俳句添削道場(投句と批評)

つちや郷里さんの添削投稿の古い順の4ページ目

「崩れ落ちさうなアパートにも夕焼」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 崩れ落ちさうなアパートにも夕焼

たーとるQさんこんにちは。
添削ありがとうございます。

血をダラダラ流しながらプレーしている選手は結構いますよ。
しかし、やはり血を浴びるという表現は大袈裟すぎましたか。
個人的に「夕焼け」のことを怖いと感じていて「血」と合うかなと思っていましたが、そもそも「梅雨夕焼け」だと夕焼けの成分が薄くなりますかね。
言葉や表現のバランスをもっと勉強します。

御句ですが、良い情景ですね。奥行きも出ていますし、夕焼けの迫力もあります。
「にも」というのは「他のものも夕焼けに照らされているが、このアパートにも」ということでしょうが、少し気になりました。
(何が気になったか言えないところがまだまだ素人ですね汗)

『朽ちかけのアパートに夕焼け赫く』

文字数と個人的な言葉の印象から「崩れる」から「朽ちる」にしました。
夕焼けは赤いものですが、あえて赤を強調し、上記の通り私は夕焼けに恐怖感を抱いておりますので「赤」よりももっとグロテスクな「赫」という文字を持ってきました。

いつも勉強になっております。
またお願いいたします。

点数: 1

「夕焼に押され自転車止めてをり」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 夕焼に押され自転車止めてをり

イサクさんこんにちは。
添削ありがとうございます。
やはり「桜のエンブレム」だけでは伝わりにくかったですね。ラグビーがもっと盛んになれば変わるでしょうが。
比喩ではなく、本当に血を流していた選手がいて印象に残ったのであのような表現になりました。
ですが、そもそも日本語の使い方が間違ってましたか。
ろくに勉強してこなかった報いですね汗。

御句ですが「押され」という表現に「前から押されて止まったのか」「後ろから押されたような気がして立ち止まったのか」が少しわかりにくかったですが、「前から」とか「後ろから」とか書いたら説明になりますし、工夫したポイントでしょうし、詩的な表現なのでむやみに変えるのもどうかと思うし、難しいですね。
それでも、夕焼けに圧倒されている光景ははっきり浮かんできます。

いつも勉強になります。
また、よろしくお願いします。

点数: 1

「育むは花鳥風月万緑か」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 育むは花鳥風月万緑か

はじめまして、つちやと申します。
よろしくお願いします。

御句
「育む」も「花鳥風月」も意味の捉え方がいくつかあり、わかりにくいです。
育む・・・大事に守って発展させる
花鳥風月・・・自然の美しい風物
という解釈でよろしいなら、「美しい万緑を大事に守りましょう」といった内容でよろしいでしょうか。(一応辞書で調べました。)

花鳥風月が四字熟語なのはわかりますが、「花鳥」と「月」は季語なので、ぱっと見たときにどれがメインの季語か迷いました。
「〇〇か」とする技法も確かにありますが、この句では単に濁しているように見えます。
「万緑」はいわば「自然の美しい風物」ですし、文字数も取るので「花鳥風月」は必要ないと思います。

万緑を守ろうと思ったきっかけを書いてみるというのはどうでしょう。

『万緑に伐採の音鳴り響く』
『万緑に伐採の音響きけり』
『伐採のショベル車の列万緑へ』

添削ではなく改作になってしまいましたが、こういう書き方だとこの句を読んだ人が「万緑を守ろう」と思ってくれるのではないかと思います。

もし、解釈の仕方が違っていたら申し訳ありません。
次回からはコメントにどんな思いで詠んだのか、どんな光景を詠んだのかを書いてくれると添削がしやすいので、よろしくお願いします。

これからも俳句作り、投句がんばってください。
次回も楽しみにしております。

点数: 1

「夕焼けやカーラジオから同じ声」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: 夕焼けやカーラジオから同じ声

なおじいさんこんにちは。
コメントありがとうございます。

投稿した直後に「サインポール」が「サインボール」に見えることに気付きまして、「やべぇ~、勘違いされそうだな」と思っていた矢先、なおじいさんからご指摘を受けました。
調べなおしたところ「有平棒」ともいうそうで、そっちの方がよかったですね。
もうちょっと考えてから投稿します(;^_^A

御句
「同じ声」というところに違和感を抱きました。
皆さんご指摘の通り、人名などを入れるのはアリですね。

・夕焼けやカーラジオからオフコース
・夕焼けやカーラジオからチューリップ
・夕焼けやカーラジオからビートルズ

点数: 1

「ぐびぐびとゆけば即ち冷奴」の批評

回答者 つちや郷里

添削した俳句: ぐびぐびとゆけば即ち冷奴

ちゃあきさんこんにちは。

勢いとリアリティがあって良い句ですね。
「飲む」という言葉も使わず「飲んでいるもの」も説明せずに「ぐびぐびと」と表現したのが見事です。
「即ち」の使い方もいいですね。
好みは人それぞれですが、「やっぱり冷奴に限る!」と言っているかのようです。

点数: 1

つちや郷里さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

ご立派な蜘蛛の巣軽く引きちぎる

回答数 : 8

投稿日時:

交差する飛行機雲や夏の夕

回答数 : 8

投稿日時:

梔子や遺書なく死せし祖父の部屋

回答数 : 7

投稿日時:

夏浅し手帖は駄句で埋まりけり

回答数 : 5

投稿日時:

猫の背にハートの柄や初夏の風

回答数 : 8

投稿日時:

つちや郷里さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

水飢えて篝火草の消えかかり

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

猫の恋お前の運命は俺が決める

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

凍つる夜カイロ代わりの投光器

作者名 世良日守 回答数 : 4

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ