俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初夏の風水杭止める柳かな

作者 野間たえ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

自然をいかした河川工法のできる柳。コンクリート等には無い、ぬくもりを感じます。

最新の添削

水杭を止められ育つ若柳

回答者 イサク

こんばんは。

・この「柳」は普通の「柳の木」ですよね?材木ではありませんよね?
 とすれば「初夏の風」「柳」の季重なりです。
・伝統的河川工法の知識がないと、この句の理解は難しいですね。調べても画像・映像が出てきません。
・ちょっと理屈っぽさが先に立っているかも。

具体的映像の情報が私の中で乏しいので、提案句で季重なりだけ解消してみます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

水澄めり大岩越えて滑り落つ

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

サンレミの庭に想いを馳せる冬

作者名 Gin 回答数 : 2

投稿日時:

帰省子の好物棚に溢れをり

作者名 やす 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初夏の風水杭止める柳かな』 作者: 野間たえ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ