リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

お前は「どこへ」いく。

作者 Yu 得点 : 0 投稿日時:


信号が青に切り替わる。
横断歩道をすたすたと歩く青年がもう一人のぼろぼろな服を着た青年の方を見て言った。
『なぁお前はさ、将来どうするん?』
そう告げると。聞かれる事を見透かしていたかのように
『知らん。とりあえず卒業するわ。』
これが、今後一人で生計を立てる奴の言葉かよ。そう思いながら青年は再び前を向きすたすたと歩く。ぼろぼろな服を着てる傲岸不遜な彼の名は、ハヤトだ。
『お前、そんな事言ってると、またぐっさんに怒られるぞ。』
『ぐっさんなんて怖くねぇよ。この前晩飯かけて大富豪したけど圧勝したわ。はははっ!唐揚げいただきましたっ!』
ぐっさんというのは、ハヤトが昔からお世話になっている児童養護施設の職員さんだ。山口先生なのだが、愛称はぐっさん。20代の綺麗な若い女性なのだが、ハヤトとは犬猿の仲らしい。なんやかんやでハヤトはぐっさんの事を信頼している。
『リュウイチ。お前こそどうなん。あれなんやったっけ、めっちゃむずい資格とるんやろ?』
ハヤトは頭を掻き毟りながら俺を見る。
『あぁ、司法試験な。俺はそのために大学に行くわ。早稲野大学やったけな。その大学が俺らみたいな施設上がりを優遇してくれんのだって』
聞いておきながら、ハヤトはポケーっとした顔をしていた。咄嗟に聞いてんのかっ!と突っ込んでしまった。ハヤトはにやりと口角を上げると
『へぇ~。俺には無理やなぁ。そこまでやれる気しやんわ。現実問題、退所したら金貯めなあかんやろ。それどうすんねん』
ハヤトにしては、意外な質問だった。見下している訳ではないが、先ほど知らんと言っていたせいだろう。すぐに俺は返事をした。
『割とちゃんと考えたで。バイトして貯金してんもん。あっ、ここ。』
ここで左に曲がる。左だ。と左手の人差し指を指したまま俺はハヤトを見た。
『真面目やなー、おい!…まぁでも、リュウイチなら大丈夫やわ。』
真顔で話してくれる優しいハヤトを見ながら、笑顔を見せた俺は
『ハヤト、お前。……左肩に鳩の糞の落ちてんで。』
はっ!?と声を上げると、指を指しているからか服を引っ張って、右肩を確認した。違う違う、俺からみて左!と言いながら、左手の人差し指を教えてあげた。
『うおわっ!!まじかよ!くそ生意気な鳩がぁぁあ!』
ハヤトは、軽度の知的障害を持っている。こうやって指を指して、目で見てわかるように接する事を視覚的支援というんだって。あとは、見通しを立てて説明する具体的支援と、決して否定しない肯定的支援がある。ハヤトのお世話をしているぐっさんが教えてくれた。俺って覚え早いから頭良いかも。
『ハヤト!ティッシュやるよ!トイレ行ってきな!』
笑いながらそう伝えた。ハヤトにはいつも助けられる。ハヤトのような同い年の奴に会えて本当に良かった。
『…ありがとな。ハヤト。ありがと神さん。』

ハヤトと俺が出会ったのは中学生の頃。豚箱で出会った。
『もう思い出したくないけどな…。しんどい事って忘れられへんねやろな。』
お前に救われたんやぞ。ハヤト。お前に会う前、小学生の俺はいくじなしやった。

作者コメント

初めて小説を書いているので、下手くそかもしれませんが楽しくやっていきたいです。リレー小説!?絶対面白いやん!って好奇心でやってるので、皆さんもフレッシュに、興味を持って読んでくれたらいいなと思います。ぜひご期待ください。

追加設定(キャラクターなど)

2018年、大阪のある児童養護施設で暮らす青年(リュウイチ:18歳)の物語。後にこの青年は職員全員が弁護士の児童養護施設の施設長となり、大阪を中心に数々の児童養護施設から顧問弁護士になり、福祉界では有名な弁護士になる。

物語は青年の会話から入り、小学生の頃に戻る。貧困家庭に生まれた少年は、親からの愛情を知らないまま、小学生の歳になった。朝ごはんと夜ごはんはない。昼ごはんは母が買ってくる30円ぐらいのもやし。硬いし苦いけど、おなかが空いているから、それさえもおいしく感じてくる。土日が怖い。家は煙草くさい。

そんなある日、母は弁当を俺にくれた。「やった!」と大声で喜び、弁当を食べた。しかしそれが虐待の始まりだった。「運命はどこまで俺をいじめるんだ…。」そうつぶやく少年はただ、親に愛されたかった。少しで良いから愛を肌で感じてみたかった。幼少期から思い続けた愛への執着は叶うことなかった。

中学生の時寂しさから非行にはしる。捕まった先の警察署で、刑事に手を上げたことがきっかけで2日間拘留する事が決まった。行き場がないからか、捕まることぐらいどうでも良かった。警察署では未成年なので多少優しくしてくれるが、牢屋では喋る事が禁止されているのでとても暇に感じるてしまう。次の日、少年用の牢屋に、自分と同じくらいの年齢の青年(ハヤト:18歳)が「100番入れ!」と言われながら入ってきた。ちなみに俺は「98番」らしい。

ハヤトは入ってきてからすぐに俺に話しかけてくる。めんどくさいから無視。

「食事の時間だ。これを食べなさい」一人の若い警察官が弁当を持ってきた。施設でいらんほど食ってるから、腹は減ってないし、悪い事したやつに食わせる飯なんでまずい飯しか無いと思ってた。そんな中、ハヤトは美味しそうにガツガツ食べていた。
少年はハヤトに「よくそんなに食えるよな。まずくねぇのか?」と聞くと、「ん?飯に罪はねぇだろ?ほら、うまいぞ。ポリも、別に俺らを殺すつもりもねぇんだからさ!…まぁ、まずいのは俺だろな!はははっ!」ポリとは、警察の事だろう。ハヤトは少し変わっている。変わっているのは頭じゃなくて、心だ。ハヤトは一見明るいように見えるけど、自分が嫌いで、自信がない。とにかく自己肯定感が低い。

ハヤトの将来の夢は料理人だ。このハヤトとの出会いが、後に少年の人生を変えるきっかけになる。

他の小説の第1話

ヒトリカクレンボ

作者 むらさき763 総得点 : 1

投稿日時:

カンタ「一人かくれんぼって知ってるか?」
カンタは俺の小学校からの親友で高校も同じところに入った
俺「いきなりなんだよ?」
カンタ「俺さ、この間 図書室でそういう本見たんだよ、で俺んち今日親いないんだよね」
カンタはオカルトや... 続きを読む >>

文字数 : 754 投稿数 : 1 全話数 : 3話完結

学校で上履きを履かない靴下生活への憧れ

作者 ロミオ 総得点 : 3

投稿日時:

私は地方都市の進学校に通う高2の圭子。
同じクラスの琴子さんを見てドキドキしている。
琴子さんは高2の最初からずっと上履きを履いていないのだ。
高1の時の琴子さんはずっと上履きを履いていたのに。
琴子さんの足元は高2の最初から... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 384 投稿数 : 4 全話数 : 10話完結

さいきょーあんどろいどしすたーず

作者 三文山而 総得点 : 1

投稿日時:

1. 姉の発想パラノイア

 わたしはきゅうきょくにしてさいきょうのじんこうせいめいたいとしてせいぞうされたすーぱーあんどろいど21ごうです。さいきょうのそんざいとしてつくられたわたしはさいきょうでなければならないので、わたし... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 809 投稿数 : 2 全話数 : 4話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

お前は「どこへ」いく。の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ