俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏蝶や鍵盤に跳ぬ白き指

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

鍵盤の上を蝶が舞うごとく。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夏蝶や鍵盤に跳ぬ白き指」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

久田しげき様 こんにちは
蝶の舞の指使いは美麗で、とても滑らかそうです。
きょうは立秋で三伏でも末伏のこれからが最も暑くなると聞いていますので、どうぞご自愛くださいませ。
昨日、地下鉄に乗車する直前でマスクの紐が付け根からはずれたものの、予備を持ち歩いており事なきを得ました。後ろにいた人は、不携帯により改札で阻止されました。
バスにも乗車しましたが、車内の様子は全て収録しているので皆さん安心している利用しています。
バスと言えば料金箱に両外機能はなく、カードか小銭がないとお釣りは出ません。
街中にある銀行のATM、CDも、全て百元札の出し入れになっていて、初めて使用した時に五十元札が繰り返しはねられたので気づきました。
日本は各種現金自動預払機の機能が豊富なので維持費が嵩むと思った次第ですが、その分は利用者がきっと様々な名目で負担しているのでしょうか。
身近な話題で失礼いたしました。
本日もありがとうございます。

点数: 0

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

コーヒーの挽く香の厨夏兆す

作者名 竜子 回答数 : 1

投稿日時:

白菜を食ひて始まる一人鍋

作者名 いくたドロップ 回答数 : 1

投稿日時:

短パンが箪笥のにおい衣替え

作者名 天狗之面 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏蝶や鍵盤に跳ぬ白き指』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ