俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

手の甲にねぎの絵を描く二月尽

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

わーおめでとうございます!

最新の添削

「手の甲にねぎの絵を描く二月尽」の批評

回答者 負乗

イサクさん、おはようございます🙂
拙句に目を留めてもらって嬉しいです。😉
提案して頂いた、
「羚羊のしばし見詰める冬木の芽」
その通りですね。
実景は晩冬でした。("立春"過ぎでも、山のスキー場でしたので)
難のない良い句になりました。有り難うございます😉

「手の甲に…」
ずいぶん即興的だな、と思ったら、つちや様の秀作句からでしたか…(笑)
つちやさん、おめでとうございます✨
春になって「葱」の句を詠めという課題に、何とか纏めようと苦心のあとが見えますね…(笑)
「二月尽」は初春の季語ですが、まだ凍てついた印象も、ありますかね…。

また宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「手の甲にねぎの絵を描く二月尽」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

イサク様 おはようございます。
お世話になります。
さっそくつちや郷里様のポスト秀作入選のお祝いオマージュ俳句ですね。
つちや郷里様ポスト秀作おめでとうございます。

点数: 0

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「手の甲にねぎの絵を描く二月尽」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

イサクさんこんにちは。
お祝いの言葉ありがとうございます。
また、添削もありがとうございました。
「お隣は...」の句、今考えると改善点満載でした汗

私の句の影響からか「手の甲シリーズ」が流行ってますね(笑)
私も作って投句してみようかな。

またよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

書初の右手を持ちて一画目

作者名 かぬまっこ 回答数 : 8

投稿日時:

ボストンで記念写真や寒昴

作者名 友也 回答数 : 3

投稿日時:

雪景色季節が撮りし白き女優

作者名 森田拓也 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『手の甲にねぎの絵を描く二月尽』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ