俳句添削道場(投句と批評)

イサクさんの添削得点の高い順の1349ページ目

「静けさや伏見稲荷に薫る風」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 静けさや伏見稲荷に薫る風

こんにちは。

厳しくしてくださいということですが、この句は悪くないと思います。

「静けさ」に対して季語「薫る風」の響き合いはまだまだベストマッチの季語がありそうな気もしますが、動かない季語を提案するには、もっと歳時記を深く探ってみないと・・・

・静けさや伏見稲荷に夏の風

点数: 0

「ふるさとの電信柱夕日影」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: ふるさとの電信柱夕日影

こんばんは。はじめまして。よろしくお願いします。

無季ですね。下五を季語にすることをお勧めします。

・ふるさとの電信柱秋夕焼

点数: 0

「イヌフグリはらはらこぼれる指の先」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: イヌフグリはらはらこぼれる指の先

こんにちは。

まず、失恋の句だ!と言い切ってしまうと季語「いぬふぐり」が比喩になってしまいます。

そうではなく、「いぬふぐり」の光景をしっかりと見せた上で、見立てとして失恋であることをはっきり言うか、もしかしたら恋愛の句かもしれないと思わせる程度にするか、どっちかでしょうね。

・いぬふぐり彼の気持ちのこぼれゆく
・いぬふぐり吾の心ごとこぼれけり

点数: 0

「空ひとつグループラインの良夜かな」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 空ひとつグループラインの良夜かな

こんにちは。

生活の人、道場の佳作、おめでとうございます。
特に生活の「炎天へ落ちゆく」という措辞が良かったです!

この句は、いろいろ考えてみましたがいずれにせよ字余りしそうですねぇ・・・
「空ひとつ」という言い方に若干の違和感を感じました。

添削と言うよりは一つの提案ですが

・同じ空良夜のグループラインかな

点数: 0

「甲子園スタンド席の孫アップ」の批評

回答者 イサク

添削した俳句: 甲子園スタンド席の孫アップ

こんばんは。

「甲子園」だけでは季語になっていないはずです。
春なのかもしれないし、場所だけを示しているかもしれないので・・・今のところ季語として成立しようがないのです。
ネットでは根拠なく適当なことを言う人がいますので、ご注意ください。

いまの状況で「甲子園は夏の季語!」と断定してしまうと、春の選抜にだけに出た高校生がかわいそうですので・・・

繰り返しますが、ネットの適当な発言に気をつけてください。
逆に、私の知らないところで歳時記の掲載がありましたら、ぜひ教えてください。

で、御句、夏の季語として使ったとして受け取りますが、

これは作句者はどこで見ているのでしょうか?
スタンドで見ながらテレビも見ている、という構図になっていますね。
「アップ」だけでは、テレビのアップでの撮影と受け取るかどうか、という点も気になります。誤読がありそうな?

スタンドの風景にするか、テレビでの観戦にするか、どちらか定めると、少し整理できるかと・・・個人的には「テレビ観戦」より、臨場感のあるスタンドでの俳句とする方をお勧めします。

・甲子園スタンドに孫映りけり
・甲子園スタンドの孫持つグラブ

点数: 0

イサクさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

征く雲の集める星や龍天に

回答数 : 45

投稿日時:

人の句は人の子である時鳥

回答数 : 38

投稿日時:

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

回答数 : 4

投稿日時:

寒空の彼は飛行機か明星か

回答数 : 7

投稿日時:

いつ見ても濁る側溝寒雀

回答数 : 36

投稿日時:

イサクさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

ボーナスやシール重なるセール品

作者名 ドキ子 回答数 : 4

投稿日時:

白シャツの吾子はけふまた後ろ前

作者名 竜子 回答数 : 3

投稿日時:

山鳩やうす紫の藤の棚

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ