リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

リレー小説とは?/サイトの説明

他の人の書いた小説の続きを自由に書くことができる合作の形式の一つです。いくつもの分岐が生まれ、様々な物語を展開させることができます。好きな小説の続きをあなた好みに書いちゃおう!

しおり機能について

各小説掲載ページの上部にある「しおりを挟む」ボタンからしおりを追加できます。最大5つまで登録可能で、これ以上の数を登録すると古いしおりから消えていきます。しおりは小説の投稿日時が新しい順に表示されます。

投稿の編集・削除はできません

投稿の編集・削除機能は実装していません。システム上、投稿を削除すると、その続きまで削除されてしまうためです。ただし、管理人が問題があると判断した投稿は、予告なく削除いたします。

リレー小説一覧 更新順

~東方二次創作~吸血鬼と人間の夏

作者 曙改2 総得点 : 1

更新日時:

~プロローグ~

8月の上旬、あれは暑い暑いある日の事、俺は学校終わりにアイスを買って家に帰っていた。
学校終わりにアイスを買うのは日常になっている、家について椅子に腰掛けて特に今までとかわりない生活だった、
そう、このあと、... 続きを読む >>

目次へ

カテゴリー : ラブコメ

文字数 : 956 投稿数 : 6 全話数 : 10話完結

真飛幽利は一人で暮らしたかった。

作者 家節アヲイ 総得点 : 26

更新日時:

――念願の一人暮らしのはずだった。

「ユーリ、そこの醤油とって」
「ん……、ん? いや待て、なんで人ん家のモノを勝手に食べてんの?」
「だってほら、ご飯は一人で食べるより二人で食べた方が美味しいもの」
「論点をすり替えるな... 続きを読む >>

目次へ

カテゴリー : 学園

文字数 : 1,580 投稿数 : 19 全話数 : 4話完結 完結済み

314の死と再生

作者 不二才 総得点 : 1

更新日時:

「お兄ちゃん! 起きれる? もうとっくに朝だよ! お兄ちゃん!」

妹の声。明の声だ。
いつもの自分のベッド、春休みだからと惰眠を貪る朝。俺にとってありふれた平穏な日常。
しかし、今朝は格別に長く眠っていた気がする... 続きを読む >>

目次へ

カテゴリー : ラブコメ

文字数 : 1,266 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

永久樹の魔女

作者 あすく 総得点 : 1

更新日時:

 それは、永久樹とわぎと呼ばれていた。
 ある者は天地創生より生える大樹と呼び、ある者は異なる世界へ通じる架け橋と呼んだ。
 しかして、その正体はいまだ不明。わかっているのは、永久樹が膨大なエネルギーを内部に循環させているとい... 続きを読む >>

目次へ

カテゴリー : ファンタジー

文字数 : 4,425 投稿数 : 2 全話数 : 4話完結

不思議な雪

作者 ミチル 総得点 : 6

更新日時:

 マミは学校から帰る途中に、不思議な景色に出会いました。
 雲がないのに、雪が降っているのです。青空に舞う雪は、お日さまの光でキラキラ光っていました。少しずつ、アスファルトが白く彩られていきます。
 マミにとって夢のようでした。
... 続きを読む >>

目次へ

カテゴリー : ファンタジー

文字数 : 0 投稿数 : 5 全話数 : 5話完結

現在までに合計73件の小説があります。 5件づつ表示中。現在全15ページ中の13ページ目。

最新の続編一覧

君との幸せの第8話

作者 出席番号29番 得点 : 0

投稿日時:

『君との幸せ』第8話

『君との幸せの第7話』の続き

プロローグ 愛する人へ
月日が経って、高校を卒業した。今では昔とは違って友達がたくさんできた。君の言う通り笑ったよ。毎日毎日。僕は今、医者として病院で働いている。今日は君あてに書いた手紙を君に渡しに行こうと思う。
愛する人へ
今... 続きを読む >>

カテゴリー : 学園 文字数 : 484 全話数 : 8話

君との幸せの第7話

作者 出席番号29番 得点 : 0

投稿日時:

『君との幸せ』第7話

『君との幸せの第6話』の続き

「来てくれたんだっ!」
そこには僕の選んだ彼女がいた。昨日母との最後の会話、、『僕にとって、、お母さんは大切な存在だ、、できることなら母と一緒にいたい、、っ。でも明日彼女は手術があるんだ、、彼女とはそれが最後になるのかもしれない、、... 続きを読む >>

カテゴリー : 学園 文字数 : 2,616 全話数 : 8話

君との幸せの第6話

作者 出席番号29番 得点 : 0

投稿日時:

『君との幸せ』第6話

『君との幸せの第5話』の続き

「すみません、、神埼様という方は今日ご予約はされていないようです。どうしますか?」
そういったのは僕たちが今日泊まるホテルのカウンターの店員だ。彼女は、、、椅子で待っていた僕を申し訳無さそうに見つめた。
「あのっ、、、ごめん、、予... 続きを読む >>

カテゴリー : 学園 文字数 : 3,166 全話数 : 8話

君との幸せの第5話

作者 出席番号29番 得点 : 0

投稿日時:

『君との幸せ』第5話

『君との幸せの第4話』の続き

それから色々と彼女と計画をたてて、冬休みに入り、いよいよ旅行当日となった。僕は前日の夜そわそわしてあまり眠れなかった。背中にリュックを背負って地下鉄で彼女のことを待っていた。
「ごっめーん!!寝坊したぁ!」
やっぱり、、今回は4分... 続きを読む >>

カテゴリー : 学園 文字数 : 513 全話数 : 8話

君との幸せの第4話

作者 出席番号29番 得点 : 0

投稿日時:

『君との幸せ』第4話

『君との幸せの第3話』の続き

顔を上げるとそこにはいつも笑顔の彼女が泣いていた。
「私っゔゔっもう駄目なのかと思ってたっありがとう!!好きだよっ!」
彼女は見たことないように顔をベチャベチャにして泣いていた。その言葉に僕は
「僕も好きだよ」
今まで言ったこ... 続きを読む >>

カテゴリー : 学園 文字数 : 1,745 全話数 : 8話

続編2ページ目(最新の順)

▼小説の検索

▼作者の検索

第1話を投稿をする!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ