俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春雨や軒にケースの積み上がり

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

手抜きではないです・・・

最新の添削

「春雨や軒にケースの積み上がり」の批評

回答者 登盛満

こんにちは。
利休梅の句への添削いただきありがとうございました。選定されている利休梅もとても美しいと思っているので、そのような気持ちはなかったのですが、確かにそうですね。溢れんばかりに咲いている事を賛辞するだけで良いのですね。
御句拝読させていただきました。ちょっと1本失敬させていただいて(ダメですけど)ごしょうばんに預かりたくなってしまいました。笑

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春雨や軒にケースの積み上がり」の批評

回答者 負乗

句の評価:
★★★★★

イサクさん、おはようございます。
拙句への添削ありがとうございました😊
「春が〜」ですが、来し、と過去形にしましたが、確かに、来た、と感じられた訳です。かすかなことを表したくて、ああいう措辞になったのですが…
さて、御句ですが、前句の「杜氏帰る〜」もなかなかレアな季語が使われて、捨てがたいですが、この句も、春雨の幽けさが感じられていいと思います。
ただ、この句の措辞だけでは、状況がほとんど分からなくなりませんか?「軒にケース」だけでは…「杜氏帰る」のイメージが残っているので何とか伝わりますが…

点数: 2

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

酒樽の積まれし軒を春雨す

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。
御句読ませて頂きました。

前掲の句は杜氏帰るという季語から「積まれているケースは酒とかかなー」と想像することが出来ました。が、この句を単体で見た時、何のケースか分からず、映像が浮かんできません。これはちょっと頂けないですね。
添削句ではあえて酒樽を持ってきましたが、ここは別の物と合わせてもいいと思います。

点数: 2

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「春雨や軒にケースの積み上がり」の批評

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

拙句 コメントありがとうございました。汝は、読者でなく実景です。男は一人で見ている人が多いです。。。。。
御句 申し訳ないですが、私には情報がないとなんのケースか分かりませんでした。前の句を読んでいないという前提では。

点数: 2

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

「春雨や軒にケースの積み上がり」の批評

回答者 野間たえ

句の評価:
★★★★★

イサク様 季語を取り入れて、一段と良い句になった気が致します。宜しいですね。そして添削ありがとうございます。菜の花と桜を同時に見た嬉しさのあまり、季重なりになっている事を忘れていました。申し訳ございません。それと、その風景の中、自転車で走り去る少女を見た時、またその空気の暖かさ、爽やかさに感動したりしておりました。

点数: 1

添削のお礼として、野間たえさんの俳句の感想を書いてください >>

「春雨や軒にケースの積み上がり」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

私の「卒業」の句にコメントありがとうございます。
確かに「卒業や」と切らずに「卒業の」とした方が意味は通りますね。また、「挨拶」も漠然とした表現でした。
勉強になりました。

しかしながら、選者の個性、若しくは選句の癖みたいなものはありますね。
石田郷子先生とは波長が合うのか東京歌壇で選ばれることがあります。
最近では

女正月といふといへども割烹着

で、特選をいただきました。
この句は虚子の

白牡丹といふといへども割烹着

の句をちょっとパロディった詠みでしたのに特選をいただきびっくりしました。(*^^*)✌️

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

春雨や軒にケースの積み上がり

回答者 黒徹

句の評価:
★★★★★

秋分の朝日の奇跡アブ・シンベル
この句について感想を直接記載出来なかったため、こちらから失礼します。
朝日が差すのは秋分ではない?と言う事を指摘をして頂きましたが!それはあなたの勉強不足です。
古代から春分と秋分の日の前後1ヶ月間は春分と秋分と定められています。

点数: 1

添削のお礼として、黒徹さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ひとり寝のをんなの陰や竃馬鳴く

作者名 一本勝負の悠 回答数 : 0

投稿日時:

手枕に風のゆるくて夏近し

作者名 コウ 回答数 : 4

投稿日時:

掃かれたる落葉のなかに三輪車

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春雨や軒にケースの積み上がり』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ