リレー小説投稿サイト/他人の物語の続きが自由に書ける!

楽園に囚われた少女

作者 あおいひつじ 得点 : 1 投稿日時:


私達イチカ民は、太陽の女神と月の女神を信仰している。
姉妹である2人は、私達イチカ民にそれぞれ贈り物をくれた。
太陽の輝くころに生まれた昼の民は、7歳になると同時に洗礼の儀式を受け、太陽の女神より育みの力を受け賜う。
その反面、月の煌めくころに生まれた夜の民は、生まれたときに洗礼の儀式を受け、月の女神より癒しの力を受け賜う。
昼の民は太陽の女神が眠る間に眠り、夜の民は月の女神が眠る間に眠る。
2つの民が会うのは、たいてい早朝か夕方の、空の白いころだけだ。
親子で違う民だということも、ここでは珍しくない。
イチカ民は、昼の民か夜の民に分けられる。
例外はない
………と思われてきたが、太陽の女神と月の女神、どちらからも祝福された、全ての生を司る聖なる巫女が生まれた。
それが彼女。
彼女は楽園に囚われている。
利用されるためだけに。

追加設定(キャラクターなど)

ファンタジーで、昼の民と夜の民の争いに利用される少女の話。この後、彼女の鮮やかな脱出劇が始まる。

巫女!
9歳。
高い壁に囲まれた楽園に住む。
普段は、医者のような仕事をしている。
昼の民でも夜の民でもある彼女は、休めないし眠れない。

他の小説の第1話

ボクの転生物語

作者 あすく 総得点 : 8

投稿日時:

 暗かった。
 一寸先も見えぬ闇の中だ。
 最初、ボクが感じることができたのはそこだけだ。
 少しだけ時間が経ち、目が慣れてきたと思ったころに、変化があった。
 暗い空間の奥の方に、何かが見えた。視線を集中すると、空間に負けな... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 4,408 投稿数 : 15 全話数 : 4話完結

猫が死んだ。

作者 たはらさん 総得点 : 0

投稿日時:

うちに帰った。何時もなら。「にゃーん」て出迎えてくれるのに。名前を呼ぶ。気配すら無い。そうだ。縁側で日向ぼっこでもしているんだ。「ねーこー」障子を開けた。白いねこが横になっていた。「ねこ!どしたん!ぴーんとなっているよ?」返事しない。... 続きを読む >>

目次へ

文字数 : 311 投稿数 : 2 全話数 : 3話完結

君との絆

作者 ni-na 総得点 : 1

投稿日時:

ー8月18日。「こんにちは。文京区仙崎小学校から来ました。清水さやかです。読書が好きです。よろしくお願いします。」ーそんな平凡な自己紹介から約4ヶ月半。私はこの学校で毎日楽しく遊んでいる。「〇〇ちゃーん!いこうよー!」いま私を呼んだの... 続きを読む >>

文字数 : 1,564 投稿数 : 1 全話数 : 10話完結

トップページへ

▼小説の検索

▼作者の検索

楽園に囚われた少女の第2話を投稿する!
小説本文は300文字以上で投稿できます。お気軽にどうぞ!(上限は5000文字)
設定は2000文字以内
コメントは2000文字以内
続編通知設定(必要なければ外してください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

リレー小説投稿サイト「いっしょに作る!」の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ