俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

双子座に眼をこらす人着膨れて

作者 中村あつこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

 双子座流星群を見ようと、夜更けにがんばりました。二つだけでしたが、長い軌跡に感動!

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「双子座に眼をこらす人着膨れて」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

夜空に見える星座「ふたご座」は冬の星座なので、今年の「ふたご座流星群」を知らないと、「ふたご座に目をこらす」に別の季語的な季節感が出てしまいますね。
「ふたご座流星群」としてしまえば固有名詞になり、季語ではなくなります。

・着膨れてふたご座流星群を見る

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「双子座に眼をこらす人着膨れて」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。あつこん様、いつもお世話になってます。
御句拝読しました。
二つでも見ることができてよかったですね。私は見ませんでしたが、妻は一つ見えた(気がする)と言っていました。
御句について、私は、語順がきになりましたので、その辺の提案句を置かせていただこうと思いました。そして他の方のコメントを拝読したら、イサクさんから画期的なコメントが。なるほど、そうか。私はうかつにも、原句は双子座が季語だと思っていました。着ぶくれですね。

まず、イサクさんのご指摘に気付く前のご提案は、

・着ぶくれて双子座に眼をこらす人

イサクさんのコメント拝読した後は、

・着ぶくれて待つは双子座流星群

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初風やマリオカートを追うペダル

作者名 原みつ 回答数 : 3

投稿日時:

翠葉の色づきの季薄紅葉

作者名 秋恵 回答数 : 1

投稿日時:

秋風の強く波頭は白き渦

作者名 大浦美津子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『双子座に眼をこらす人着膨れて』 作者: 中村あつこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ