俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雨音のサブマシンガン蝦夷の梅雨

作者 鬼胡桃  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お久しぶりです。
中々句ができず日数が経ってしまいました。
今回は私がよくやるパターンの一つですが、季語と見なされるかわかりませんが新季語候補を使った感情語俳句をチャレンジ投句しました。
今回は、[蝦夷梅雨]を季語に見立ててみました。その言葉通りに北海道の梅雨の事です。歳時記にはありません。北海道に梅雨はないと言われてますが、梅雨時は北海道にも長雨がありますので季語と見なしても良いと考えました。
今回は蝦夷梅雨ではなく蝦夷の梅雨という言い方にしました。
元ネタは[雨音はサブマシンガンうるさいな]です。
私は人生で、蝦夷梅雨の時期はずっとではありませんが、必ず一日は鉄砲雨みたいな強くうるさい音の雨がサブマシンガンの弾のように降っていると考え、上五中七を比喩表現してみました。
私には道外の梅雨は、テレビで見る限りサブマシンガンのような強さを感じませんでした
助詞は悩みました。[雨音はサブマシンガン蝦夷の梅雨]とも考えましたが、助詞[は]だと雨音はサブマシンガンのようですと散文的になると考え載せませんでした。

最新の添削

「雨音のサブマシンガン蝦夷の梅雨」の批評

回答者 負乗

カイ様、おはようございます😃
コメントありがとうございました。
御句、「雨音の」と来ていますが、「サブマシンガン」の語が超散文とも言えるので、ここは「雨音は」が良いと思いました。
「雨音はサブマシンガン蝦夷の梅雨」
とか…
しかし、この句、好きになりましたよ😃

また宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雨音のサブマシンガン蝦夷の梅雨」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

カイさん、お疲れ様です。
最近北海道の豪雨ニュースを聞きますね…サブマシンガンという比喩が恐怖を孕んでいており、物々しさを感じます!

折角「蝦夷梅雨」という(季語になれそうな)立派な言葉なのですから、無理やり五音に直さずに「蝦夷梅雨や」とするべきでしょう。また、「雨音」だけに絞るのも比喩として勿体無い気がいたします。

・蝦夷梅雨やサブマシンガンめく雨粒

点数: 2

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

「雨音のサブマシンガン蝦夷の梅雨」の批評

回答者 こあめ

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
カイさん添削ありがとうございました!

滝の裏に入ると鍾乳洞があるという
イメージがすぐに湧いてきました
読み手にドキドキ感を与えさせると
確かにいいですね。勉強になります。
中八は気付きませんでした。語感的に
七のつもりでした。うっかりです。

北海道という六文字を蝦夷のたった
二文字にできるのがすごいですね。
サブマシンガンという言葉があると
耳に雨音が残り続けるような余韻が
あるように思えてとてもいいですね。

点数: 1

添削のお礼として、こあめさんの俳句の感想を書いてください >>

「雨音のサブマシンガン蝦夷の梅雨」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

はじめまして。よろしくお願いします。

「蝦夷梅雨」という季語の提案、ステキですね。コメントから読み取れる「蝦夷梅雨」の定義としては、
・北海道での6~7月の長雨
・本州の梅雨ほど長い期間ではない
・期間中は、叩きつけるような強い降り方をすることがある
といったところでしょうか。北海道にそういう雨の時期があるとは全く知りませんでした。勉強になります!

「雨音」と「梅雨」が近いかなと思ったのですが、でもこれ「雨音」をなくしてしまうと「サブマシンガン」だけになってシャレにならない句になってしまいますね…。とはいえいい提案ができるほど北海道の雨事情が分からず。
通りすぐマシンガンのごと蝦夷の梅雨
想像だけで作りました。的外れだったらごめんなさい。しかも中八…。

花南瓜の句へのコメントありがとうございました。ご指摘の通り、余計な言葉を入れてしまっていました。なかなか難しいですね。これからもがんばります!

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

「雨音のサブマシンガン蝦夷の梅雨」の批評

回答者 友也

句の評価:
★★★★★

カイさんの俳句を拝読しました。
発想が良くて、参考にしたいと思いました!

サブマシンガンという言葉にインパクトがあって
とても好きです。北海道の梅雨はすごいのですね。

初心者なので批評とか添削とかできませんが、
応援しています。次回作も楽しみです。

点数: 1

添削のお礼として、友也さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

妄想は妄想なりしや日向ぼこ

作者名 負乗 回答数 : 6

投稿日時:

霧の中もの売り声の聞こえけり

作者名 竜子 回答数 : 3

投稿日時:

夏草のほどよく倒れ二人分

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雨音のサブマシンガン蝦夷の梅雨』 作者: 鬼胡桃
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ