俳句添削道場(投句と批評)

野間たえさんの添削投稿の古い順の2ページ目

「春雨や軒にケースの積み上がり」の批評

回答者 野間たえ

添削した俳句: 春雨や軒にケースの積み上がり

イサク様 季語を取り入れて、一段と良い句になった気が致します。宜しいですね。そして添削ありがとうございます。菜の花と桜を同時に見た嬉しさのあまり、季重なりになっている事を忘れていました。申し訳ございません。それと、その風景の中、自転車で走り去る少女を見た時、またその空気の暖かさ、爽やかさに感動したりしておりました。

点数: 1

「志村忌の猫の欠伸の長さかな」の批評

回答者 野間たえ

添削した俳句: 志村忌の猫の欠伸の長さかな

秋沙美 様
添削ありがとうございます。季重なり、気を付けます、すみません。秋沙美様の句、志村けんさん、国民的な方が先に逝ってしまわれて、寂しい限りです。本当に季語になりそうですね。

点数: 0

「獺祭や記念硬貨の並び方」の批評

回答者 野間たえ

添削した俳句: 獺祭や記念硬貨の並び方

カイ様 添削ありがとうございます。登山家に踏まれて強くなるすみれ草を感じました。しかし私は打たれ弱いので、お手柔らかにお願い致します。獺祭と記念硬貨の対極的なのは面白いなと思いました。また、12音に挑戦して何か新しいものに触れたような、そんな感じを受けました。私は年で体もあまり強い方ではありませんので、何卒お手柔らかにお願い致します、二度も同じ事を言ってしまってすみません。これからも宜しくお願い致します。

点数: 0

「空を押し上げてアメリカ山法師」の批評

回答者 野間たえ

添削した俳句: 空を押し上げてアメリカ山法師

イサク様 添削ありがとうございます、なにせ田舎者の学がない私ですので、娘に見てもらい、見てもらい、頑張ってはいるのですが、申し訳ございません。イサク様の句は遊び心も有り、素敵な句が多いですね。

点数: 1

「蜂がきて窓から覗きをる一家」の批評

回答者 野間たえ

添削した俳句: 蜂がきて窓から覗きをる一家

イサク様 蜂、嫌ですねっ、怖いです。添削もありがとうございます。確かに、イサク様に直されて、感づく事が多くて困りますが、ありがとうございます。

点数: 1

野間たえさんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

母の日のガーベラ赤くまだ咲いて

回答数 : 2

投稿日時:

突然に母が消えてた夏の朝

回答数 : 2

投稿日時:

初夏の風水杭止める柳かな

回答数 : 1

投稿日時:

花が揺れ見上げればほら春の星

回答数 : 5

投稿日時:

八重桜白のベンチの真上かな

回答数 : 3

投稿日時:

野間たえさんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

畑を見て花を見て鳥を見る散歩

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 0

投稿日時:

龍淵に潜む一本足鳥居

作者名 つちや郷里 回答数 : 3

投稿日時:

売場占めあでやかなるやひな人形

作者名 素一 回答数 : 2

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ