俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

静けさや伏見稲荷に薫る風

作者 俳句好きの青年  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

修学旅行の時、伏見稲荷大社に行ったときの句です。

最新の添削

「静けさや伏見稲荷に薫る風」の批評

回答者 イサク

こんにちは。

厳しくしてくださいということですが、この句は悪くないと思います。

「静けさ」に対して季語「薫る風」の響き合いはまだまだベストマッチの季語がありそうな気もしますが、動かない季語を提案するには、もっと歳時記を深く探ってみないと・・・

・静けさや伏見稲荷に夏の風

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

卒業す昨日と同じ靴を履く

作者名 世良日守 回答数 : 5

投稿日時:

鈴鹿嶺の近くに見ゆる五月来ぬ

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

荷を背負ふ老婆の歩く真鱈かな

作者名 ドキ子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『静けさや伏見稲荷に薫る風』 作者: 俳句好きの青年
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ