俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

紫陽花の和して同ぜず二種の色

作者 コウ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お互い自己をしっかり持ちながら和していることを表現してみたかったのですが
いかがでしょうか。
よろしお願い致します。

最新の添削

「紫陽花の和して同ぜず二種の色」の批評

回答者 なおじい

コウさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。兼題の紫陽花の句ですね。

紫陽花は色々な色がありますが、一つの株は一つの色ですので、コウさんは、たくさんの株が、集まって咲いている光景をお詠みですね。この時季はそういう場所がたくさんあって、きれいですよね。

さて御句、上五中七までのことを下五で繰り返しているというか、解説しているというか、もったいない関係になっています。
紫陽花が「和して同ぜず」とはどういうことだろう?と、読み手が想像しようとしているところを、「二種の色」と色のことだとすぐ答えてしまっている。

私であれば、

・紫陽花や和して同ぜず雨の中

あまりいい句ではないのですが、和して雨の中に一緒にいても決して同じではない、というような意味です。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「紫陽花の和して同ぜず二種の色」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

上五中七「紫陽花の和して同ぜず」まで読んだところで意味がよくわからず、下五の「二種の色」でやっと「紫陽花の二色が同じところに咲いていても混ざらない」と言いたいのかな?ぐらいの推理はできますが、「同ぜず」の意味がやっぱりわかりませんね。

コメントに「お互い自己をしっかり持ちながら和していることを表現してみたかった」とありますが、「表現」のはずが「遠回しな説明」になってしまったように見えます。
「お互い自己をしっかり持ちながら和している」これは作句者が比喩的に思ったことなので、それを俳句という手段で直接伝えるのは難しいです。まずは紫陽花という植物の表現から・・・

・紫陽花の色は混ぢらず和するもの

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

江ノ電や樟わかば湧く下り坂

作者名 げばげば 回答数 : 8

投稿日時:

白菜の飛び出しているルイヴィトン

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

半額のケーキを買いに冬の夜

作者名 堀籠美雪 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『紫陽花の和して同ぜず二種の色』 作者: コウ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ