俳句添削道場(投句と批評)

つちや郷里さんの添削最新の投稿順の87ページ目

「お中元今どき文字の送り状」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: お中元今どき文字の送り状

しお胡椒さんこんにちは。

すでに指摘が入っておりますが、この書き方だと「今どき、文字だけかよ」と文句を言っているように見えます。
ご自身でコメントに書いているように、素直に「丸い文字」と書くべきだと思います。
「今どき」というのは、やや説明的ですし。

・お中元丸き文字なる送り状
・送り状は丸き文字なりお中元
・姪よりの丸文字付きのお中元

点数: 0

「日盛りや残機が数ぢやないマリオ」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 日盛りや残機が数ぢやないマリオ

長谷機械児さんこんにちは。
ご意見ありがとうございました。

長谷さんがやっている記念日俳句おもしろいです。

御句ですが、マリオで無限1UPしていると残機がバグるのは知っていましたが、この句じゃ少し伝わりづらい気がします。

・日盛りやマリオの無限1UP(ワンナップ)

いつも勉強になります。
次回も楽しみにしております。

点数: 1

「まだ瞼の裏に残る家の鍋」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: まだ瞼の裏に残る家の鍋

岩住涼太さんはじめまして。

御句ですが、歌詞のような内容ですね。
なんかの曲でこのような感じの歌詞があったような気がします。
全体的に見ると、六六五でリズムがやや悪いです。
「まだ」という言葉に説明感があります。
そもそも「鍋」を季語としている歳時記は少ないと思います。少なくとも私の歳時記には載っていませんでした。
代わりに「スッポン鍋」「アンコウ鍋」「石狩鍋」など鍋料理の名前なら載っていました。
季語とするにしても、この句の内容だと思い出している鍋であり、実際に目の前にあるものではないので、季語としての力は弱まります。

鍋を食べていると、あの頃を思い出すという風にした方がいいと思います。
「郷愁」をお題にして詠んだとのことですので、この言葉を使ってみましょう。

・一人部屋わが郷愁の鍋料理

次回も楽しみにしてます。
これからも俳句作りがんばってください。

点数: 1

「白黒の日傘揃ひて合掌す」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 白黒の日傘揃ひて合掌す

なおじいさんこんにちは。

御句を見て、すぐに先日の事件のことが思い浮かびました。
本当にショックを受けましたし、残念でなりませんね。
個人の私怨でこれからの日本を引っ張り、変えていくであろう優秀な人材が失われたことに心から憤りを感じます。
今回の事件を通して、私たち若者は選挙の投票をはじめとした政治に積極的に参加し日本を良くしていく責任があることを痛感いたしました。

いつも勉強になっております。
次回も楽しみにしています。

点数: 2

「夏の空紙ヒコーキにあこがれる」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 夏の空紙ヒコーキにあこがれる

がくせいさんはじめまして。
初投句ですか?
土谷海郷(つちやみさと)と申します。よろしくお願いします。

御句ですが、特段悪いわけではないと思います。
夏の空を紙飛行機が飛んでいる映像が浮かびますし、作者の心情も出ています。

気になった点は「あこがれる」という言葉が説明的であり個人の主観であるということと、季語を変更してもそれなりに句として成り立つという点です。(このことを「季語が動く」と言います)
飛行機がカタカナなのも少し気になりましたが、意図があってやったことだと思うので、これは大丈夫だと思います。

「あこがれる」の部分は、例えば追わずに見つめているという描写を入れて、あこがれてるんじゃないかと読み手に示唆させた方がいいと思います。
「紙ヒコーキを見つめる子」みたいな感じで。

季語の選び方ですが、例えば「八月」という季語だと「戦争」「原爆」「お盆」という生死にかかわる意味が込められていて、この句に当てはめると一気に重くなります。
「一月」ですと、新年の晴れやかさや華やかさが出ます。
「春の空」でしたら夏空とは違った麗らかさが表現できます。
「万緑」ですと、紙ヒコーキの背景に木々の緑が追加できます。

私は添削の手腕が高いわけではないので、私ができるのはここまでです。
これからも俳句作り、投句がんばってください。
次回も楽しみにしております。

点数: 1

つちや郷里さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

ご立派な蜘蛛の巣軽く引きちぎる

回答数 : 8

投稿日時:

交差する飛行機雲や夏の夕

回答数 : 8

投稿日時:

梔子や遺書なく死せし祖父の部屋

回答数 : 7

投稿日時:

夏浅し手帖は駄句で埋まりけり

回答数 : 5

投稿日時:

猫の背にハートの柄や初夏の風

回答数 : 8

投稿日時:

つちや郷里さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

雀来て餌をつつくも初景色

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

炎天や熱中症とのいくさなり

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 1

投稿日時:

四温待ち薄氷の下魚舞い

作者名 星勲 回答数 : 2

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ