俳句添削道場(投句と批評)

中村あつこさんの添削投稿の古い順の5ページ目

「いもたきのニュースありけり夕支度」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: いもたきのニュースありけり夕支度

 おはようございます。
 拙句「甘藷堀」にお目をとめて頂きありがとうございます。
 無謀な一歩を踏み出して一ヶ月、全てが発見の毎日です。
 ご指導くださったことを忘れないようにするのも覚束ないですが、宜しくお願いいたします。

点数: 0

「水切りの腕前競う芋煮会」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 水切りの腕前競う芋煮会

 こんにちは。
先週からこちらでお世話になっております。
拙句「甘藷掘り」の子の手元のご指摘ありがとうございます。
 皆様のおっしゃられる通りですが、自分では全く気がつきませんてした。全集中ですねえ。

点数: 0

「校庭のタイヤ跨ぎて暮るる秋」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 校庭のタイヤ跨ぎて暮るる秋

こんにちは。
拙句「小菊」に添削頂きありがとうごさいます。
菊は咲くものといわれて、納得しました。
日々咲くのを待っていて、それっ一番にお義母さんへの気持が強すぎました。

点数: 1

「何事もなき日松茸焼きて食ふ」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 何事もなき日松茸焼きて食ふ

 こんにちは。
拙句「小菊」に、ご丁寧でわかり易いご指導をありがとうございます。
 動詞は二つ使わないように、の言葉も失念してしまってました。
 ご添削の御句では小菊が引き立ちますね。

点数: 1

「醤油派の肩身狭きや芋煮会」の批評

回答者 中村あつこ

添削した俳句: 醤油派の肩身狭きや芋煮会

 こんにちは。
拙句「小菊」に的確なご指導を頂きありがとうございます。
 確かに、過程とか思いを伝えたい感があります。ただ見たままを詠んで、どう感じてもらえるかなんですよね。
 宜しくお願いしますいたします。

点数: 0

中村あつこさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

紫陽花の空き家守りて三年かな

回答数 : 10

投稿日時:

双子座に眼をこらす人着膨れて

回答数 : 3

投稿日時:

秋時雨再放送の時代劇

回答数 : 4

投稿日時:

リハビリへ一歩の朝や金木犀

回答数 : 4

投稿日時:

蜩やお隣さんは施設へと

回答数 : 6

投稿日時:

中村あつこさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

置炬燵Weareteamフォーエイト

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

みだれ髪読む夜明かしの白桜忌

作者名 あらちゃん 回答数 : 10

投稿日時:

鉈彫りの仏をデッサン春の昼

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ