俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

八重桜白のベンチの真上かな

作者 野間たえ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

家の近くの、公園に白いベンチが有り、そのベンチに座り、上を眺めると、八重桜が綺麗に咲いている。たまに、花びらが舞ってきます。宜しくお願い致します。

最新の添削

八重桜白きベンチへ舞い落ちる

回答者 イサク

こんばんは。

秋沙美様も書いておりますが「真上かな」は不要と思います。野間様は実際にそう思って感動したのだと思いますが、この句では単なる説明に見えてしまうようです。
桜+ベンチの対比と、さらに他の表現を加えて、位置関係を示しましょう。

今回は元句にあまり手を加えない前提で、提案句を残しておきます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

糸桜ハチ公像の真上かな

回答者 鬼胡桃

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
句を読みまして感じた事を報告します。
句から八重桜の光景は分かりましたが、公園のベンチだという事が分かりませんでした。
添削でなくて改作になってしまいますが、提案があります。
場所を公園ではなく、ハチ公像のある渋谷にしまして、像の真上に枝垂れ桜を意味する季語、糸桜があると言う風な句を手直しした句に入力しました。いかがでしょうか?
あと、最近句を数句投句しましたので、コメントお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、鬼胡桃さんの俳句の感想を書いてください >>

君を待つ白のベンチへ桜降る

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

野間たえさん、こんにちは。

「真上かな」が気になります。咲き誇る桜とベンチの取り合わせならば、桜が「真上」で咲いていますと改めて言う必要は無いのでは。同様の理由で「かな」という詠嘆も効きが薄いかと。この五音は丸々削りたいですね。
「白」というのは大事にしたい部分かなと思いました。ので白のベンチは残しつつ、提案句残していきます。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

二の午やスーツは晴れ着か仕事着か

作者名 イサク 回答数 : 32

投稿日時:

散水車に近づくマイカー暑気払い

作者名 孫春艶 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

春雨や立てた脚立に竹箒

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『八重桜白のベンチの真上かな』 作者: 野間たえ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ