俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花が揺れ見上げればほら春の星

作者 野間たえ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春の花が揺れ、見上げると春の星が湿り気を帯びて輝くのを想像して読みました。宜しくお願いします。

最新の添削

「花が揺れ見上げればほら春の星」の批評

回答者 かぬまっこ

私の「プチ考察」にコメントありがとうございます。「プチ考察」は俳句ではありません。
添削道場に「つぶやき」を載せました。なので、添削道場は以来していません。m(__)m

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「花が揺れ見上げればほら春の星」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

今日は(*^^*)
はじめまして、かぬまっこと申します。
この句は
昼間の揺れる花の映像から、下五で突然夜になりるように感じました。
また、俳句の世界で「花」と言うと「桜」のことを指します。なので季重なりともとれますね。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

野の花を包みて春の星濡るる

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

かぬまっこ様のご指摘部分は割愛します。
久田様のご指摘とも重なりますが「花」「春の星」が主張しあっているように見えますね。この句では「春の星」が主役ですかね・・・
(句として作るならば、「花」を主役にする方が、まだ楽なのですが・・・「星」は単独ならば無季なので)

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「花が揺れ見上げればほら春の星」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

野間たえさん、こんにちは。

俳句において「花」とだけ表記した場合、桜の事を指すそうです。
仮に御句の花が桜の事を指している訳じゃなくとも、「花」「星」とで詠みの対象がかなりぼやけています。

俳句は17音しかありません。
花を詠みたいのか?星を詠みたいのか?自分の中でしっかり整理しなければ、17音の器はたちまち溢れてしまいます。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

運動会きみ追いかける亜の視線

作者名 めでかや 回答数 : 1

投稿日時:

梅の香や風吹く街の西明かり

作者名 もんな 回答数 : 3

投稿日時:

深山の小さき滝や絹のごと

作者名 卯筒 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花が揺れ見上げればほら春の星』 作者: 野間たえ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ