俳句添削道場(投句と批評)
千日草さんのランク: 師匠365段 合計点: 1,214

千日草さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

秋深むサムテイラーの響く壁

回答数 : 1

投稿日時:

咲きたるは一枝のみの百日紅

回答数 : 3

投稿日時:

峡の里今か今かと待つ月見

回答数 : 1

投稿日時:

毬を剥き艶やか栗の実の重さ

回答数 : 1

投稿日時:

独り居の夜の友達虫の声

回答数 : 1

投稿日時:

千日草さんの添削

「リハビリの膝くすぐるやねこじやらし」の批評

添削した俳句: リハビリの膝くすぐるやねこじやらし

こんばんは!
百日紅の句にコメントありがとうございます。一枝のみの百日紅で咲かなかった寂しさを表現した積りでしたが駄目でしたね。
◆一枝の侘しく咲くや百日紅
これも句力のない証の駄句ですね。
膝を痛めましたか?お大事になさってください。ねこじゃらしではリハビリにはなりませんですね。ねこじゃらしそれでも当ててみれば、気分的には良くなりそうな感じが出ていると思います。コメントとも言えない感想でごめんなさい。

点数: 0

「消えかかるためらひ傷や水蜜桃」の批評

添削した俳句: 消えかかるためらひ傷や水蜜桃

お世話になります。
いつもコメントありがとうございます。
ためらい傷は作らない様に気をつけてください。水蜜桃で消える事をお祈りいたします。添削句は出来ません。こんなコメントで申し訳ございません。

点数: 0

「にぎり飯ひろげてかをる山の秋」の批評

添削した俳句: にぎり飯ひろげてかをる山の秋

こんばんは!
お世話になります。月見の拙句にご丁寧なコメントありがとうございます。進歩なしですが落ち込んでばかりでは益々駄目ですのでチャレンジ続けます。
揚句もう新米ですか?山でぱくりと頬張れば秋を独り占め出来て満足感この上もない至福の時を味わった事でしょう。
感想しか言えません。
お許しの程を

点数: 1

「川むこう影の泳ぐや秋祭」の批評

添削した俳句: 川むこう影の泳ぐや秋祭

こんばんは!
読み取る力がありません。秋祭は夜の景と捉えてよろしいでしょうか。
川面に揺らぐ対岸の灯りと考えてみました。奥が深いですね。やはり、鳥越暁様の御句に出会えるとコメントもできなくとも一言ご挨拶せずにはおれません。
お許しの程を

点数: 1

「仲秋の名月眺む侘びながら」の批評

添削した俳句: 仲秋の名月眺む侘びながら

こんばんは!
お世話になります。
ややこしい栗の拙句にご丁寧なるコメントと添削句ありがとうございす。
貴殿の添削句まで読み手に任せる技術は持ち合わせていません。
◆弾け落つ栗の実重したなごころ
ここまで削るのがやっとで正直言ってこの程度の能力しかありません。推敲してみましたが…
揚句「侘び」の心境でのお月見でしょうか?「侘びながら」の解釈そう言うで捉えましたがよろしいでしょうか?月齢14.7とありましたが暦ではどれも十五夜と出ていました。
侘びながらの意を読み取る力がなくて申し訳ございません。

又、宜しくお願い致します。

点数: 1

千日草さんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ