俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

元旦やピピッとけふも六度二分

作者 ちゃあき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆さま明けましておめでとうございます。
腰の痛みも、お陰さまで治まって来ましたので友人と初詣に行って参りました。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

今朝も体温正常でした。「ピピピと腋の検温器」とかも考えましたが某所でボツになったフレーズなので、掲句のように・・・ 「も」はやっぱりよくないかなあ。分りません。ご意見お願い致します。

最新の添削

「元旦やピピッとけふも六度二分」の批評

回答者 負乗

ちゃあきさん、明けましておめでとうございます😀
年末は援護射撃(?)ありがとうございました。今年もよろしくお願いします😉
私の『負乗』の名ですが、『易経』で見つけた語です。何の卦か忘れましたが、身分の低い小人が、車に、(今で言えば高級車に)図々しく乗って(荷を背負いながらですね) 辱しめを受く、という爻辞です。(本来、"凶"なんです。)
俳句を始めて、俳号を考えたときに、自嘲の思いで付けたのですが、今はむさくるしく思っています。(小人は、小人ですが…😅)

御句、「ピピッ」のオノマトぺと、「けふの」の旧カナ、面白いと言えば、面白いですが…(笑)
「元旦やすつきりけふも六度二分」
とかやるより、"ピピッ"として、良いのかも知れませんね…

また、宜しくお願いします😉

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「元旦やピピッとけふも六度二分」の批評

回答者 めでかや

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、こんばんは(腰の具合はいかがですか?)。
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
今の御時世を詠んだ句ですよね。ここからは私ならという感想ですので気にせずに読んで頂けたらと思います。私は今のところ、口語、文語のいずれで進んで行こうとはまだ決まっていません。きっとこの句を詠むのであれば現状らしく口語で攻めると思います。
そのためには”や”は使えませんので季語には”年新た”を持ってこようかな。”ピピッ”とカタカナを使うなら”けふも”にも違和感を感じたので”今日も”。ついでに六度二分も現実離れした表記だと思いましたので提案句です。
・年新たピピッと今朝も36.2℃
お叱りのお言葉覚悟です。でもこれが私の感性のままの提案なんですよ(-_-;)。よろしくお願い致します。

点数: 3

添削のお礼として、めでかやさんの俳句の感想を書いてください >>

「元旦やピピッとけふも六度二分」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

俳号コメントありがとうございます
俳号は色々考えました。
俳句を初めた頃はそんなに俳号を真剣に
考えてなかったのですが、
本気で俳句が好きになってきて
一生気に入った俳号で詠もうとしたのが
きっかけです。
8月生まれで郁は本名なので一字入れました。
御句検温が当たり前の世の中になりましたから
けふもありだと思います。
省くの意見もありましたので
添削でなく
遊んでみましたのでお許し下さいませ

元旦もピピと検温「もうええわ」(関西弁)

またよろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「元旦やピピッとけふも六度二分」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
今年もよろしくお願いします。

いろいろと工夫のある句に見えます。
この「も」は匂わせだけではなく「いつも」「大晦日も」「年末も」などの意味が取れて、検温の習慣があることを補足できていますので、大丈夫かと思います。
このままいただきます。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「元旦やピピッとけふも六度二分」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、凡空です。今年も宜しくお願いします。
さて、御句。
「六度二分」は平温ですね。身体に異常ない、と思っても、体温を測る。やっぱり、六度二分。(例外はあるでしょうが)
「元旦と今日」体温をはかる。やっぱり、「六度二分」。
「元旦なのに」体温、健康であるか気になって、体温を測ってしまう動機の切なさ。
その反対にあるところの、老病が見えます。
そして、結果として、いつも同じ「六度二分」。
安堵感としての「も」と私は捉えました。
私としては「も」でよいかと考えます。
さらに、「ピピッ」も刹那の緊張感を漂わせ、そのあとの安堵感を強調するオノマトペと機能しており、よいかと思います。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「元旦やピピッとけふも六度二分」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。

「元日の今日も変わらず元気です。」との句を拝読して、嬉しく思いました。
良かったです。
そうなんですよね。ホント! 大騒ぎする程、何も変わらないのですよね。(笑)
  ⚪︎元旦やぴぴっと検温六度二分
元旦で元日の朝を。今日がはぶけるかなぁ〜と。

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

「元旦やピピッとけふも六度二分」の批評

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん、再訪です。
すみません。御句「ちょろぎ」の句への添削のお礼を書かないうちに送信してしまいました。ありがとうございました。
そうなのです。まったく知らん顔を表現したかったのですけど、、、思い付かなくて。
振り向かず、そっけなさが出ました。
ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

「元旦やピピッとけふも六度二分」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

ちゃあきさん!おはようございます。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
コメントありがとうございます。
語順を変えた方がいいですね。
元旦のけやきのつづく社かな
かなでもいいかもしれませんね。
参考になりました。
御句
腰痛改善したようでよかったですね。あれはつらいですから。
登盛満さんに一票です。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「元旦やピピッとけふも六度二分」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

あけましておめでとうございます。
ご健康何よりです。

さて、率直な感想です。
上五の詠嘆は、背景を知らない人にはほとんど響かないのではと思います。

失礼します。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「元旦やピピッとけふも六度二分」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
今年もよろしくお願いします。

うだうだと3が日を過ごしましたが、ここから通常運転です~。
暮れの挨拶にもなおじいさんがいなかったので、本当に体調を心配していますけどね。

この1年もたのしくやっていきましょうね!私もちゃあきさんと同じく自分の成長を感じられるように、自分の詠みたい句が詠めるようになる、を目標にしていきます。実は詠みたいことを詠めるって難しいですもんね。上手く表現できなくてもどかしいことってよくありますしね!
そのうえで、誰かに届く句になったらなお最高だなー。楽しんでいきましょう😊😊あ、あと、二人に刺激をもらったので、今年こそは季語手帖やってみようかなあと。雑詠と題詠に加えて季語手帖なので上手に優先順位決められるようにやります!秀作以上を目標に。一句出し一発特選はすごすぎるんですよーちゃあきさん!では今年もよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

さくらんぼ綺麗にならぶ値札かな

作者名 いなだはまち 回答数 : 5

投稿日時:

障子貼る私失敗しないので

作者名 丼上秋葵 回答数 : 0

投稿日時:

石仏に十円硬貨や浅き春

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『元旦やピピッとけふも六度二分』 作者: ちゃあき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ