俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅雨明けのいずれ消えたるにはたづみ

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

まあ、なんというか、真っ向から「勘違い」「滑稽」と言われましたので、勘違い人間はこのサイトを去ります。みなさまありがとうございました。
こんな風に去るとは思ってなかったなあ・・・

※出された句は添削希望なのでともかく、他人のコメントを揶揄するのは、私はやめた方がいいと思っています。

最新の添削

「梅雨明けのいずれ消えたるにはたづみ」の批評

回答者 ケント

こんばんは。
九日の句にコメントありがとうございました。
ご指摘の通り、九月九日の事です。あまりにも短絡的で季語菊枕に近すぎますね。もう一度推敲し直します。
また、皆様に文法の事、色いろ教えて頂きました。有難い限りです。またよろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「梅雨明けのいずれ消えたるにはたづみ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは!
いつも的確なコメントありがとうございます💫

おっと気づかぬうちに不穏な空気。いろんな意見を言う方もいると思いますが、みなイサクさんの言葉に成長させてもらっています!またお待ちしています!

点数: 11

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨明けのいずれ消えたるにはたづみ」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。
拙句「初蝉に」にコメントおよびご提案句、有難うございました。
いつも参考にさせていただいており、励みになります。

さて御句拝読しました。初読で、嫌な予感がしてご自身のコメントを拝読。当たりました。

こんな形で去らないでください。

この道場は、先生も生徒も先輩も後輩もなくみんな平等で作品を投句し意見を出し合う、とても画期的なシステムだと思っています。

とはいえ、やはり、ある程度勉強をしたり経験を積んで、各所で入選実績のあるような方々が、始めたばかりの方々に対して指導的な立場になるのはやむを得ない、というか、始めたばかりの方々もそれを望んでここに投句しているのだと思います。

意見や感想を言われるのが嫌なら投句などしなければ、誰からも何も言われませんしね。

イサクさんは、もちろんお会いしたことはありませんが、この2年間ずっとご指導くださった。そりゃあ、たまにはカチンと来ることはありましたよ。あっても、おっしゃることが的確ですから、それをバネとして頑張ってきました。

以前、まだ始めたばかりの時、最初のお題の「泉」というお題で、季語の「き」の字もわかっていないのに自信満々でババっと投句。イサクさんから「あなたは季語というものがわかっていない。どこで勉強したのか」と言われて凹みました。しかしそれも当然、勉強なんてしたことない、ただ、そのお題の言葉を入れればいいだけと思っていたのですから。
それから勉強して、半年くらい経った頃でしょうか、「最近、なおじいさんの句が良くなってきたと思いませんか?」とか言ってくださった。あれも忘れられません。

とにかく、こんな形でやめないでください。

・梅雨なくば伸びぬ実らぬ稲穂かな

季重なりで置かせていただきます!

点数: 10

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨明けのいずれ消えたるにはたづみ」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

イサクさん!
えっ。ちょっとイサクさんと接点なくなるの困る😅ここのコメントめちゃくちゃ勉強になってるのに。(自分はしょっちゅうフェードアウトしといてなんですが。。)

本当にいなくなるならTwitter やろうかなぁ。でもやっぱここでしかイサクさんのするどい指摘が読めない。

めいしゅうさんへ
多少気に障って語気を荒げるくらいはそういう気分もあるよね。と気にしませんが、自分が理解できないからと悪意ある攻撃を粘着質にする行為は、心底軽蔑します。

点数: 10

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨明けのいずれ消えたるにはたづみ」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

いつもありがとうございます
コメントを見て飛んできました。
イサク様に対して誰がコメントを揶揄したか
わかりませんが、そんな心ない人の事は
無視して暫くお休みしてからでも
必ず戻ってきて下さい。
確かに当初は辛口コメントに凹みましたが(笑)
本当に勉強になりましたから感謝しかありません。
またよろしくお願いします。

点数: 9

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨明けのいずれ消えたるにはたづみ」の批評

回答者 コウ

句の評価:
★★★★★

イサク様

いつもご指導ありがとうございます。
私は本格的には去年の6月頃からこちらのサイトにお世話になっていますが
イサク様は熱心に勉強され細心の注意を払い
間違いのないようにコメントを置かれてこられたと思います。私ものような感覚的なコメントとは全く違います。
間違ったコメントが入った時は、いつも駆けつけて下さいました。
このサイトはどなたでもコメントが見れるようになっていますので、仲間としてこちらの皆様が少しでも成長できるようにとご尽力されて来られたのだと思うのです。
そこに揶揄されては、お気持ちが疲れ果ててしまいます。
少なくとも私もイサク様と同じ感想を持ちましたし、私も揶揄された気分です。
私の正直な気持ちだけお伝えします。
このサイトを去ることだけは考え直して下さい。ご指導頂きたいです。
よろしくお願い致します。

点数: 9

添削のお礼として、コウさんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨明けのいずれ消えたるにはたづみ」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

イサクさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
なにかありましたか?
このごろコメントを頂くことが減って残念に思っています。
にはたづみは梅雨が明けても雨が降れば、また現れます。
また、ご指導いただけると思っております。
これからもよろしくお願いします。

点数: 8

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨明けのいずれ消えたるにはたづみ」の批評

回答者 もんこ

句の評価:
★★★★★

イサク様

困ります!
去らないでください!

今年から俳句を始めた私は、イサク様のご指導でどんなに勉強させて頂いてるか、たからこの先もイサク様がいてくれて厳しくご指導していただきたいのです。
きっとここにいる皆さんもイサク様を必要としているし、ご指導を有り難いと思っています!

『勘違い』とか『滑稽だ』とかいうコメントを私も読みました。

そっくりそのままコメント主にお返し致します。

そもそも添削道場に投句して、添削されてブチ切れたりすること自体が意味不明です。

何を言われたか?より誰がいったか?ということで判断して頂きたいです。

こんなことでイサク様去られたら、皆悲しいし、情けないし、何より怒りを覚えます。

お願いします、去らないでくださいm(__)m

点数: 7

添削のお礼として、もんこさんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨明けのいずれ消えたるにはたづみ」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。
いつもお世話になっております。

私もおんなじ勘違いをしましたよ(*^-^*)。では私もここを去らなければ
ならないのでしょうかねぇ。

ここの道場の皆んながイサクさんの添削で育ててもらっているのです。
一緒に成長したいと思っているのです。

ここを去るという決断は一つのコメントを見て決めたことと思います。
であるならば、もう一度今書かれている多くのコメントを読んで再検討して
頂きたいと思います。

誤読があるといけませんので最後にはっきりと書かせて頂きます。
『イサクさん、ここに残って下さい』
            - 以上 -

点数: 6

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨明けのいずれ消えたるにはたづみ」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

こんにちは🙂
イサクさんが、去って行ったら、本当に厳しい突っ込みを入れる人が居なくなってしまいますね…
最近は、拙句もスルーされているので、それはひとつのメッセージとして受け取っていますよ😉
精緻な措辞の分析、重宝しておりました。(私など、ずけずけ物を言うか、これ好きです、の類いの感想を言うしか能がありませんです…)
ネットの書き込みは、ほんと難しい処…まだ、私にも特にポリシーはありません。
私など、"こいつ もういい、要らない…!"と思われているふしがあっても、まだこのサイトに貼り付いている次第です…🤗
ある意味、厚顔無恥でも良いのでは…🤔

点数: 6

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

「梅雨明けのいずれ消えたるにはたづみ」の批評

回答者 おかえさき

句の評価:
★★★★★

こんにちは、いつもありがとうございます。
この道場のこれだけ、いえ全員の方が同じ思いなので、もう私が言える事もないかと思いましたが…
滅多に褒めて下さらないイサクさんに褒められ、総監督に褒められたみたい!とお返ししたのを覚えてらっしゃるでしょうか?
私はイサクさんをそのように認識しております、些事な事は監督や他の方に任せて、いざという時にさっと現れ、取り急ぎ…と言われ去って行く、スーパーマンみたいな存在です。
また、初心者には俳句のいろはを丁寧に教え、普段も感情を挟まず、理論整然としたコメントに、国語の先生ですか?なんて質問したこともありました。
常に全体を俯瞰して見て下さる総監督はやはり必要な存在です!
暫くは癒しのお時間でも取られ、リセットされましたら…皆で心よりお待ちしております。

点数: 6

添削のお礼として、おかえさきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ひさびさの庭の手入れや秋時雨

作者名 佐渡 回答数 : 4

投稿日時:

秋の果て絵の教本を手放して

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

浮かびこぬ一語を胸に夜長かな

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅雨明けのいずれ消えたるにはたづみ』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ