俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

けんけんにでんでんむしを踏まぬよう

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

全然作句できてませんよー。
ために外で少し時間をつぶさなきゃならないときも、以前のような俳句脳に切り替わりません。

最新の添削

「けんけんにでんでんむしを踏まぬよう」の批評

回答者 コウ

イサク様
向日葵第二弾にも添削有難うございます。
考えた末に…お時間を頂きほんと有難うございます。
コメントも中途半端だったと思います。
句意は、イサク様が最初に考えて下さった通りです。
激しい雨には下を向き、また日が出れば花首をもたげる
いずれにしても分かりずらいですよね…
また、どうぞ宜しくお願い致します。

御句。小さな蝸牛のいる位置を確認しながら慎重に片足で飛ぶ
少し体も揺れていますね〜…情景がありありと浮かんできました。
楽しい句ですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「けんけんにでんでんむしを踏まぬよう」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも的確なコメントありがとうございます。

御句。わかります、日々俳句のことを考えてる脳から少し離れると俳句脳がにぶるという。
でも、この句はいけるのでは?上五「で」じゃなく「に」できて。けんけん、でんでん。たのしそうです。けんけんぱやってるのかな。蝸牛の自選ボツ?再来週蝸牛ですねー。今は夏の海・炎天。いかがでしょう?

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「けんけんにでんでんむしを踏まぬよう」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。

何か不安や心配・焦燥が頭の中を占めていて、精神的に余裕がない…というのでなければ、俳句を作ること自体は“時間”を大して使わず出来る気がしますが…? 私の場合は、通勤、歯磨き・風呂・掃除・洗濯(干したり、取り込んだり)、朝夕の散歩(今の時期は暑くてやってないけれど)といった、いつもの生活時間の中の“ながら作句”なので。

ここへの投句・コメントとなると、時間的余裕必須だと思いますが。

御句について。

・“けんけん”と“でんでん”の音のつながりが要なのでしょう。
・助詞「に」は考えどころ。げばげばさんは「で」との比較を検討されたようですが、むしろ「けんけんぱ」で駄目? と思いました。

 けんけんぱでんでんむしを踏まぬよう

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「けんけんにでんでんむしを踏まぬよう」の批評

回答者 しゅうこう

句の評価:
★★★★★

イサクさま

いつも有難うございます!
確かに説明してますねー
作っている時は思い込みが激しくなるのでご指摘頂けると目が覚めます(笑)

御句、けんけん「で」ではなく、「に」である事に意思を感じます。
一文字で句の印象ががらっと変わりますね。勉強になります(^^*)

点数: 1

添削のお礼として、しゅうこうさんの俳句の感想を書いてください >>

「けんけんにでんでんむしを踏まぬよう」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

おつかれさまです!

この句好きです。「けんけん」と「でんでん」が楽しい。パッと見はオノマトペっぽいのにどちらもオノマトペではなく、そこに「けんけんしている子」と「かたつむり」の映像がちゃんとあるのがすごい。
「に」は悩みました。「けんけんに」なら「踏まれぬよう」というかたつむり目線になりそうで。「けんけんの」なら意味的はすっと入ってくる気がしますが、説明っぽいのかも…?
長谷さんの「けんけんぱ」いいなあと思いました。

花南瓜の句へのコメントありがとうございました。冗長とのご指摘、耳が痛い…。以前は詰め込みすぎとよく言われていましたが、今はあと○音どうしよう…となって無駄な言葉を入れてしまう傾向にあり。
いつも添削ありがとうございます。「フェンス」もいつか効果的に使えるようにがんばります!

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

「けんけんにでんでんむしを踏まぬよう」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。イサク様、いつもお世話になってます。
拙句「白黒の日傘」にコメント有難うございました。

御句、「けんけん」と「でんでん」の韻が楽しいですね。

私は「けんけんに」の「に」がどういう意味かわからなくて馴染めませんでした。こういう「に」の使い方を勉強しなくてはと思いましたが、私としては「けんけんは」かなと思いました。「けんけんする人は」「けんけんする時は」の感覚です。

しかし長谷さんの「けんけんぱ」を見てしまうと、こっちのほうがいいかな?とも思ったり…。
そんな感じです。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「けんけんにでんでんむしを踏まぬよう」の批評

回答者 こあめ

句の評価:
★★★★★

イサクさんこんにちは。添削
アドバイスありがとうございます!
チャレンジというか、かなり手探りで
作った句です。季重なりというのも
あるように取り合わせと一緒に季語
強調したら面白いと思いました。
しかし、そもそもまだ俳句のちゃんとした
作り方も知らないのにチャレンジするのは
無謀だったなと反省してます。
まだまだ改善の余地はありそうですが
考えれば考えるほど深みにはまって
しまいそうです。
季語を最初に持ってきてもまた違う
味わいがあっていいですね。

けんけんぱはテレビで見たことあります。
実際には見たことないんですが、たまに
公園へ行くとある謎の団子サークルは
これかもですね…。
ダンスの動きにも似ています。
俳句のタネは色んなところに転がって
いるんですねー。

点数: 1

添削のお礼として、こあめさんの俳句の感想を書いてください >>

「けんけんにでんでんむしを踏まぬよう」の批評

回答者 友也

句の評価:
★★★★★

イサクさんの俳句を拝読しました。
発想が良くて、スゴイなと思いました!

すみません。初心者なので批評はできませんが、
私も「けんけんぱ」の方がいいかなと思いました。
私に「ケンケン」というあだ名の友人がいるもので、
誰かのあだ名かなと、一瞬思ってしまいました。

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 1

添削のお礼として、友也さんの俳句の感想を書いてください >>

「けんけんにでんでんむしを踏まぬよう」の批評

回答者 しお胡椒

句の評価:
★★★★★

イサクさんはじめまして!
私の部屋を訪れて頂き有り難う御座います。
みな様からもご指摘いただきまして有り難う御座います。
推敲不足ですよね。自分ばかり解ってもね⤵️ ご指摘本当に有り難う御座います。
イサクさんの〈けんけんにでんでん虫、、〉
季節感あふれ素敵です。
昨今戻り梅雨のようで道端にでんでん虫も出てきます。よく見つけられましたね。
これからも宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、しお胡椒さんの俳句の感想を書いてください >>

「けんけんにでんでんむしを踏まぬよう」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんにちは。あご紐の句へご意見ありがとうございました。何を残し何を削るかまだまだ勉強です。

御句:かわいらしい句だな誰だろう?って開いたらイサクさんだったのおおーとなりました。この助詞の使い方をみるに僕の想像ですが、けんけんぱをして遊んでいる子供に「でんでんむしを踏まない様にきをつけてね」と言葉をかけたか心の中で思ったかどちらかではないかと。
ですので、このままいただきます。またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「けんけんにでんでんむしを踏まぬよう」の批評

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

お久しぶりです。
句を読みまして、最初は[けんけん]が昔のキャラクターのケンケンで、でんでんむしを踏まないでねと忠告するイメージシーンの句かなと考えましたが、他の人のコメントからけんけんぱの事ねと理解しました。
はやさんの記載にあります、助詞[に]だと説明的なので[けんけんの」なら意味的はすっと入ってくる気がする意見に同意です。
あと、梅雨のチャレンジ句を投句しましたので、コメントお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

さようなら犬歯に齧る梨湑む

作者名 げばげば 回答数 : 10

投稿日時:

けりつかず規定引き分け秋の月

作者名 なおじい 回答数 : 9

投稿日時:

映画のハエプラトーン同じ子育てせん

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『けんけんにでんでんむしを踏まぬよう』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ