音のサブマシンガン蝦夷の梅雨

はじめまして。よろしくお願いします。

「蝦夷梅雨」という季語の提案、ステキですね。コメントから読み取れる「蝦夷梅雨」の定義としては、
・北海道での6~7月の長雨
・本州の梅雨ほど長い期間ではない
・期間中は、叩きつけるような強い降り方をすることがある
といったところでしょうか。北海道にそういう雨の時期があるとは全く知りませんでした。勉強になります!

「雨音」と「梅雨」が近いかなと思ったのですが、でもこれ「雨音」をなくしてしまうと「サブマシンガン」だけになってシャレにならない句になってしまいますね…。とはいえいい提案ができるほど北海道の雨事情が分からず。
通りすぐマシンガンのごと蝦夷の梅雨
想像だけで作りました。的外れだったらごめんなさい。しかも中八…。

花南瓜の句へのコメントありがとうございました。ご指摘の通り、余計な言葉を入れてしまっていました。なかなか難しいですね。これからもがんばります!

点数: 1

はやさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

夏ざしき子らの臍みな違ひけり

回答数 : 6

投稿日時:

逆上がり炎天へ飛び込むやうに

回答数 : 5

投稿日時:

夏深し縁石を行くゴム草履

回答数 : 6

投稿日時:

夏休み吾子と俳句を作りたい

回答数 : 7

投稿日時:

七さいのひとは七つね蝉の殻

回答数 : 7

投稿日時:

はやさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

陽炎は水が空へと昇るんだ

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

流木のオブジュエ中州へ雲の峰

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

重い腰気持ちに負ける花火音

作者名 山口裕子 回答数 : 2

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ