俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

八岐大蛇てふジャンクションさみだるゝ

作者 げばげば  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ちょっと五月雨にはまだ早いけど、今日雨降ってるし。五月雨のころに東京にいったときの句。箱崎のジャンクション、かっこよかった。

みなさんご意見よろしくお願いします。

最新の添削

「八岐大蛇てふジャンクションさみだるゝ」の批評

回答者 負乗

げばげばさん、こんばんは😃
「てふ」は、私もよく使いたい方ですが、読みは''ちょう''ですよね… 私は、この読みが超嫌いで、いつも躊躇してしまいます。
やはり、イサク氏のいう「めく」の方が良いのでは…
でも、この句は好きですね。下五「さみだるゝ」もかっこいいと思いました。

また宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「八岐大蛇てふジャンクションさみだるゝ」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございました
ジャンクションを大蛇か
素晴らしい!
げばげば様をもっても恋愛句は
難しいと言わしめるのなら
私なんかまだまだです。
初心者の陥る説明から
なかなか抜け出せますせん
う~ん😢
またご指導よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

「八岐大蛇てふジャンクションさみだるゝ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

箱崎ジャンクション!
「てふ」と伝聞調のように表現してしまうより、実際に見たのならば「めく」とかでいかがでしょうか。

・八岐大蛇めくジャンクションさみだるゝ

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「八岐大蛇てふジャンクションさみだるゝ」の批評

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

げばげばさん、こんにちは。

映画「クロエ」、まさにそれです。
あの映画のイメージから、「睡蓮」→「病気」「(箱入娘というのとは違うが)囲い込み状態」「刃」といった連想が自分の中で出来ていたのでした。

御句について。

・これはもしかして、もう自選没句ですか。(私はこの手の古風な言い回しの季語は苦手で、どうもイメージが付いてこず、お題「風薫る」初日には感情語俳句を試したりしてお茶を濁す始末。「五月雨」、まだ一句も投句候補がありません。)
・「ジャンクション」は、その音の強さから、下五に置いたほうが良いのではないかと思いました。
・「ジャンクション」を下五に持ってくると考えたときに難があるのが「八岐大蛇てふ」(イサクさん提案どおり、ここは“めく”だろうと思います)の字余りで、そのまま持ってきて中九は避けたいところ。ただ、比喩であれば、似たような別物でも良さそう…。

 さみだれてヒュドラめきたるジャンクション

今後ともよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

「八岐大蛇てふジャンクションさみだるゝ」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

いいですね~~。

先に神話の世界観みせてからの現実世界という語順のほうが好みだったりはします。

五月雨や八岐大蛇めくジャンクション

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「八岐大蛇てふジャンクションさみだるゝ」の批評

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

こんばんは。そしてお久しぶりです。
句を読みまして、五月雨時に見たジャンクションを、八岐大蛇にみたてた字余りの比喩の句だと分かりました。
厳格な人なら字余りだとして厳しく見るかもしれませんが、私は好きです。
イサクさんのコメントにもありますが、見たのでしたら、上九の所を[めく]が良いと思います。
あとわからない点で、句の最後にある[ゝ]ですが、これはなんと読むのですか?踊り字なのは知っていますが。
あと句を投句しましたので、コメントお願い致します。
あと、コメントに記してほしいのですが、げばげばさんは季語を名詞とみなしてますか?
動詞の活用形で連体形と終止形の事を考える時、2つが同じ形の時に季語を名詞と見なして良いのかと考える時が最近ありますので、意見をお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

「八岐大蛇てふジャンクションさみだるゝ」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

こんばんは。「薫風や~」へのコメントありがとうございました。現実は自分の着ている作業服でございます。(笑)

御句:八岐大蛇は日本神話のなかでは悪役ですが、本来は日本を守る神獣だったのではないかと思います。過去に王朝が変わることによって悪役にされてしまったのではないでしょうか。また木花開耶姫が宇宙から連れて来たという説もあるそうです・・・ってほんまかいな!(笑) 
ジャンクションを八岐大蛇に見立てているところが斬新です!また五月雨とジャンクションの取り合わせもいいと思います。あ、実景か。五月雨のころだったから余計にヤマタノオロチめいて見えたのかも知れませんね。てふ はイサクさんの意見に賛成です。またよろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

「八岐大蛇てふジャンクションさみだるゝ」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

げばげばさんこんにちは!
八岐大蛇とか伝説の生き物を俳句に使うってカッコいいですね!たーとるQも以前悪魔「サキュバス」を取り入れた句を詠みましたが、完成度は歴然です……
五月雨の少し荒々しい感じもあり!

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

「八岐大蛇てふジャンクションさみだるゝ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

再訪です。ご本人に解説させるのもアレなので。

首都高「箱崎ジャンクション」を「八岐大蛇」に例えるのはげばげば様のオリジナルではなく、以前から言われていることです。元句「てふ」でつないで「八岐大蛇と言われる」というニュアンスを出しているのは、そういう理由もあるのだと思います。

それはげばげば様の発想力を否定するものではなく、「八岐大蛇ジャンクションと言われる箱崎ジャンクション」を俳句に使っているという点にそもそもオリジナリティがありますし、「俳句として過去に類想のない共有意識を俳句にする」という俳句表現の基本だと思います。

あとは「季語と取り合わせる」といういつもの俳人的発想の点。これについては、みなさま各々のご感想でいいかと。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ゴスペルの救う魂聖五月

作者名 友也 回答数 : 2

投稿日時:

節分の豆ころころと寿司どころ

作者名 あらちゃん 回答数 : 4

投稿日時:

新しきフォーメーションや喪の炬燵

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『八岐大蛇てふジャンクションさみだるゝ』 作者: げばげば
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ