俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬の夜にぽっとり落ちる火球かな

作者 コウ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもお世話になります。

昨日、18:30くらいだったと思います
初めて火球を観ました。
かなり大きく見えたので始めは何か事故かと思いました。
線香花火が落ちるようでした。
どなたか観られた方いらっしゃったでしょうか?
よろしくお願い致します。

最新の添削

「冬の夜にぽっとり落ちる火球かな」の批評

回答者 なおじい

コウさん、こんにちは。お久しぶりです。
拙句にコメント有難うございました。とてもいい読み方をしてくださって、合わせて感謝します。

コウさんは思うような句が出来ずにご投句が減っているとのこと、成長の過程でそういうことがあるようですよ。それを乗り越えると、また別の世界が広がるかもしれません。

さて御句拝読しました。珍しいものをご覧になりましたね。

・火の球のぽとり落つるや冬の夜

原句を少し言い変えただけで、理由を説明するのは難しいのですが、例えば「火球」は「火の球」とした方がわかりやすいのと、少し風雅が出るのではと思いました。
またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

冬の夜やぽっとり落ちてきた火球

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

 コウ様、はじめまして。よろしくお願い致します。
 過去の投句も拝見させていただいたのですが、経験者の方だと見受けました。
 冬の寒い夜と火球の取り合わせは見事だと存じます。夏ではなく冬だからこそ、どこか寂しげで切ない雰囲気が伝わってきます。
 惜しいのが一点だけ、「冬の夜」の後は”や”で切った方が、季語を主役に立てるという点で良いのではないかと存じます(”や”を使うのに伴い、末尾の”かな”も省きます)。原句でも意味は十分伝わるのですが、冬の夜”や”とすることで、火球が消えた後にまた冬の夜の光景に戻り、「あれは何だったんだろう?」という感慨につながるように私は思います。
 ただ、さすがの良句だと存じます。私の方も勉強させていただきました。

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「冬の夜にぽっとり落ちる火球かな」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

コウ様 おはようございます。
お世話になります。
火球ご覧になったんですか、なにかの吉兆かもしれませんね。
御句
冬の夜にだと説明的な感じを受けました。の方が良いと思いました。それで近い感じします。別な季語冬田道とかはどうでしょうか?
提案句です。
火の球の消える闇夜や冬山路
神送りぽつとり落ちる火球かな
上手くありませんがよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

コンタクトレンズ歪みて春の雷

作者名 げばげば 回答数 : 7

投稿日時:

ゆりかもめ鬼と一緒に撤収か

作者名 宮武桜子 回答数 : 4

投稿日時:

再会の宿の出迎懸崖菊

作者名 04422 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬の夜にぽっとり落ちる火球かな』 作者: コウ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ