俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

山越えて隠れ宿なる猪の鍋

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

旧友に逢うのも楽しみ

最新の添削

莫逆の友と猪食う隠れ宿

回答者 大泉洋二郎

大泉洋二郎です。
よろしくお願いいたします。

添削いただきましてありがとうございます。軽くなりました。

添削道場とのことですので真似事で恐縮ですが提案句を失礼いたします。
猪に釣り合う友人の表現はないかと探してみました。

お恥ずかしい限りで失礼いたしました。
またご指導お願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、大泉洋二郎さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

売場占めあでやかなるやひな人形

作者名 素一 回答数 : 2

投稿日時:

納涼を我詠み詩は凡句なり

作者名 菊池清庵 回答数 : 1

投稿日時:

あめんぼの影うつりけり池の底

作者名 ちゃあき 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『山越えて隠れ宿なる猪の鍋』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ